崖崩れの応急処置


奈良県宇陀市、崖崩れ現場です。

先日の台風で家の裏の崖が崩壊しました。
関西支部に調査依頼があり、都市環境サミット、徳昌寺講座を終えた足で、矢野さんにも同行していただいて、崖崩れの調査と、後日の応急処置に行って来ました。

地形落差約20m、幅15m程の規模で斜面が崩壊していました。
上の斜面変換線にはコンクリートの道が風化で壊れ掛けていました。
柿の木の枯れた根を伝い、水が流れて斜面を崩壊させたようです。

土砂は家屋の軒下の柱を倒し、壁で止まりました。
家屋の柱は無事でした。
あと少し、土砂の量が多ければ家屋も危ないところでした。

上の隣家の敷地や西側の大谷の調査もし、大谷の危険性も確認。40年前に大きな土砂災害に見舞われたとの事で、予想では50〜60年前から盛んに行われてきたコンクリート化、アスファルト化の国策が原因で大谷が崩れ、更にコンクリートと暗渠で対策はしたものの、U字溝の配置の問題や劣化、予想以上の水量とそれに耐えきれないチャチなコンクリート擁壁で、大谷も危険性が高いと判断しました。
放置しておけば、大型の台風や活発な前線などがもたらす大雨で大きな土砂災害になる可能性があります。

崩れた土砂に点穴、溝、炭、枝で応急処置。
水と空気の流れが家屋を回避して、下の地形に誘導する処置をします。

滝のように落ちて来る水を枝と点穴でエネルギーを弱め、左右に分散します。
水脈の基本は「分散」です。
「集約」と「分散」これもまた「二極」です。
崖崩れでは集約しすぎると崩壊するようです。
水を集めすぎると水圧や土圧が大きくなり、崩れやすくなるようです。
いかに分散させるかが今回の土砂崩れのキイになると思います。

12月の始めに2日講座で、矢野さんを招いて、空気の視点での「土砂災害対策講座」です。
これは初めてです。
土砂災害現場はかなり難しいし、土砂災害に初めてメスを入れる講座になります。
「どうする土砂災害!」
「こうする土砂災害!」


土木業者見積もりの300万の擁壁。
「絶対安心とは言えません」と言われたようです。
300万の擁壁なんて、地形落差20mの崖からしたらオモチャみたいなものだと思います。
更に地形を崩すことになります。

砂か土で山を作って、その上から水をジョウロでかけたら「水筋」ができます。
その「水筋」を何かで止めたら、その上やその下の地形は崩れます。
砂遊びしたことあったり、土をいじって子供時代を過ごした人にはわかります。
奈良県宇陀市、以前豊かに栄えたこの集落は数十世帯で構成され、それぞれの家が自然に地形に馴染み、寺を尾根に配置した日本人のつくった美しい集落です。


九州から参加された女性。
住むところと故郷が崩壊したとの事でした。
なんとかしたい、とこの宇陀市に。
大地の再生には初参加でしたが、「多くの学びがありました」とのことで、九州でも、再生や蘇生が始まれば地震にも災害にも負けない環境がつくれると思います。

「草と土で水を止める」


「環境」と「意識」は連動してます。(の)

Uda City, Nara Prefecture, the cliff crash site.
The cliff behind the house collapsed in the typhoon of the other day.
I was asked to investigate in the Kansai branch, and I finished the urban environmental summit, Tokujoji lecture, I accompanied Mr. Yano, and I went to the survey of cliff collapse and first aid measures at a later date.
The slope was collapsed on a scale of about 20 m in topography and 15 m in width.
On the upper slope conversion line the concrete road had been broken by weathering.
It seems that the water passed through the dead root of persimmon trees, causing the slope to collapse.
The earth and sand stopped at the wall, pushing the pillar under the eaves of the house.
The pillar of the house was safe.
After a while, the house was also a dangerous place as the amount of earth and sand was large.
Survey of the neighboring house on the upper side and Otani in the west side If you also confirmed the danger of Otani.
The fact that it was hit by a big sediment disaster 40 years ago, Otani crumbled due to the national policy of concreteization and asphalt conversion which was carried out actively from 50 to 60 years ago, furthermore measures are taken in concrete and underdrain However, I judged that Otani is also highly dangerous with a churchy concrete retaining wall that can not withstand the problem and deterioration of the U-shaped groove arrangement, water volume more than expected.
If left unattended, there is a possibility that large sediment disasters can be caused by heavy rains brought by large typhoons and active front lines.
First aid treatment with collapsed sand and dots, grooves, charcoal, branches.
Water and air flow avoid the houses and take action to guide them to the lower terrain.
The water falling like a waterfall is weakened by branches and dots, and it spreads to the left and right.
The basics of the vein is "dispersion".
"Aggregate" and "Dispersion" This is also "two poles".
In the cliff collapse it will collapse if it concentrates too much.
I think that how to disperse will be the key to landslides this time.
At the beginning of December, we are invited Mr. Yano on a two-day course, "Sediment Disaster Countermeasure Course" from the viewpoint of air.
This is the first time.
The landslide disaster site is quite difficult and it will be a lecture to put a scalpel for the first time in a sediment disaster.
"What to do, landslide disaster!"
"Sediment disaster like this!"
Inclusive!
Civil engineering contractor's estimated 3 million retaining walls.
I was told that "I can not say absolutely secure".
It is like a toy if I make it from a cliff with a topographical drop of 20 m to 3 million retaining walls.
It will further destroy the topography. Think about it.
You can make "mountain water" with sand or soil, and put water on it with joule, you can "water muscle".
If you stop that "water line" with something, the topography above and below it will collapse.
People who spent childhood by playing with sand and playing with sand can understand.
Even if an adult makes a mistake, I can not apologize obediently.
Especially for administrative and business people.
I also understand that I am thinking that it is good.
If that is wrong, it will be a situation not to be done by elementary school students' excuses like "I thought it was good".
Uda City, Nara Prefecture, this village that prospered abundantly abundantly is composed of dozens of households, each house has become familiar with the topography naturally and is a beautiful settlement created by the Japanese who placed the temple on the ridge.
A woman who participated from Kyushu.
It was that the place of residence and hometown collapsed.
I want to do something, in this city of Uda.
Although I participated for the first time in the revitalization of the earth, I think that "There was much learning," and even in Kyushu, if regeneration and resuscitation starts, I think that it will be possible to create an environment that will not lose both earthquakes and disasters.
"Stop water with grass and earth"
Two persimmon trees.
There are several holes.
Stopped or not stopped?
It is the result of "feeling" of each human being involved.
"Environment" and "consciousness" are linked.

風の草刈り@姫路





Wind mowing "When grass is cut down where the wind scrapes, I think that the grass was scraped by the power of nature, change my root to a thin root,"
evolve "to adapt to the environment.
When we are doing "wind weed cutting"
several times a year, the grass feels that this place is the place where the strong wind blows regularly, and we will respond to that environment. That's why the grass does not run.
This place in Himeji city is a landfill for sea.
It is the place where the land was filled with concrete on all sides.
Naturally it is clogged and the pine planted like a windbreak forest is considerably sore.
The ivy of Kuzen rushed, showing a clogged expression.
I entered the mowing of the wind once in the summer of last year, but for various reasons I entered the wind cutting again for the first time in a year.
Changes from last year, as usual, there are many scarlets of kudzu, but there were things that Awadashita became conspicuous, that mugwort became more and there were clover communities.
Yoshi (Asi) naturally grows like Yoshihara in a place with poor ventilation on the north side.
Yoshihara originally is easy to deposit mud, it is a good place to live for aquatic organisms, there is also a purification action.
Natural Yoshihara was a natural filtration device that lived in a large number of degraded bacteria and had the function of biological filtration.
Yoshi was also widely used in daily life, such as reeds, and had a close relationship with human society.
Unfortunately, this place was constructed with a U-shaped side groove on the asphalt road, and the pooling water was corrupt. I'd like to divide the side groove.
Yoshi grows vigorously even in such places, extending the rhizomes. It is rampant because it is clogged, but thanks to the inhabitants of this reed, "corruption" is suppressed and the "cleansing action" which promotes "fermentation" continues, but "corruption"
It plays a role for not proceeding beyond.
"Mowering the wind" is a technique to evolve the grass, making it easier for human beings and grass to coexist.
It can be said that it is the first step of "coexistence", not fighting the environment.
In the environment where the grass "evolved", as a result of the evolution of the human consciousness that manages that, I think that "the environment of coexistence" is completed.
"Evolution of consciousness" directly influences "the evolution of the environment" and creates "environment of coexistence".
"Environment" and "consciousness".
This current environment of the earth is also the environment created by "human consciousness".
If you want to change "environment",
change your consciousness (evolve).
If we can "evolve" our "consciousness",
"environment" can be changed.
It may be a trigger to greatly change "society" and human relations.
"Economy" may be changed, too.
It can be said that "environment", "society" and "economy" change as much as possible depending on human consciousness.
It is hard to change someone's consciousness, but "to evolve my consciousness" may be unexpectedly difficult.
If humans living in this star can make everyone "evolve" consciousness, the environment may actually be changed very easily.


「風の草刈り」風が削ぐところで草を刈ると、草は自然の力で削がれたと思い、自らの根を細根に変え、環境に対応できるよう「進化」します。
年に何度か「風の草刈り」をやってると、この場所は強風が定期的に吹く場所なのだと、草が感じ、その環境に対応していくのです。だから草が暴れなくなるのです。

姫路市のこの場所は、海の際の埋め立て地です。
四方をコンクリートで固めて、埋め立てた場所です。
当然詰まってますし、防風林的に植えられた松はかなり痛んでます。
クズの蔦がはびこり、詰まりの表情を見せていました。
去年の夏に一度、風の草刈りに入りましたが、諸事情で1年ぶりにまた風の草刈りに入りました。
去年との変化は、相変わらずクズの蔦が多いですが、アワダチソウが目立つようになってきた事と、ヨモギも多くなってきていること、クローバーの群落もありました。
北側の風通しの悪い場所はヨシ(アシ)が自生しヨシ原のようになっています。
ヨシ原は本来、泥が堆積しやすく、水性生物の格好の住処となり、浄化作用もあります。
天然のヨシ原は分解者のバクテリアが多く生息し、生物濾過の機能を有した、天然の濾過装置だった訳です。
ヨシはまた、葦簀など、生活にも広く利用され、人社会とも深い関わりを持っていました。

この場所は、残念ながらアスファルト道路にU字側溝が施工され、溜り水が腐敗していました。側溝を割りたいくらいです。
そういう場所でもヨシは勢いよく成長して、地下茎を伸ばしています。詰まっているので暴れていますが、このヨシが生息してくれているおかげで、「腐敗」も抑えられ「醗酵」を促進する浄化作用とのせめぎ合いは続いていますが、「腐敗」がそれ以上進まないための役割りを担ってくれています。

「風の草刈り」は草を進化させて、人間と草との共存をしやすくする術です。
環境と戦うのではなく、「共存」する第一歩だとも言えます。
草が「進化」した環境は、そこを管理する人間の意識の進化がもたらされた結果、「共存の環境」が出来上がるのだと思います。
「意識の進化」は「環境の進化」に直接影響して、「共存の環境」を創り出します。
「環境」と「意識」。この今の地球の環境も人間の「意識」が創り出した環境です。
「環境」を変えたければ、自分の「意識」を変える(進化させる)ことです。
自分の「意識」を「進化」させる事ができれば、「環境」は変えられます。
「社会」や人間関係も大きく変えられるきっかけになるかもしれません。「経済」も変えられるかもしれません。
「環境」と「社会」と「経済」は、人間の「意識」次第でいくらでも変化するという事だと言えます。


誰かの意識を変えるのは大変ですが、 「自分の意識を進化させる」事は案外難しい事ではないかもしれません。

この星に住む人間が、皆んなが「意識」を「進化」させることができれば、環境は実はすごく簡単に変えられるのかもしれません。(の)

久々に松


加古郡N様邸です。

秋祭りの神輿が通るので、神様に失礼のないように、松を整えます。
「松を揉む」と松が若返り、神様を迎える準備ができます。

植物と人間は古来からそうやってお祭りごとをしてきました。

植物と動物、陰と陽、光と闇、ミクロとマクロ、太陽と月、水と空気、東西と南北など、全て対の世界です。



「松竹梅」は人間と植物との共生の象徴です。

めでたいですし、エネルギーや食べ物、建築資材にもなります。

それにしても10月なのにめっちゃ暑かった。(の)

蘇生と自立の庭


明石市O様邸です。

実はお友達です。
小学生の息子ともお友達です(笑)
僕のことを「のぶ」と呼び捨てにします(笑)
なかなか、生意気なやつです。

お母さんは、「重ね煮」のプロ。
その他にも、いろいろな自然に寄り添った生き方をされている方です。
お家も天然無垢なんですよ。


今回の依頼は「木を植えてほしい」とのことでした。

つい最近、ご主人が亡くなり、息子と二人、新たな出発。
さらなる飛躍と、ゆるぎない決意で前進するための、家族を守る庭にするための、木の植栽でした。


元々あった木は、アオダモ、モミジ、ヤマボウシ、あと以前植えさせてもらったミツバツツジ、草花いろいろ。

今回植えたのは、シャリンバイ、アセビ、シラカシ、ユズ、キンカン、キンモクセイ、トキワマンサク、ギンバイカ。
固い地面、2トンユンボでも手こずる固さ、
地形造成をして、庭の中に最大1.5m〜2mほどの地形落差をつけて、庭の中に「プチ山岳地帯」を作りました。
ミクロとマクロの世界です。

山地形をぐるりと谷地形で囲み、谷地形の中に点穴を掘り、縦方向に「空気」と「水」の循環ができるように造成しました。
明石川流域なんですよね、豊かな水量です。
水脈も確実です。
固い地面をほぐして、ここは!と思う所に点穴を掘り、それを線で繋げていく。
師匠に教わったように、点を線で結び、線を立体にして行きます。
山岳地帯ができました。

ミニチュアの山岳地帯は雨に削られて川が出き、凸凹にしておいた所に雨が溜まり池や湖ができるでしょう。
仕上げは自然にお任せします。
人と自然が共同作業で作る庭です。

「地球の彫刻」と師匠は教えてくれましたが、風や空気になったつもりで、「空気地形」を作って行きます。
ぶっ飛んだ話しなんですが、マジなんです。


「木のネットワークづくり」これは最近知りましたが、木と木は「会話」してるらしいです。
科学者の方が大学で、科学的発表をされてました。

科学者によると、炭素や栄養、情報などを「交換」してるらしいです。
びっくりですよね。
さらに、親子の関係では、「試練に負けない方法」を「情報」として「交換」してるらしいです!
ネットワークは巨木や大木などの「コア」となる木からクモの巣のようにネットワークを張り巡らし、森全体が一つの生命体のように、繋がって行くようです。


彼らはこの場所の新たな住まい手となって、人間の家族とも上手くやって行ってくれるでしょう。

この場所に住む人間は、いい人たちです。
君たちはラッキーだったね!
農薬もまかれないし、草もむしられない。
それどころか、デコボコも不便な溝もオッケーだって!

ほんと、そうなんですよ。
こんな溝、不便ですよね。
でも、ここに住まう植物のために、人間が譲れるところは、できるだけ譲って、庭でも、自然との共生をして行く!
と、心に決めた人たちです。

友だちながら、あっぱれです。
「心を決めた」と言ってました。
僕も最近「心に決めた」と言いました。

心さえ決まれば、願いのほとんどは叶ったようなものです。
あとは「行動」「実践あるのみ」。
日常化、お願いしますよ。


It is Mr. O's House in Akashi-shi.
Actually he is a friend.
I am also a friend of my elementary school son (laugh)
I will forsake me as "nobu" (laugh) It is quite a cheeky guy.
Mom is a professional of "superimposed boiled".
Besides, I am a person who is living a way of living close to various nature.
The house is innocuous.
The request of this time was that "I want you to plant trees."
Just recently, my husband died, my son and two, a new departure.
It was planting trees to make it a garden to protect the family, to make further progress and a steadfast decisive step forward.
Originally there were Aodamo, Momiji, Yamaibashi, Mitsuba azalea that was planted before, various kinds of flowers.
This time I planted Sharin Bai, Asebi, Shirakashi, Yuzu, Kumquat, Kinmokusei, Tokiwamansaku, Ginkgo.
Rigid ground, hardness which is daunting even in 2 ton Yumbo, Making the topography, I made a topographic drop of about 1.5 m - 2 m in the garden, and made "Petit Mountains" in the garden.
It is the world of micro and macro.
We surrounded mountain topography by valley topography, digging a drill hole in valley topography, and made to circulate "air" and "water" in the vertical direction.
It is the Akashi River basin, is the rich water volume.
Water veins are also certain.
Unravel the hard ground, here! I dig the drill where I think, and connect it with a line.
As taught by the teacher, we connect the dots with a line and make the line three-dimensional.
A mountainous area has been created. The mountainous areas of the miniature will be scraped by rain and a river will come out, where rain will accumulate and ponds and lakes will be made.
I will leave the finish to nature.
It is a garden that people and nature make in collaboration.
"The sculpture of the earth" and the teacher taught, I will make "air terrain"
with the intention of becoming wind and air.
I talked about it, but it is serious.
"Creating a network of trees" I recently learned about this, but it seems that trees and trees are "talking".
Scientists were at the university, scientific announcements were made.
According to scientists, they seem to "exchange" carbon, nutrition, information, etc.
I am surprised.
Furthermore, in relation between parents and children, "seems to be" exchanging "a method which does not defeat the trial" as "information"!
The network seems to connect the network like a spider web from a tree which becomes "core" such as big trees and large trees, and the whole forest connects like one life form.
They will be new residents of this place and will do well with the human family.
Humans who live in this place are good people.
You guys were lucky!
Agricultural chemicals are not sacrificed, and grass can not be punished.
On the contrary, the inconvenient grooves are ok too!
Really, it is.
Such a groove, it is inconvenient.
But for the plants that live here, where we can concede, we will give way as much as possible, and in the garden, we will coexist with nature and go!
And those who decided in mind.
As a friend, I'm pleased.
He said "I decided my mind."
I recently said "I decided to my heart."
If you decide your mind, most of your wishes come true.
The rest is "action" "only with practice".
Everyday, please do.

杜づくり2016冬@京都園部


京都府園部町K様邸です。

今年も押し迫った頃、今年最後の杜づくりです。
お家の前庭という感じにしたいというご依頼です。
もともとは畑だった所を、お母さんが花を植えたりしてはいたものの、なんかいい感じにならなくて、という事でした。
よくある事と言えば、よくある事なんですよね。

本宅は立派な日本家屋と日本庭園です。
繋がりもすごく大切です。風景としても、地形的な役割にしても。

敷地の西側には里山に繋がっています。
良いですよね。こんな環境、なかなかありません。

先ずは既存の植物を整理して、水脈整備と地形造成です。透水管も入れます。

外周にぐるりと横溝を掘ります。炭と透水管を入れ、手づくりの竹串で止めて行きます。



点穴も掘ります。
この縦穴が主に縦方向の空気と水の流れを促して、地下の水道と空気の道をつくって行きます。すると敷地の呼吸が楽になり、動植物が生活し易い環境になります。

空池兼、点穴、製作中です。
竹を組んだ所に表面だけ石を組みました。中は空洞です。

横溝と点穴に竹を差し込んで行きます。水が置くように、空気が置くように。

水で濡らすと石の色がよくわかりますね。いろんな色の石があります。かわいいですね。

植栽部分を少し高めの築山にして、ぐるっと歩けるお散歩コースにします。

今回は山ごとに色分けをしました。
ここは赤のコーナー、ベニバスモモやカラントなど。
山の裾にも小さな水脈をつくります。

ここは黄色のコーナー、キンカン、キンマサキ、ヤマブキなど。
炭を撒いて荒腐葉土をマルチングします。

落ち葉はお家の方が集めてくれました。
お子さんも自分の車で。

ここが一番深い点穴です。重要な所です。溝は石垣が空積みで積まれていますので、天然の横溝として機能してもらいます。
この点穴は掘ってすぐ、水がジワリと湧いて来ました。空気が動き始めた証拠ですね。里山斜面の空気が、この水脈整備したお庭部分から抜けて、ずっと上の方まで、少しづつ環境改善してくれます。

アプローチには炭を撒いて、竹の枝を組むように敷いて、落ち葉をマルチングします。







空池完成。炭と竹の枝を入れました。

落ち葉もたっぷりと。

イチジクも植えましたよ。
ベリー類も植えましたし、ちょっとしたフォレストガーデンになりました。

屏にも馴染んでます。

別の畑から掘ってきたブルーベリーです。青のコーナー。アガパンサスとラベンダーも植わっています。

この黄色の築山と隣の点穴の高低差は約1メートルほどあります。
園部町の割と急峻な山に習って、お庭にも縮小版のような高低差をつけました。 この敷地で1メートルの落差は自然地形にするとかなり急峻な地形です。

ヒメイワダレソウをグラウンドカバーに植えました。春から夏にかけて小さなかわいい花をつけます。そしてなんと、芝生のように踏んで歩いても大丈夫なんです。







完成です。
庭木は割と小さめの苗木を植えました。3〜5年でその場所に馴染むように成長して、ちょうどいい感じになると思います。

馴染んでますね。







今回、お施主様が農家さんでしたので、空気や水の事も割とすんなり理解していただけたようで、完成した時は大変喜んでいただきました。
お昼に毎日お味噌汁を出していただいたり、寒かったので大変有り難かったです。
記念写真も一緒に撮らせていただきました。もしよかったら送ってくださいね。西側の里山の水脈整備の仕方などを説明してお引き渡しです。
ご縁があれば大地の再生講座で里山の杜づくりもできたら良いですね。
お世話になりました。ありがとうございました。これからよろしくお願いします。(の)

グリーンパーキング作り


三田市H様邸です。

施主様憧れのグリーンパーキング作りをご家族総出でお手伝いいただきました。
10月も半ばなのによく晴れて暑いくらいでしたが、皆さん元気にお手伝いいただきました。
実は水脈整備もアドバイスさせていただきながらほとんどご家族でされました。すごいです。

芝生をメインにアジュガやイワダレソウを混植します。
車の下など芝生が育ちにくい場所ではそれらが主役になって行きます。
生えてくる雑草も抜かずに共存させます。
オーガニックガーデンの背骨とも呼べる「多様性原っぱ」です。

U字溝の淵には透水管と剪定枝で水脈を確保しています。
芝生を張るのが楽しくて、子供さんも大張り切りです!

アジュガは春に綺麗な花を咲かせます。どんどん増えますし、この門柱下の部分、これからが楽しみです。

お昼休みもそこそこに(笑)
皆さんだいぶ要領を得て来て、作業もどんどんはかどります!
家族みんなでプチ「結作業」ですね。

駐車場は2台分、作業は終了しきらず、明日のご家族での作業に持ち越しです。作業要領をお伝えし、ご家族で完成させるどの事。よろしくお願いします!

1台分だけなんとかできました。
小石とかゴロゴロありますが、なんだかこのままの方が有機的な感じがしていいと思いますが、私だけでしょうか?(笑)

今日の作業を応援してくれるように、夕方にはめっちゃくちゃ大きくて綺麗な虹が出てくれました!
ミラクルです!(の)

植栽@明石市


明石市I様邸です。

ハナミズキとポートワインを植栽させていただきました。

粘土地だったので浅植えにしました。
粘土地は空気が入ると団粒化して、とても肥沃な土になります。

空気を入れるための横溝と点穴も施工。

刈り草をマルチに。

バッチリです!
(の)

通気水脈整備の見立て@京都府美山


京都府美山でシェアハウスをしてらっしゃる方からご依頼があり、通気水脈整備のアドバイスをさせていただきました。


本当に美しいところです。
美山の南側の山々には毛細血管のような水脈があり、それが由良川にそそいでいます。
昔から住んでいる方々の土地に対する誇りのようなものも感じるほど、この土地を大切にしてきたんだろうなと思わせる美しさです。

敷地の要所にこのような石が置かれていました。
境界、田んぼの水口、排水口など。
わかりやすい配置でどれも綺麗な石です。

下に水田が二枚、果樹園予定地を挟んで上に畑が二枚、棚田のようにありました。
自給するには充分な広さです。

下の水田は水脈が生きていてすぐにでも植え付けできそうな土の状態でした。
グライ層も無く、柔らかく、水の確保さえできればお米やマコモなどがすぐに植え付けられそうです。

上の畑は以前の住人さんがいろいろ使われていたせいもあり、ビニールマルチや瓦などがそのまま残っていて、かなりカチカチの状態でした。
小石も多かったです。

引っ越しされて間もないのでこれから手を入れられるとの事ですがビニールマルチをとりあえず先に剥がさないと呼吸ができませんね。
地面が呼吸できないと停滞した空気と水で有機ガスが発生してしまいます。
こんな美しいところでは自然農法での畑作りが絶対にいいと思いますよ。
できますし。

一通り敷地と農地を見て回り、水田周りの水道(水が斜面から滲み出ていました)の整備と畑周りの通気水脈整備、斜面地の果樹園と建屋前のお庭のアドバイスをさせていただきました。

時間までお施主様と一緒に通気水脈整備の作業をして、この日は終了しました。

再生講座になるかどうかは近隣との兼ね合いもありますが、とりあえずはゆっくりと自分でやってみます、との事でしたのでお任せしたいと思います。

来ていただいて良かったです、との言葉をいただいて、僕も来て良かったと思いました。

またいつでも行き詰まったらご連絡ください。
機会を見つけてまた様子を見にお伺いさせていただきます。

ありがとうございました。
(の)

家庭菜園づくり@神戸市西区


神戸市西区T様邸です。

結構広い家庭菜園づくりのご依頼を受けました。
お家の立地も周囲を里山と田んぼに囲まれて、のどかな場所です。



先ず始めに手を付けたのが、コンクリートブロックの解体作業。
お施主様に説明して、許可をもらい、解体しました。

建築確認のために建屋の敷地と家庭菜園部分を分けるような形で設置されていたコンクリートブロックですが、この擁壁がある事によって、建屋側からの表層水脈と気脈がせき止められ、潤滑な地下水脈の流れが滞る原因になっていました。

解体したブロックは持ち出さず、土留めの骨材として崩れの石垣のように利用します。
こうする事で土は止まりますし、隙間から水と空気も行き来できます。

土をかけて安息角の肩地形にします。

今回はお施主様の意向で庭木は植えませんでしたが、この肩地形のところにお茶の木やツツジなどの低潅木を植えてやるとブロックの間に根が差し込んでもっと安定した地形になります。
石(ブロック)と木と土でつくる自然土木のやり方ですね。
呼吸のできる土木工事です。
この呼吸ができるという事が大切で、家庭菜園をするにあたって、健康で美味しい野菜を収穫するには必須の環境改善だと思います。

続いて、家庭菜園の外周にも素掘りの側溝と、要所に点穴を開けて行きます。
お隣の敷地はかつて田んぼだったようで半分湿地帯のような環境になっていて、家庭菜園部分も水の湧いているところもありました。
全体的に水を多く含んだ土地だと言えます。



その水を停滞させるのではなく、うまく循環してくれるように透水管を入れて浸透する水とオーバーフローして外に出る水とに誘導します。
側溝と透水管により空気の流れが出来て、それとともに水も動きますので、家庭菜園全体が呼吸できるようになります。
わりと粘土質の土ですが、土壌改良などはしませんでした。
粘土は空気が通ると団粒化して肥沃ないい土壌になります。
肥料過多にしないためにも肥料はあえて入れませんでした。


炭を入れ、透水管を通し、枝や笹を入れます。
炭には泥灰汁を解消してくれる働きや調湿性、バクテリアの住処になるなど利点が多くあります。
透水管には一定量の空気の流れを確保できる働きがあります。
枝や笹は側溝の土留め安定材として、また泥漉し材として、有機物ですので、枯れるまでの間に草や木の根が差し込むまでの根の役割も果たします。
今回はトラック一台分の枝を持ち込んだのですが、全然足りずに、周辺の藪整備も兼ねて笹を刈らせてもらい、利用しました。笹も整備されて一石二鳥です。

ある程度埋め戻して半分暗渠にします。
全部埋め戻してしまわないのは有機ガスを抜くためです。
これがすごく大切で、完全に暗渠にしてしまうと空気の循環が悪くなり、効果も半減してしまいます。

景観的に埋め戻したくなりますが、この風景は草が周りに生えてきてくれると自然に馴染んだ景観になり、あまり違和感のない感じになって行きます。
草を抜かずに「風の草刈り」で共生してください、とお施主様にもお伝えしました。


手作業で畝を立てて行きます。
重機でやると地面が締まってしまうので、ここは手作業です。

一回目の耕運ではまだ粘土の塊が多かったですが、数時間空気にさらして2回目の耕運のときは空気が入り、パラパラと塊も解けて行きました。


畝もあまり真っ直ぐにせずにS字を書くように蛇行させています。
空気と水は常に渦を巻きながら移動していますので、それに習った畝立てにしました。
手作業ならではです。

うちの仕事はここまででしたが、あとはお施主様にお任せします。

数日置いてもう一度耕運していただいて、種や苗が植えれるくらいに粘土が解けたら、畝谷に笹を入れて緩衝材にすれば家庭菜園の完成です。

日当たりもいいですし、旦那様が家庭菜園に目覚めて、やっと念願叶ったマイ家庭菜園ですので、思う存分美味しい野菜を育てていただきたいと思います。

また様子を見にお伺いさせていただきます。
ありがとうございました。
(の)

通気水脈整備@池田市


池田市W様邸です。

都会の真ん中にある、お庭ですが、結構広い敷地でした。

お施主様も手伝っていただき、匠くんやヨメも加わり、初日は4人で結い作業となりました。

お施主様はガーデニングがお好きな方で、いろいろとご自分で手を入れていらっしゃいます。

ご依頼では、雑木林のようなお庭にしたい、とのお話しでしたが、いつも来てくださる植木屋さんに言ってもわかってもらえなかったようです。

樹形は今後、自然形に戻して行くとして、先ずは通気水脈整備です。
アスファルト道路とコンクリートブロックに囲まれた敷地に空気と水の流れる道を整備して行きます。

高木の周りや植栽帯の周りに20〜30センチの横溝を掘ります。

要所要所に縦に深みの穴を掘りながら、お庭全体に施工して行きます。

匠くん、楽しい!楽しい!!とずっと言ってました。
楽しいんですよね、水脈整備。

土はわりと柔らかくていい感じでしたが、大きなコンクリートのアプローチの近くはもうガチガチになっていてグライ層という水と空気の停滞層がすぐに出てきました。

枝や葉を泥越しと溝の保持の目的で入れて行きます。

枝は持って来た物と、その場で剪定した物も使います。
枝、結構な量がいるんです。
そして循環的な機能も成立します。
森と同じですね。

溝を掘った時に掘りあげた芝生などは盛り土にして小さな丘地形を作ります。
仮に昆虫になったつもりでお庭を見ると、山あり谷ありのかなり起伏に富んだ地形になってます。

この地形の起伏が表層の空気を動かし、土の中の空気通りも良くしてくれます。

雨が降ると、溝を伝って地面の地下水脈を形成しながら地下へと浸透して行きます。

この地下水脈へのダメージがここ50年程の現代コンクリート土木により、深刻化しています。

呼吸が出来ない場所では生き物は生きられないし、それは本当に荒地でしかないと思います。
お庭も同じですし、里山や奥山でも同じです。

お庭という、いちばん身近な自然の通気水脈整備は小さな点のようなものですが、この事をつなげていこうという活動は草の根的に盛り上がって来ています。

この空気視点の土木整備の事を「0次産業」と恩師矢野先生は言われていました。
農業や漁業を支える、もっといちばん原点の産業だという事です。

大事につないで行きます。


(の)

<< | 2/5PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingersエコアパートプロジェクト
オープンガーデン&スタッフブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 風の草刈り図解
    MM (03/18)
  • 風の剪定@神戸市東灘区
    HitomiKuzutani (11/27)
  • 【まち杜の環の活動】街路樹サミット 関西のお知らせと矢野智徳氏コメント書き起こし全文掲載
    栗熊加奈子 (12/13)
  • 【まち杜の環の活動】街路樹サミット 関西のお知らせと矢野智徳氏コメント書き起こし全文掲載
    丹澤 愛継 (12/07)
  • 芦屋市新築植栽と緑化駐車場と水脈整備
    まっこり (06/05)
  • お庭のお手入れで途方にくれている人に
    栗熊 (05/17)
  • お庭のお手入れで途方にくれている人に
    ゆんで (04/30)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    ゆんで (04/22)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    くりくま (04/21)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    ゆんで (04/13)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM