環境について 環境を読み解く 1 [Thesis]Understanding the Environment About the Environment 1.

環境について 環境を読み解く 1

「環境条件の考察」

1 「宇宙と地球のエネルギー環境」

まず1つ目の環境条件として、「宇宙と地球のエネルギー環境」という環境条件が挙げられます。

太陽エネルギー、引力、遠心力、自転公転エネルギー、磁場など。エネルギー環境は、太陽系や銀河系にも関連し、それらは循環しています。

それぞれの星の引力や磁場は、太陽系というコミュニティーのバランスを保ち、地球という個性を維持しています。

それらのエネルギー環境もバランスの上に維持されます。バランスを崩すと太陽系といえど、今の環境を維持できません。

バランスとは「偶然の産物」でありますが、生命誕生に意味を見出すとしたら、それは「必然の結果」と言えると思います。

意識を持った人間が、自分たちの「生」に何らかの意味を与えるとしたら、それは「良きもの」であってほしいと願います。

また、意識そのものがエネルギーを生み出します。集団的意識のエネルギーは、環境に大きく影響し、「相」として風景をつくります。



我々は、宇宙のエネルギーや地球のエネルギーに沿うように、意識の流れを自然に沿わせることが必要だと思います。
その上で、環境を良くするには、という取り組みがなされるべきだと考えます。

宇宙のエネルギーの循環に沿わない不自然な流れが、個人や地域、国、星という環境にも大きな悪影響を及ぼします。
「不自然な流れ」こそが「持続不可能」なことがらの原因だと考えます。

この「エネルギーの流れ」こそが、「自然の法則」だと言えるのではないかと考えます。

「自然の法則」というのは、時間軸としての正しい流れと、方向性としての正しい流れなどに基づく、大きな「エネルギー」の「循環のシステム」のことではないかと考えます。

自然は、一定方向に時間とともに流れます。変化する、と言ってもいいと思います。その自然の理を踏まえた上で、「元に戻せない自然の流れ」をどう導くのか。どう修正するのか。どうすれば崩れたバランスを取り戻せるのか。そのことを深く考察する必要があります。

このままの現代生活を続け、環境や資源を枯渇させた先に何があるのか。立ち止まって考える必要があると思います。行く末を知る必要が我々にはあると言えます。現実を、見てみるとそれが確認できます。

目に映った景色が、我々人間が「集団的意識」のエネルギーで創り上げた世界です。現実が我々の意識のバロメーターとして、景色に現れるのです。

美しい風景があるとしたら、それはその地に暮らす人々の意識の表れだと言えます。

美しい風景こそが、この星の本来の姿なのです。



"Article" Understanding the Environment About the Environment 1.

"Consideration of environmental conditions" 1

"Energy environment of the universe and the earth"

First of all, the first environmental condition is the environmental condition of "the energy environment of the universe and the earth".
Solar energy, attraction, centrifugal force, rotation and revolution energy, magnetic field and so on. The energy environment is also related to the solar system and the Milky Way, and they are circulating.
The attraction and the locality of each star maintain the balance of the solar system community, maintaining the personality of the earth.
These energy environments are also maintained in balance. If we break the balance, it will collapse and spread, even though it is the solar system.
Balance is an "accidental product", but if we find a meaning in the birth of life it can be said to be an "inevitable result".
If a person with consciousness gives some meaning to their "life", I hope they are "good things".
In addition, consciousness itself creates energy. The energy of collective consciousness greatly affects the environment and creates landscapes as "faith".

We need to make the flow of air naturally along the energy of the universe and the energy of the earth. On that basis, I think that efforts should be made to improve the environment.
An unnatural flow that does not follow the circulation of energy in the universe exerts a big negative influence on the environment of individuals, regions,
countries, and stars. I believe that "unnatural flow" is the cause of "unsustainable" things.
I think that this "energy flow" can be said to be "the law of the universe".
I think that the "law of the universe" is the "circulation system" of large "qi" and "energy" based on the correct flow as time axis and the correct flow as direction.
Nature flows with time in a certain direction. I think that it can be said that it changes. How can we guide "the flow of nature that can not be restored" in light of the natural reasoning. How to fix it.
How can I regain the collapsed balance? It is necessary to deeply consider that fact.
Continue modern life like this, leaving something to the point where we have exhausted our environment and resources. We need to stop and think.
Know the end to go. I try to open my eyes to reality.
The landscape reflected in our eyes is the world we created with the energy of "collective consciousness" by humans.
The reality appears in the landscape as a barometer of our consciousness.
If there is a beautiful landscape, it can be said that it is a sign of consciousness of the people living in the area.
The beautiful scenery is the original figure of this star.

環境について 地殻の対流 2 [Thesis]Environment About the convection of the crust 2

地殻の対流2

地殻の対流などによる地球環境の変化は、過去に5回もの「大量絶滅」を繰り返してきました。

火山の噴火、隕石の衝突、全球凍結など、毎回、地球生物の最大95%ほどが絶滅しては、生き残った種が進化を繰り返し、現在の「地球生態系」を維持しています。

生物の「種類」「数」などの要素が自然に「奇跡のバランス」を形成していくのです。

このように、「自然のサイクル」の中で起こる変化は、その全てが「調和」の元に「再生」され、また新たな「バランス」を生み出していきます。

自然の流れの中で起こる変化は、「進化」という生物にとっての大きなギフトでもあります。

「進化」というギフトは過酷な環境にも耐えうる身体能力や繁殖機能の発達を促します。

人間の場合は、胎児を十月十日、子宮で育て、低酸素状態でも子孫を育てる身体能力を手に入れました。

哺乳類への進化です。

酸素濃度の変化に対応し、卵生から胎生へと進化したのです。

さらにその進化は、加速度を増して、大きな脳を持ち、霊性と意識を持ち、科学技術を手に入れるに至っています。

「大陸の移動」という環境の変化が、地球と、そこに暮らす生命体が息づいていて、しかも「調和を保つ能力を有している」ということを証明しているのです(性善説)。

仮に、地球を一つの生命体だとして考えた場合、体内に地殻の対流という循環があり、熱を持ち、質量を持ち、磁場があり、水があり、大気があり、微生物と共生している、など、実の生命体と多数の共通項があります。

地球を生命体であると捉えて物事を考えていった方が、説明がついたり、腑に落ちたりします。

「調和を保つ」ということを「自然の治癒」というのだと思うのですが、「地球の治癒力」という観点で見ると、地球という生命体の、自身の体内に、様々な生物による複雑で奇跡的なバランスを保っている生態系があります。自身の熱と対流により、常に地球自身も変化してきました。

その都度、体内生物の環境の変化と進化があり、地球自身の変化に合わせた「生物生態系進化(バランスと調和のとれた生態系)」がはっきされ、調和を保つ、という自然治癒が行われてきたのだと思います。

現代は、「調和を保つ」という自然治癒が、「バランスの崩壊」により、様々な問題を引き起こしています。そのバランスが崩れてきた原因、あるいは時期、根本的な問題は何か。

そのことを深く掘り下げて考えていく必要があると考えます。
現代は確かな情報が隅々まで正しくいきわたる状態にはありません。 
その事も考慮する必要があると思います。
バランスが崩れた原因の一つに、「文化と伝統の軽視」が挙げられると思います。太古の文化の軽視、考古学などの研究の軽視など。





「変化」と「進化」「調和」「バランス」「治癒」がループする状態。これを「持続可能な生態系進化のループ」と名付けたいと思います。

その逆の状態。持続不可能な生態系進化のループ。そこの一線を越えることがあれば、このループに入り、元に戻すのは非常に困難になります。

様々な情報、事実を知り、考えてみると、その一線は、そんなに遠くない未来であることがわかります。




地殻の対流から環境の変化を考察してきましたが、常に変化する環境を、「どう変化させるか」を考え、可能性を探る必要があると思います。

「環境を変える」ということがなんなのか。深く考察する必要があると思います。






Crust convection 2

Changes in the global environment caused by the convection of the crust and the like have repeated "mass extinction" five times in the past.
Eruptions of volcanoes, collisions of meteorites, global freezing, etc. When the maximum of 95% of earth creatures is extinct every time, surviving species repeat evolution and maintain the current "Earth's Ecosystem".
Elements such as "species", "number" of living things naturally form "balance of miracles".
Thus, the changes that occur in the "cycle of nature" are all "regenerated" under "harmony" and will create a new "balance".
Changes that occur in the course of nature are also great gifts for organisms of "evolution".
The "evolution" gift encourages the development of physical abilities and breeding functions that can withstand harsh environments.
In the case of human beings, we raised the fetus on the 10th of October in the womb and acquired the physical ability to grow offspring even in hypoxic state.
It is an evolution to a mammal.
It evolved from the egg to the embryo, corresponding to the change in oxygen concentration.
In addition, its evolution has accelerated, has a large brain, has spirituality and consciousness, and has acquired science and technology.
Changes in the environment of "movement of the continent" prove that the earth and the living beings living there are alive, and that they have the ability to maintain harmony (sexual theory).
If we consider the earth as one life form, there is a circulation called the convection of the crust in the body, it has heat, has mass, has a magnetic field, has water, has the atmosphere, coexists with microorganisms , Etc., there are many common terms with real life forms.
Those who thought things by thinking that the earth is a living organism will explain or disappear.
I think that "keeping harmony" is "the healing of nature", but from the viewpoint of "the healing power of the earth", it is said that in the body of the earth, the life form of the earth, There is an ecosystem that maintains a miraculous balance in.
Due to our own heat and convection, the Earth itself has always changed.
In each case, there is change and evolution of the environment of the in-body creature, natural healing that "biological ecosystem evolution (balance and harmonized ecosystem)" according to the change of the earth itself is noticed and keeps harmony I think that I came.
In modern times, natural healing "keeping harmony" has caused various problems due to "collapse of balance".
What is the cause, the timing, the fundamental problem that the balance has collapsed?
I think that there is a need to deeply dig into that. But first, to know.
To know. Thinking. To act.
I do not know that I think it is "sin" in a sense. And think. And act. It is an indispensable thing to change the environment.
It is "sin" because it does not notify, and it is "sin" that tells a lie. In modern times, there is no state where reliable information can reach every corner correctly. I think that it is necessary to have "seeing eyes" so as not to be misled by incorrect information.
Once you have the information,
"Thinking" about it. It is a society of a system that you do not have to think about, but please carefully deduce "your opinion".
And then, to "act". If you can have your own opinion, you can act under belief, not being concerned with common sense or the eyes of others. If you come there, the network will be connected and a chain will be born.
Nature's chain, movement, energy, etc. can not be stopped just like natural violence.
If the network and energy become a movement, it becomes a culture, it becomes a tradition.
One of the reasons why the balance has collapsed is that "neglect of culture and tradition" can be cited. Neglect of ancient cultures, neglect of archeology and other research.
"Change" and "Evolution" "Harmony" "Balance" "Healing" looping state. I would like to call this a "loop of sustainable ecosystem evolution".
The opposite situation. A loop of unsustainable ecosystem evolution. If you go beyond the line there, you will enter this loop and it will be very difficult to undo.
Knowing various information, facts and thinking about it, I can see that the line is a future that is not so far.

I have considered the change of the environment from the convection of the crust, but I think that it is necessary to think about the possibilities by considering "how to change" the changing environment constantly.
What does "changing the environment" mean? We need to think deeply.

環境について 地殻の対流 1 [Thesis] Environment About the convection of the crust 1

地殻の対流 1

環境について、まず認識しておきたい事柄があります。

「それは地殻の対流」という事柄です。

周知の事とは思いますが、我々が住んでいるこの地球は、地球形成時の星同士の衝突のエネルギーと熱がまだ冷めておらず、内部はドロドロと熱い地殻が対流している、ということです。

そのことにより、その上に浮かんでいる世界の大陸は常に移動し、海流を変え、常に気候が変化している、ということです。

「環境」というのは、常に変化する。という事実を前提に、環境について考える必要があります。

大陸の移動による地形や環境の変化は、進化を促進し、海から大陸へ、両生類から哺乳類へ、猿から霊長類へと人間を進化させました。

「環境の変化」が「生物の進化」に大きく関わっている、という事実もおさえつつ、「環境」について考えてみましょう。

まず、生き物が環境に与えるインパクトとしては、大小様々なケースがありますが、大きなインパクトということで見れば、ある種の生物の大量発生による生態系のバランスの乱れ、などがあります。

都市部でよく見られる蛾や毛虫の大量発生などは、生態系のバランスが崩れた環境が原因で起こります。

自然や生態系のバランスを崩す原因として、農薬や化学肥料などが挙げられます。これらの化学物質は、虫を殺すだけでなく、土壌の中のバクテリアや菌類、微生物類などにも多大な影響を与え、有機的な環境を無機的な環境へと変化させます。

これらの環境の変化が、バランスを崩す原因と言えるのです。

「バランス」の問題とは、「調和のとれた状態」が保たれているかどうか、持続可能な状態かどうか、という問題でもあります。

しかし、前述したように「環境」そのものが常に「変化」している、という事実があります。でもこれは「自然の流れ」「自然のサイクル」による変化ということです。

一定の生物が化学薬品などにより、その「環境」を変化させる、というのとは根本的に違いがあります。もしも、我々の生活が自然環境に大きなインパクトを与えているのだとすれば、それは「自然の流れをも左右する」ということを自覚する必要があります。

その上で、「環境」について考えていきたいと思います。


Convection of the Earth's crust

Regarding the environment, there are things I want to recognize first.

"That is the thing called convection of the crust".

As you know well, the earth we live in is that the heat of the collision of the meteorite is not yet cooled and the inside is convecting with the muddy and hot crust.

As a result, the continent of the world that is floating above is constantly moving, changing ocean currents, the climate is changing all the time.

"Environment" is always changing. On the premise of the fact that we need to think about the environment.

Changes in terrain and environment due to continental migration have evolved humans from monkeys to primates, promoting evolution, from the sea to the continent, from amphibians to mammals.

Let's think about "environment" while also suppressing the fact that "environmental change" is largely related to "evolution of living things".

First of all, there are various cases of large and small creatures as the impact of living beings on the environment, but there is a disorder of ecological balance due to massive occurrence of certain kinds of organisms in terms of large impact.

The large occurrence of moths and caterpillars common in urban areas, for example, occurs due to the environment where the balance of ecosystems has collapsed.

Pesticides and chemical fertilizers can be cited as reasons for breaking the balance of nature and ecosystems.
These chemical substances not only kill insects, but also greatly affect bacteria, fungi, microorganisms etc. in the soil, and change the organic environment into an inorganic environment.

Changes in these environments can be said to cause the balance to collapse.

The problem of "balance" is also a question of whether "harmonious state" is kept or not, whether it is a sustainable state or not.

However, as mentioned above, there is the fact that the "environment" itself is always "changing". But this is a change due to "natural flow" and "cycle of nature".

There is fundamentally a difference from certain organisms changing their "environment" with chemicals and the like. If our lives are giving a big impact to the natural environment, we need to be aware that it will also affect the flow of nature.

Then I would like to think about "environment".

2018年 仕事初めの事 2018 Early work



賀正。

2018年の営業開始のお知らせです。
大変恐縮ですが、2月からひと月ほど、海外に旅行に行って来ます。

ですので、営業は3月以降から再開となります。
勝手ではございますが、よろしくお願いします。
It is announcement of business opening in 2018. I am very sorry, I will go traveling abroad for about a month since February. So, sales will be resumed from March. Though it is selfish, thank you.

風の剪定@明石市


明石市の現場です。


去年の現場の記事を書きかけてて、UPするの忘れてました。
小さなお庭ですが、カシとウバメガシ、門かつぎのマキ、ヒイラギ、サルスベリ、ウメ、サザンカ、アジサイなど日本庭園並みの木が植えられています。



因みに水脈は、パイプを使わず枝と炭で施工しています。

傷んでたマキが復活してからも元気に伸びています。

玉刈りだったウバメガシも自然形に戻ってきました。
ウバメガシは自然形がいちばん綺麗です。
自然形だと、生き生きして、悠々としています。
実家にウバメガシが沢山生えてたので、その自然形のその姿の美しさはカシよりも悠々としていると思います。個人的には。

最近、枝は極力「折ります」バキッと。
子供の頃、折れた枝から芽が吹いて次の枝になるのを見ていました。
観察していたわけではないのですが、毎日見るので育つのがわかります。
芽は、折れたところより下の方から出て次の枝になります。



木は、金属を近づけると泣くような音を出します。
波動というか、ブーンみたいな感じで、嫌がってる感じです。
なので、ゆっくりと枝を曲げてポキっと折ります。
枝の折れる所は、離れやすい細胞が集まってる所です。トカゲのしっぽが切れる場所が決まってるみたいに、枝が折れる場所も決まってます。そうやって関節を外す、みたいに枝をとって行くと、木の魂の負担がずいぶん軽減されるとかんじてます。
人間の身体も金属で突かれるより、手で触られた方が心地いいと感じますよね。
それと同じ感覚を、植物も持っています。
魂は植物にもちゃんとあって、痛いだとか、苦しいだとか感じてるし、運命や幸不幸もあります。
例えば、木刀になって人を怪我させれば、その木は修羅か地獄の境地です。
でも、本や手紙になって、誰かを幸せにできれば、天界、声聞、縁覚の境地です。


そんな事を考えながら仕事するのは楽しいです。

仕事しながら、楽しいと思えて、それが自分の魂の成長につながるなら、それが一番いいと感じます。

最近は仕事と日常に何の差があるのかなと考えています。

例えば、服装にしても、仕事着と私服は分けてましたが、野良着が普段着やったとすれば、普段着(好きな服)で仕事したらええやん、と思うようになりました。




えっと、まとまらないですが、長くなったのでこれくらいに。


It is the scene of Akashi-shi.


I wrote an article on the site last year and forgot to UP.
It is a small garden, but trees that are comparable to Japanese gardens are planted, such as oak and Ubameagashi, giant goat maca, holly, crispberry, ume, sasanqua, hydrangea.



Incidentally, the water line is constructed with branches and charcoal without using pipes.
Even after the damaged Maki revived it has been growing well.
The Ubama grease which was the pruning has also returned to its natural form.
The natural shape is the most beautiful. When it is in a natural form, it is lively and it is calm.
I think that the beauty of that figure of its natural form is more throbbing than oak because many Ubameagashi were growing in her parents house. personally.
Recently, the branch is as "as possible" foldable as much as possible.
When I was a child, I saw buds blowing from a broken branch becoming the next branch.
I did not observe it, but since I see it every day I can see that I grow up. Buds will come out from the lower part and become the next branch.
The tree produces a sound that makes you cry as you approach the metal. It is a feeling that I hate it because it is like a wave, like a boon.
So, slowly bend the branch and fold it.
The place where branches are broken is where cells are easy to separate. Like the place where the lizard's tail bursts, the place where the branch breaks is decided. By doing so, taking branches like taking off a joint, I feel that the burden on the soul of the tree will be considerably alleviated.
I feel that the person touched by hand is more comfortable than the human body is touched with metal.
I have the same feeling, plants as well.
The soul also has plants properly, it feels painful or painful, and there are fate and happiness and misfortune.
For example, if you become a wood sword and injure a person, that tree is a shura or hell.
But, if you become a book or a letter and you can make someone happy, it is the realm of heavenly world, a voice message, and a morning sense.
It is fun to work while thinking about such a thing.
While working, I think it's fun, if it leads to my soul's growth, I feel that it is the best.
Recently I think that there is a difference between work and everyday.
For example, even if I dress it, I divided work clothes and private clothes, but if I did wear cotton clothes, I came to think of everyday when I worked with casual clothes (favorite clothes).
Well, I do not get it, but it's getting longer so much.

風の剪定@神戸市東灘区


神戸市Yさま邸です。

中に入ると市街地にある、オアシスみたいなお庭です。
ガーデニング好きの奥様が日々、お手入れされています。

門の横の生垣はカシの木です。
ふんわりと枝の折れる所でノコギリを当てて折っていきます。バキッと。
剪定というより、枝折りです。
太めの枝は折って、細い枝はノコガマかカーブソウで削いでいきます。

なぜ折るのかというと、風は枝を折るからです。

確実に風の折る所で折れます。なので、細根が発達しやすい。 カシの枝は折れやすくて、わかりやすいです。
僕が職業として、はじめて木の剪定をさせてもらったのがカシの木でした。
親方に「お前はとりあえず、あのカシをやってみろ」と掃除をひたすら続けた挙句に言われるのです。
カシの木の剪定は植木屋さんの基本ですし、個性が出ますし、人やその働いている植木屋さんのやり方に合わせて、個性を消す事も出来ます。

生垣という使命を仰せつかったカシ。
生きてるだけで役目があります。


門を入った所のカシ。
生垣と表情も役割も違います。でも根っ子が繋がっていて、互いに情報交換や必要な元素の交換をしています。
この庭が心地よいのは、木のネットワークができているからです。根っ子のネットワーク。根っ子が庭全体で絡まり合って、繋がっているんです。
北庭と南庭に分かれてますが、それぞれ北庭と南庭のネットワークがあります。

北庭の紅葉。ただひたすら綺麗。
剪定前。

剪定後。
風になって折る。
紅葉は少し粘っこいので、折れにくい。
風にしなる、という事です。だからカシよりも風に強い。ただカシは根が深いので、屋敷林とかには向くと思います。
紅葉は大好きな木です。
紅葉も綺麗だし、夏の下から見た葉っぱの透け感も綺麗で、僕は夏の紅葉の方が好きです。でも地面に落ちた紅葉も綺麗。
自分の庭に一緒にいてほしい木です。


It is Kobe City Y Mansion.
It is a garden like an oasis in downtown when entering inside.
The wife of gardening love is being kept daily.
The hedge next to the gate is an oak tree.
I will fold it with sawtooth at the place where fluffy branches are broken. Bakutsu.
It is more pruned than branching. The thick branch is broken, and the thin branch is scraped off with a beaked mushroot or rhubarb.
Why fold? Because the wind breaks branches.
It surely breaks at the place where the wind breaks. So, the fine roots are easy to develop. The oak branches are easy to break and easy to understand.
It was the oak tree that I pruned trees for the first time as my occupation.
It is said to the boss who continued to clean up as "to tell that oak for the time being" to the master.
The pruning of oak trees is the basic of the garden shop and individuality comes out, and it is also possible to erase individuality according to the way people and their workers work.
An oak that felt a mission as an hedge. Just being alive has a role.
The oak where I entered the gate.
Hedge and facial expression also have different roles. But the roots are connected, exchange information and exchange necessary elements.
This garden is comfortable because there is a tree network. The network of the root. Roots are entangled in the whole garden and they are connected. It is divided into a northern garden and a south garden, but there are networks of north garden and south garden, respectively.
Autumn leaves in the northern garden.
Just just beautiful.
Before pruning.
After pruning.
Fold in the wind.
Because autumn leaves are a little sticky, it is difficult to break.
It is that it will become windy. So it is more windy than oak. But oak has deep roots, so I think that it will be suitable for a mansion forest.
Autumn leaves are a favorite tree.
The autumn leaves are also beautiful, the sense of sheer leaves seen from the bottom of the summer is also beautiful, I like the autumn leaves in the summer.
But autumn leaves which fell to the ground are also beautiful.
I want the tree in my garden.

風の剪定


風の剪定をしてきました。
明石市Tさま邸です。

カシの木の生垣。
こんなに小さな場所に、一生懸命に生きてます。
紫カビ病になり、落ち葉掃除や草抜きをする奥さんに、落ち葉も草もそのままにしてくださいね、と言っても、ずっとこのカシの木達は、落ち葉も無く、草もありませんでした。
今回は、奥さんを気にせず、落ち葉も草もそのままにして引き渡し。

ちゃんと丁寧に説明しましたよ。

のこガマとカーブソウだけで、風になって、カシの木と遊びました。(の)

崖崩れの応急処置


奈良県宇陀市、崖崩れ現場です。

先日の台風で家の裏の崖が崩壊しました。
関西支部に調査依頼があり、都市環境サミット、徳昌寺講座を終えた足で、矢野さんにも同行していただいて、崖崩れの調査と、後日の応急処置に行って来ました。

地形落差約20m、幅15m程の規模で斜面が崩壊していました。
上の斜面変換線にはコンクリートの道が風化で壊れ掛けていました。
柿の木の枯れた根を伝い、水が流れて斜面を崩壊させたようです。

土砂は家屋の軒下の柱を倒し、壁で止まりました。
家屋の柱は無事でした。
あと少し、土砂の量が多ければ家屋も危ないところでした。

上の隣家の敷地や西側の大谷の調査もし、大谷の危険性も確認。40年前に大きな土砂災害に見舞われたとの事で、予想では50〜60年前から盛んに行われてきたコンクリート化、アスファルト化の国策が原因で大谷が崩れ、更にコンクリートと暗渠で対策はしたものの、U字溝の配置の問題や劣化、予想以上の水量とそれに耐えきれないチャチなコンクリート擁壁で、大谷も危険性が高いと判断しました。
放置しておけば、大型の台風や活発な前線などがもたらす大雨で大きな土砂災害になる可能性があります。

崩れた土砂に点穴、溝、炭、枝で応急処置。
水と空気の流れが家屋を回避して、下の地形に誘導する処置をします。

滝のように落ちて来る水を枝と点穴でエネルギーを弱め、左右に分散します。
水脈の基本は「分散」です。
「集約」と「分散」これもまた「二極」です。
崖崩れでは集約しすぎると崩壊するようです。
水を集めすぎると水圧や土圧が大きくなり、崩れやすくなるようです。
いかに分散させるかが今回の土砂崩れのキイになると思います。

12月の始めに2日講座で、矢野さんを招いて、空気の視点での「土砂災害対策講座」です。
これは初めてです。
土砂災害現場はかなり難しいし、土砂災害に初めてメスを入れる講座になります。
「どうする土砂災害!」
「こうする土砂災害!」


土木業者見積もりの300万の擁壁。
「絶対安心とは言えません」と言われたようです。
300万の擁壁なんて、地形落差20mの崖からしたらオモチャみたいなものだと思います。
更に地形を崩すことになります。

砂か土で山を作って、その上から水をジョウロでかけたら「水筋」ができます。
その「水筋」を何かで止めたら、その上やその下の地形は崩れます。
砂遊びしたことあったり、土をいじって子供時代を過ごした人にはわかります。
奈良県宇陀市、以前豊かに栄えたこの集落は数十世帯で構成され、それぞれの家が自然に地形に馴染み、寺を尾根に配置した日本人のつくった美しい集落です。


九州から参加された女性。
住むところと故郷が崩壊したとの事でした。
なんとかしたい、とこの宇陀市に。
大地の再生には初参加でしたが、「多くの学びがありました」とのことで、九州でも、再生や蘇生が始まれば地震にも災害にも負けない環境がつくれると思います。

「草と土で水を止める」


「環境」と「意識」は連動してます。(の)

Uda City, Nara Prefecture, the cliff crash site.
The cliff behind the house collapsed in the typhoon of the other day.
I was asked to investigate in the Kansai branch, and I finished the urban environmental summit, Tokujoji lecture, I accompanied Mr. Yano, and I went to the survey of cliff collapse and first aid measures at a later date.
The slope was collapsed on a scale of about 20 m in topography and 15 m in width.
On the upper slope conversion line the concrete road had been broken by weathering.
It seems that the water passed through the dead root of persimmon trees, causing the slope to collapse.
The earth and sand stopped at the wall, pushing the pillar under the eaves of the house.
The pillar of the house was safe.
After a while, the house was also a dangerous place as the amount of earth and sand was large.
Survey of the neighboring house on the upper side and Otani in the west side If you also confirmed the danger of Otani.
The fact that it was hit by a big sediment disaster 40 years ago, Otani crumbled due to the national policy of concreteization and asphalt conversion which was carried out actively from 50 to 60 years ago, furthermore measures are taken in concrete and underdrain However, I judged that Otani is also highly dangerous with a churchy concrete retaining wall that can not withstand the problem and deterioration of the U-shaped groove arrangement, water volume more than expected.
If left unattended, there is a possibility that large sediment disasters can be caused by heavy rains brought by large typhoons and active front lines.
First aid treatment with collapsed sand and dots, grooves, charcoal, branches.
Water and air flow avoid the houses and take action to guide them to the lower terrain.
The water falling like a waterfall is weakened by branches and dots, and it spreads to the left and right.
The basics of the vein is "dispersion".
"Aggregate" and "Dispersion" This is also "two poles".
In the cliff collapse it will collapse if it concentrates too much.
I think that how to disperse will be the key to landslides this time.
At the beginning of December, we are invited Mr. Yano on a two-day course, "Sediment Disaster Countermeasure Course" from the viewpoint of air.
This is the first time.
The landslide disaster site is quite difficult and it will be a lecture to put a scalpel for the first time in a sediment disaster.
"What to do, landslide disaster!"
"Sediment disaster like this!"
Inclusive!
Civil engineering contractor's estimated 3 million retaining walls.
I was told that "I can not say absolutely secure".
It is like a toy if I make it from a cliff with a topographical drop of 20 m to 3 million retaining walls.
It will further destroy the topography. Think about it.
You can make "mountain water" with sand or soil, and put water on it with joule, you can "water muscle".
If you stop that "water line" with something, the topography above and below it will collapse.
People who spent childhood by playing with sand and playing with sand can understand.
Even if an adult makes a mistake, I can not apologize obediently.
Especially for administrative and business people.
I also understand that I am thinking that it is good.
If that is wrong, it will be a situation not to be done by elementary school students' excuses like "I thought it was good".
Uda City, Nara Prefecture, this village that prospered abundantly abundantly is composed of dozens of households, each house has become familiar with the topography naturally and is a beautiful settlement created by the Japanese who placed the temple on the ridge.
A woman who participated from Kyushu.
It was that the place of residence and hometown collapsed.
I want to do something, in this city of Uda.
Although I participated for the first time in the revitalization of the earth, I think that "There was much learning," and even in Kyushu, if regeneration and resuscitation starts, I think that it will be possible to create an environment that will not lose both earthquakes and disasters.
"Stop water with grass and earth"
Two persimmon trees.
There are several holes.
Stopped or not stopped?
It is the result of "feeling" of each human being involved.
"Environment" and "consciousness" are linked.

京北クラフト出店@あうる京北


京都府が管理する、環境や自然学習など、様々な学びやイベントができる、あうる京北で、年に一度開催されるイベント「京北クラフト」に「大地の再生 関西支部」「一般社団法人 大地の再生講座 結の杜づくり」として出店して来ました。

組み立て式の「やぐら」を貸していただいて、二階建ての出店ブース!
二階では、まりこさんのマッサージも好評でした!

ともちゃんやリリーさん、女性陣がお店の飾り付け、ジャンさんの自給農野菜も並び、めっちゃ可愛いお店になりました。
イベント会場は程よい広さで規模も丁度いい感じで、自然派な人から都会チックな人までいろいろな方々が来てる感じでした。

前回の「大地の再生講座」でビオトープの「入りと出」の「流れの調整」を矢野さんから教わりました。
矢野さんが調整したビオトープは泥が消え、藻が生え、水草も生えてきました。

周辺の草も柔らかい植生が認められます。

この流れには平行してU字側溝が施工されていますが、それでもこのビオトープには命の息づきが再生してきました。

関西支部のホープ、匠くんがユンボで泥をあげてくれました。
「命を育む」重機の使い手です。

今回も、次の日、広島で「大地の再生講座」があり、移動のため、僕は不在でしたが、匠くんと、ともちゃんと、ぜんぜんで2日目のお店番もやってくれました。
「あうる京北ツアー」も4組ほど来てくれて、ずいぶん深い話もできましたし、いろいろな方々とお話しもできて、すごくいい勉強になりました。

ジメジメしていた会場の大地も再生の効果で水がひき、ジメジメが解消されていました。

「水切り」をした大地は表層のグライ化が消え、団粒化も見られました。
また、あうる京北さんからも、年間の草刈りを「関西支部」として受けさせて頂くことが決まり、早速、ジャンさんやたいすけくん達、京北の地域の方々で「風の草刈り」を講座形式でやっていただきました。

皆がやれる事をやる。得意で、楽しい事をやる。
それで「環境」はどんどん「再生」される。
そんな「法人」に「結の杜づくり」がなれればいいのに、と思います。
「楽しい」と「やりがい」が同時に「環境再生」に直結していく、かつてない「法人」。

皆さんのおかげです。

ありがとうございます。(の)

風の草刈り@姫路





Wind mowing "When grass is cut down where the wind scrapes, I think that the grass was scraped by the power of nature, change my root to a thin root,"
evolve "to adapt to the environment.
When we are doing "wind weed cutting"
several times a year, the grass feels that this place is the place where the strong wind blows regularly, and we will respond to that environment. That's why the grass does not run.
This place in Himeji city is a landfill for sea.
It is the place where the land was filled with concrete on all sides.
Naturally it is clogged and the pine planted like a windbreak forest is considerably sore.
The ivy of Kuzen rushed, showing a clogged expression.
I entered the mowing of the wind once in the summer of last year, but for various reasons I entered the wind cutting again for the first time in a year.
Changes from last year, as usual, there are many scarlets of kudzu, but there were things that Awadashita became conspicuous, that mugwort became more and there were clover communities.
Yoshi (Asi) naturally grows like Yoshihara in a place with poor ventilation on the north side.
Yoshihara originally is easy to deposit mud, it is a good place to live for aquatic organisms, there is also a purification action.
Natural Yoshihara was a natural filtration device that lived in a large number of degraded bacteria and had the function of biological filtration.
Yoshi was also widely used in daily life, such as reeds, and had a close relationship with human society.
Unfortunately, this place was constructed with a U-shaped side groove on the asphalt road, and the pooling water was corrupt. I'd like to divide the side groove.
Yoshi grows vigorously even in such places, extending the rhizomes. It is rampant because it is clogged, but thanks to the inhabitants of this reed, "corruption" is suppressed and the "cleansing action" which promotes "fermentation" continues, but "corruption"
It plays a role for not proceeding beyond.
"Mowering the wind" is a technique to evolve the grass, making it easier for human beings and grass to coexist.
It can be said that it is the first step of "coexistence", not fighting the environment.
In the environment where the grass "evolved", as a result of the evolution of the human consciousness that manages that, I think that "the environment of coexistence" is completed.
"Evolution of consciousness" directly influences "the evolution of the environment" and creates "environment of coexistence".
"Environment" and "consciousness".
This current environment of the earth is also the environment created by "human consciousness".
If you want to change "environment",
change your consciousness (evolve).
If we can "evolve" our "consciousness",
"environment" can be changed.
It may be a trigger to greatly change "society" and human relations.
"Economy" may be changed, too.
It can be said that "environment", "society" and "economy" change as much as possible depending on human consciousness.
It is hard to change someone's consciousness, but "to evolve my consciousness" may be unexpectedly difficult.
If humans living in this star can make everyone "evolve" consciousness, the environment may actually be changed very easily.


「風の草刈り」風が削ぐところで草を刈ると、草は自然の力で削がれたと思い、自らの根を細根に変え、環境に対応できるよう「進化」します。
年に何度か「風の草刈り」をやってると、この場所は強風が定期的に吹く場所なのだと、草が感じ、その環境に対応していくのです。だから草が暴れなくなるのです。

姫路市のこの場所は、海の際の埋め立て地です。
四方をコンクリートで固めて、埋め立てた場所です。
当然詰まってますし、防風林的に植えられた松はかなり痛んでます。
クズの蔦がはびこり、詰まりの表情を見せていました。
去年の夏に一度、風の草刈りに入りましたが、諸事情で1年ぶりにまた風の草刈りに入りました。
去年との変化は、相変わらずクズの蔦が多いですが、アワダチソウが目立つようになってきた事と、ヨモギも多くなってきていること、クローバーの群落もありました。
北側の風通しの悪い場所はヨシ(アシ)が自生しヨシ原のようになっています。
ヨシ原は本来、泥が堆積しやすく、水性生物の格好の住処となり、浄化作用もあります。
天然のヨシ原は分解者のバクテリアが多く生息し、生物濾過の機能を有した、天然の濾過装置だった訳です。
ヨシはまた、葦簀など、生活にも広く利用され、人社会とも深い関わりを持っていました。

この場所は、残念ながらアスファルト道路にU字側溝が施工され、溜り水が腐敗していました。側溝を割りたいくらいです。
そういう場所でもヨシは勢いよく成長して、地下茎を伸ばしています。詰まっているので暴れていますが、このヨシが生息してくれているおかげで、「腐敗」も抑えられ「醗酵」を促進する浄化作用とのせめぎ合いは続いていますが、「腐敗」がそれ以上進まないための役割りを担ってくれています。

「風の草刈り」は草を進化させて、人間と草との共存をしやすくする術です。
環境と戦うのではなく、「共存」する第一歩だとも言えます。
草が「進化」した環境は、そこを管理する人間の意識の進化がもたらされた結果、「共存の環境」が出来上がるのだと思います。
「意識の進化」は「環境の進化」に直接影響して、「共存の環境」を創り出します。
「環境」と「意識」。この今の地球の環境も人間の「意識」が創り出した環境です。
「環境」を変えたければ、自分の「意識」を変える(進化させる)ことです。
自分の「意識」を「進化」させる事ができれば、「環境」は変えられます。
「社会」や人間関係も大きく変えられるきっかけになるかもしれません。「経済」も変えられるかもしれません。
「環境」と「社会」と「経済」は、人間の「意識」次第でいくらでも変化するという事だと言えます。


誰かの意識を変えるのは大変ですが、 「自分の意識を進化させる」事は案外難しい事ではないかもしれません。

この星に住む人間が、皆んなが「意識」を「進化」させることができれば、環境は実はすごく簡単に変えられるのかもしれません。(の)

<< | 2/24PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingersエコアパートプロジェクト
オープンガーデン&スタッフブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 風の草刈り図解
    MM (03/18)
  • 風の剪定@神戸市東灘区
    HitomiKuzutani (11/27)
  • 【まち杜の環の活動】街路樹サミット 関西のお知らせと矢野智徳氏コメント書き起こし全文掲載
    栗熊加奈子 (12/13)
  • 【まち杜の環の活動】街路樹サミット 関西のお知らせと矢野智徳氏コメント書き起こし全文掲載
    丹澤 愛継 (12/07)
  • 芦屋市新築植栽と緑化駐車場と水脈整備
    まっこり (06/05)
  • お庭のお手入れで途方にくれている人に
    栗熊 (05/17)
  • お庭のお手入れで途方にくれている人に
    ゆんで (04/30)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    ゆんで (04/22)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    くりくま (04/21)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    ゆんで (04/13)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM