明石市 魚住町の庭 その2 執着を捨てる 根っこを解く



明石市魚住の庭、続きです。

広いお庭なので、3〜4日作業に入り、また後日に数日入らせて頂くというのを数回繰り返すという日程で作業させて頂きました。

作業日程が長くかかってしまいました。すみません。












以前梵天刈りにされていたウバメガシを自然形に戻す剪定をして行きます。



枝を透かす事で風通りや光り通りも良くなり、害虫や病気の予防にもなります。



本当にすみませんが、また話はそれます。

僕はこの夏、北海道へ旅行に行っていました。
その旅の中で感じた事は「執着を捨てる」という事です。

僕は「ヴィーガン」で「仏教徒」で「ヨギー」で「造園家」で「アーティスト」で「旅人」でもあります。
こだわりも沢山あります。
しかし、この北海道の旅の中で、限られた日程の中、出来るだけ多くの場所を見て回りたいと思った時、まず先に削られる時間は「食事の時間」でした。
ヴィーガンですので、ほぼ外食はできませんし、蕎麦やうどんを食べたとしても、出汁には魚介の出汁が使われている事が多いです。

自炊していると最低1時間程は『食事の時間』に裂かれてしまいます。
北海道はとても広くて次の目的地まで3〜4時間かかる事も普通です。
1時間という時間は距離にすると50キロ〜80キロ程移動できる距離です。
ヴィーガンに執着する事で合算1日〜2日「食事に費やす」事になってしまいます。
そこで「魚介類はOK」という自分基準」を取り入れました。
北海道にはセイコーマートというコンビニがあります。
至る所にあって、おにぎりもほか弁並(保存料が入っていない)のちゃんとしたおにぎりを売っています。
お惣菜も100円単位で小分けで販売されていますし「塩にぎり」と「漬物」「ポテトサラダ」「枝豆」「ヒジキ」など「妥協できる」ものが沢山ありましたので『執着を捨てて』妥協しました。
一旦『執着を捨てる』と、とても心が軽くなります。

今、自分にとって一番必要なものは何か?
それは「ヴィーガン」ではなく『時間』でした。

その他にも「ヨガ」の時間も割きました。「瞑想」と「祈り」は短い時間でもしていました。
その他は全て割きました。
この旅で「自分にとって必要なもの」は『時間』『瞑想』『祈り』であるとわかりました。
それ以外は本当には必要ありません。

『執着を捨てる』これがこれほど心地良い事なのだと実感しました。



執着を捨てると今まで思い込んでいた事柄がたわいのない事だとわかります。
剪定とはこうあるべき。枝を丸く刈らなければカッコよくない。
とか。

全て「執着」です。

本当に大幅に話はズレましたね。
お庭に話を戻します。

このお庭に必要な事は木々の枝振りを『自然形に戻す」という事でした。

枝を「解く」事で根も解けていきます。


刈り込みバサミで梵天刈りをするのが一般的ですが、それではデメリットも多くあります(悪いことではありません、ただデメリットが多いというだけです)。
風通しと光通しが一番効率的なのは「自然形」です。
根の形状もそれに即した形状になります。
一番安定した状態です。必要な枝を伸ばした分だけ根もそれに即した張り方をし、空に、地中に伸び伸びと伸びていきます。
そういう状態に戻して行く事がこのお庭の「最優先事項」だと感じました。




『無理をせず』『無理をさせず』『自然でいて』『心地いい』
『執着を捨てる』=『心地良い』



ホントに脱線ばかりですみません。

皆さんもボチボチやりましょう。
楽しんで生きているときっと良い人生になると思いますよ(責任はとりません(笑))。






The garden of Uozumi, Akashi City, is continued.

Since it is a large garden, I started work for 3 to 4 days, and then I will work for several days at a later date, which is repeated several times.

The work schedule has taken a long time. I'm sorry.












We will prun the Ubamegashi, which was previously cut in Brahma, to return it to its natural shape.



By seeing through the branches, the wind and light can be improved, and pests and diseases can be prevented.



I'm really sorry, but the story goes awry again.

I was on a trip to Hokkaido this summer.
What I felt during that trip was to "throw away my attachment."

I'm a "vegan," "Buddhist," "yogi," "landscape architect," "artist," and "traveler."
There are many commitments.
However, during this trip to Hokkaido, when I wanted to visit as many places as possible on a limited schedule, the first time I was cut off was "meal time."
Since I am vegan, I can hardly eat out, and even if I eat soba or udon, the soup stock is often seafood.

If you cook for yourself, you will be split into "meal time" for at least one hour.
Hokkaido is very large and it usually takes 3-4 hours to reach the next destination.
One hour is a distance that can be traveled about 50 to 80 kilometers.
By being obsessed with vegans, you end up spending a total of 1-2 days on food.
Therefore, I adopted my own standard that "seafood is OK".
There is a convenience store called Seiko Mart in Hokkaido.
Everywhere, we sell onigiri and other decent rice balls (without preservatives).
Side dishes are also sold in small portions in units of 100 yen, and there are many "compromises" such as "salt nigiri," "pickles," "potato salad," "edamame," and "hijiki," so "throw away your attachment" and compromise. Did.
Once you "throw away your attachment", your heart will be very light.

What do you need most now?
It was "time", not "vegan".

I also spent some time doing "yoga". "Meditation" and "prayer" were done even for a short time.
I've broken everything else.
On this trip, I learned that "what I need" is "time," "meditation," and "prayer."
Other than that, you really don't need it.

"Abandon attachment" I realized that this is such a comfortable thing.



If you abandon your obsession, you will find that what you have been thinking about is nothing to do.
Pruning should be like this. It's not cool unless you cut the branches round.
And.

All are "attachment".

The story was really off.
Let's get back to the garden.

What was needed in this garden was to "return the branches of the trees to their natural shape."

By "unraveling" the branches, the roots will also be unraveled.


Brahma mowing is common with pruning scissors, but it has many disadvantages (not a bad thing, just a lot of disadvantages).
The most efficient ventilation and light ventilation is the "natural form".
The shape of the root will also be in line with it.
It is the most stable state. As much as the necessary branches are stretched, the roots will be stretched accordingly, and will grow and grow in the sky and underground.
I felt that returning to such a state was the "top priority" of this garden.




"Don't overdo it" "Don't overdo it" "Be natural" "Comfortable"
"Abandon attachment" = "comfortable"



I'm really sorry for the derailment.

Let's all do it too.
I'm sure it will be a good life if you enjoy living (I don't take responsibility (laughs)).

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingersエコアパートプロジェクト
オープンガーデン&スタッフブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM