剪定枝のマルチングについて 2019 冬



剪定作業の際に、業者は切った枝葉を持ち帰り、ゴミとして焼却処分する事が多いと思います。
民間処理業者の中には、剪定枝を堆肥にしてリサイクルする所もあります。
また農家さんでも堆肥づくりに使うために持ち込みをさせてもらえる所もあります。

できれば剪定で出た枝葉は化石燃料を使って焼却処分せずに、堆肥や燃料(薪)としてリサイクルできれば環境にも優しいと考えています。

いちばん良い方法としては剪定枝をその場でマルチング材として利用する事だと思います。
枝葉の持ち出し経費を削減できますし、土づくりにもとても良い資材となるからです。

草も何も生えていない剥き出しの土の状態の場合、何が起きるかというと、有機物不足になり、雨に叩かれて土が細粒化し、泥水が出来やすくなります。
傾斜地の場合は土の流出が降雨のたびに起こり、崖崩れなどの原因にもなります。
平地の場合では、表面の細粒化した土が泥膜をつくり、水溜りができやすくなり、水の浸透性も悪くなり、そこに生える植物は水切れを起こしやすくなります。
また、土が細粒化するため、微生物の生活数も少なくなります。

さらに生産者(草)や分解者(虫)が居ない事により土がどんどん痩せて行き、生態系の分断が起こります。
木は本来、草や虫や土壌の中の微生物と太古の昔から現在も共生関係にあります。
自分の落とした落ち葉や枯れ枝を分解者(ダンゴムシやゲジゲジなど)が分解し、さらにそれを微生物が分解して、初めて植物が養分として吸収できる状態になります。人間の腸内細菌の役割を土壌の微生物が担っている訳です。
ですので微生物をはじめ、これらの分解者が居ない土壌では、木は大地からの栄養分を取り込むことはできません。

何もない土の上に生えている木(日本の庭木)の場合、水不足と栄養不足(飢餓状態)になり、本来の健康を保つ事は難しくなります。
「地力のある土」とは多様な生き物が沢山生活している土の事です。 またそれは人間の腸内環境そのものだと言えます。



落ち葉が堆積し、草が生えている環境では多様な生き物が生活します。
蜂などの昆虫は分解者としてだけではなく、受粉の役割もあり、植物の繁栄のための重要なパートナーです。彼らが居なくては森は形成されませんでしたし、実も種もできない事になります。
アリはシロアリの天敵で、アリに見つかるとシロアリはひとたまりもありません。
その他の昆虫も小動物を含めた生態系の維持のための不可欠な存在です。
芋虫や毛虫はその殆どが他の昆虫や鳥や小動物の餌となります。
健全な生態系が機能している環境では毛虫などの大量発生はあり得ない事柄です。
草や虫と共生している環境には自然と他の小動物などの生き物も集まる様になります。

この様に、庭木を健康や環境に有害な農薬や化学肥料を使わずに維持管理するには、小さな生態系を維持する事が最も大切な事だと考えています。
生態系循環が適切に機能していると、自然はそのままの機能を正常に発揮して「何も持ち出さない、何も持ち込まない」状態で「必要なものは自然とそこに集まり、それがお互いに機能し合い、相乗効果を保って環境と健康を維持できる」ようになります。


見た目について

枝葉を庭木の周囲に敷き込んでいる光景は殆ど見る事はないと思います。
弊社のお施主様方にはその事を受け入れて頂き、ご理解して頂ける事を深く感謝致します。本当にありがとうございます。

とは言え、普段目にしない光景であり、まだ青い枝葉が敷いてあると「散らかっている」ような感じがすると思います。
その事はとてもよくわかります「違和感」があるという事だと思います。
実はこの事についてご理解いただく事はとても苦労している点でもあります。

対策として、例えば市販のマルチング材を上から被せるようにすれば、一般的な景観にはなると思います。
しかし、今後毎年、剪定枝をマルチングして行くとなると、その度に市販のマルチング材の費用や施工費という経費がかかる事になります。
しかも市販のマルチング材は針葉樹の皮などで出来ていて、形状は違いますが、枝葉と同じ有機物ですので、いずれ分解されて土に返ります。

山に登山に行かれたり、温泉地に旅行に行かれたりすると、山の斜面には落ち葉や枝が分厚く堆積しているのを見る事があると思います。
自然風景の写真などを見ても、木のある風景には必ず枯れた枝葉が落ちています。もしそれが無いとすれば、それは「管理された風景」だと思います。
自然の風景の中の枯れ枝や落ち葉は、それに違和感を感じる事なく、風景に馴染んでいます。

庭に剪定枝をマルチングした場合、はじめは「違和感」のある光景だとは思いますが、そのまま観察していると、だんだんと色が変わり、枝葉がしんなりとして来て、体積も小さくなって、徐々に地面に馴染んでくる事に気付かれると思います。
そしてそれは、いづれ跡形もなく土に返ります。
豊かな土になればなる程、その分解スピードは早くなって行きます。
自然の有機物は「風化」と「分解」により自然に馴染むようになって行きます。 この事自体が「生態系」という自然の循環システムであり、最も基本的な生命の循環サイクルだと考えています。

もしも、そういう変化や自然に馴染む様子などを受け入れて頂ける様でしたら、マルチング材など余計な経費をかけずに維持管理できるかと思います。

経済や社会が近代化するに連れて人の意識の中から「生態系循環」という概念が失われて来たと感じます。
自分自身、もしも子供の頃から都会で育ち、全く自然と触れないでいたとしたら、そういう概念は持てなかったかもしれません。
しかし、幸運な事にうちは農家であったため、田植えや稲刈りなども経験しましたし、実家には庭があって庭木が沢山植えられていました。
そんな環境で遊んだりしていると、枯れ葉や枯れ枝がだんだんと土に還っていくのを日常的に見ていました。

大人になり、社会のシステムが理解できるようになると、「経済」というシステムが、この環境と社会に大きく影響していると気づきました。
街中はアスファルトとコンクリートで固められ、河川もコンクリート張りで固められ、都会の中で生き物の姿を見る事は困難になりました。
経済と効率を最優先させた結果、環境も社会も現在のようになっていると思います。

人の感覚も枯れ枝や落ち葉は「ゴミ」だという感覚が固定化され、それは「資源」です、という意見は、なかなか受け入れて頂けない事もあります。
「固定観念」というもの自体が社会や経済の影響を大きく受けて作り上げられたものだと思います。
時代と共に「常識」というものは移り変わります。
これからは、経済や効率、最優先の社会から、自然の豊かさや気持ちの豊かさが優先される社会に変わっていくのだと思っています。

皆さんのお庭とのお付き合いの参考になれば幸いです。






When pruning, the traders often bring back the cut leaves and incinerate them as garbage.
Some private processors recycle pruned branches into compost.
There are also places where farmers can bring in compost for use.

If possible, we do not use fossil fuels to incinerate the leaves and leaves that have been pruned. We believe that if we can recycle them as compost or fuel (firewood), we will be environmentally friendly.

I think the best way is to use the pruned branches as mulching material on the spot.
The cost of taking out foliage can be reduced, and it is a very good material for making soil.

In the case of bare soil where no grass is growing, what happens is that there is a shortage of organic matter, the soil is hit by rain and the soil is finely divided, and muddy water is easily formed.
In the case of sloping land, soil runoff occurs each time it rains, which may cause cliff collapse.
In the case of flat terrain, fine-grained soil on the surface forms a muddy film, making it easier for water to accumulate, poorer water permeability, and the plants that grow there are more likely to drain.
In addition, because the soil is finer, the number of living microbes decreases.

In addition, the absence of producers (grass) and decomposers (insects) causes the soil to become thinner and thinner, causing ecosystem fragmentation.
Trees have a long history of symbiosis with grass, insects and microorganisms in soil since ancient times.
Decomposers (such as dung beetles and gegegeji) decompose fallen leaves and dead branches that have been dropped, and microorganisms decompose them before they can be absorbed by plants as nutrients. Soil microorganisms play a role in human intestinal bacteria.
Therefore, in soils free of these decomposers, including microorganisms, trees cannot take up nutrients from the ground.

In the case of trees growing on clear soil (Japanese garden trees), water shortages and nutrient deficiencies (starvation) occur, and it is difficult to maintain their original health.
"Ground with soil" is the soil where many creatures live. It can be said that it is the human intestinal environment itself.



A variety of creatures live in an environment where fallen leaves are deposited and grass is growing.
Insects such as bees not only act as decomposers, but also play a role in pollination, and are important partners for plant prosperity. Without them, forests would not have formed, and neither fruit nor seed would be possible.
Ants are the natural enemy of termites, and when they are found there are no termites.
Other insects are also essential for maintaining ecosystems, including small animals.
Most caterpillars and caterpillars feed on other insects, birds and small animals.
In an environment where a healthy ecosystem is functioning, catastrophic outbreaks cannot occur.
Environments that live in harmony with grass and insects also attract nature and other small animals.

In this way, to maintain and maintain garden trees without using pesticides or chemical fertilizers that are harmful to health and the environment, we believe that maintaining a small ecosystem is the most important thing.
If the ecosystem circulation is functioning properly, nature will function normally as it is, and "need nothing, bring nothing", and "necessary things will naturally gather there, Work together to maintain synergy and maintain the environment and health. "


About appearance

I don't think you will ever see a scene with branches and leaves laid around the garden tree.
We thank our owners for accepting and understanding. thank you very much.

That said, it's an unusual sight, and I think it feels "scattered" if there are still blue branches and leaves.
I understand that very well.
In fact, it is very difficult to understand this.

As a countermeasure, for example, if a commercial mulching material is applied from above, it will be a general landscape.
However, every year when mulching pruned branches, the cost of commercial mulching materials and construction costs will increase each time.
Moreover, commercial mulching materials are made of conifer bark, etc., and differ in shape, but they are the same organic matter as the leaves and foliage, so they will eventually be decomposed and returned to the soil.

When you go on a mountain climb or go on a trip to a hot spring, you may see thick leaves and branches piled up on the slopes of the mountain.
Even if you look at pictures of natural scenery, dead branches and leaves always fall on trees. If not, I think it is a "managed landscape".
Dead branches and fallen leaves in the natural landscape are familiar with the landscape without feeling uncomfortable.

If you mulch pruned branches in the garden, you may think that it is a scene with "uncomfortable feeling" at first, but if you observe it as it is, the color gradually changes, the branches and leaves come in softly, the volume decreases, You will notice that it gradually adapts to the ground.
And it returns to the soil without any trace.
The more soil you have, the faster it will break down.
Natural organic matter becomes naturally compatible with "weathering" and "decomposition". I think that this is the natural circulation system called "ecosystem", which is the most basic cycle of life.

If you can accept such changes and how they adapt to nature, I think it will be possible to maintain and manage them without extra costs such as mulching materials.

As the economy and society modernize, I feel that the concept of "ecosystem circulation" has been lost from human consciousness.
If you grew up in the city from childhood and never touched nature at all, you might not have been able to have that concept.
Fortunately, however, I was a farmer, so I experienced rice planting and rice harvesting, and my parents' home had a garden with lots of garden trees.
When I was playing in such an environment, I would regularly watch dead leaves and dead branches gradually return to the soil.

As I grew up and became able to understand the social system, I realized that the "economic" system had a significant impact on this environment and society.
The city was hardened with asphalt and concrete, and the rivers were hardened with concrete, making it difficult to see creatures in the city.
As a result of giving priority to economy and efficiency, I think the environment and society are now as they are now.

The feeling that dead branches and fallen leaves are "garbage" is fixed, and the opinion that it is a "resource" is not always accepted.
I think that "fixed ideas" were created by the influence of society and the economy.
"Common sense" changes with the times.
From now on, I believe that the economy, efficiency, and society of the highest priority will change to a society where the richness of nature and the richness of feelings are prioritized.

I hope it will be helpful for your relationship with your garden.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingersエコアパートプロジェクト
オープンガーデン&スタッフブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM