2019・10 お茶会メルマガ ナチュラルガーデンへの誘い その5 環境に寄り添うスローライフ〜



お茶会メルマガ 第5回目です。


環境に寄り添うスローライフ

ハーブや庭に生える野草には生活に利用できる植物がたくさんあります。専門書も出ていますので、それらを参考にしながら、ぜひ日々の生活に取り入れてみてください。

お茶にできる植物だけでも様々なハーブ、ドクダミやヨモギ、松の葉やタンポポなど、たくさんの植物が利用できます。それらにはそれぞれに薬効があり、漢方でもあります。
西洋医学はそのほとんどが対処療法でしかありませんが、東洋医学は体質改善や自然治癒力を引き上げる効果があり、豊かな大地からとれた自家製の薬草は自身の自然治癒力や体質改善に効果があり、しかも無料です。

梅はその中でも特に薬効がある植物で3年以上たった梅干しは日本人の健康を支えてきました。
梅干し、漬物、味噌、醤油などの発酵食品は体内の整腸作用に効果があり、腸内細菌を育てます。土壌の中の微生物のようなものです。
発酵食品が体にいいことはよく知られていますが、それは植物も動物も目に見えない微生物と共生しているということで、その微生物が生き生きとしていることで免疫力が上がるということです。ですので食品添加物などの化学物質が体内に入ると、腸内の微生物にインパクトを与えて免疫力が落ちるということになり、現代病とも言われるアレルギー症状を発症しやすくなります。また免疫力の低下は癌や感染症の発症にもつながります。健全な免疫力はそれらを日頃から押さえ込んでいます。

また、植物由来の日用品を使うことで、温暖化や環境汚染を軽減できます。エコバックや木製の食器、衣服、家具など出来る限り石油製品を減らし、地産地消の製品を利用すれば輸送にかかる石油も削減でき、地場産業への貢献にもなり、なんとなく気分も良くなります。
部屋の中からプラスチックを無くすだけで気分がどれほど良くなるか、実験されてみてはいかがでしょうか。
出来る範囲で、楽しみながら、少しのこだわりを持つだけで、それが「庭」という環境にも反映されていくと思います。


道具とその力

化石燃料(石油)を資源として使う前は草木が資源でした。焚き火をして煮炊きをし、暖をとっていました。囲炉裏を中心に家が作られ、その煙が柱や梁を丈夫にし、虫よけにもなっていました。

植物の再生能力は、根元から切ってしまわない限りその植物の寿命が来るまで延々と再生を繰り返します。
自然と共生していた時代、人はその恩恵を身にしみて実感していたと思います。
自然に対して尊敬と畏怖の念を持っていたと思います。
道具が手道具しかなかった時代、人間は自然に対して今よりも非力でした。そんな時代は自然に即して生きることが唯一の生き延びる術だったと思います。

現代の道具はエンジンや電力を得たことにより人間の本来の能力をはるかに上回る力を手に入れてしまいました。人間はその力を自分の力だと勘違いしてしまいます。
丸裸の状態で自然の中に放り出されると人はどうなるでしょうか。それが本来の人間の力です。手で折ることができる枝の太さはどれくらいでしょうか。素手で掘れる穴はどれくらいでしょうか。
道具を手にした時、自分の本来の能力以上の力を発揮する時は、そのことに対して「責任を負う」気持ちが必要なのではないかと思います。その力を使って自然に接する時、その行為が環境にとってマイナスのインパクトを与えることにならないのか、考えてみることが「責任を負う」ということになると思います。

「責任を負う」という意識は、それを認識するということだと思います。
責任を負う、負わないの2択があるわけではなく「原因」に対して「結果」が伴うのだということを認識するということです。
「自分がやったことの責任は必ず自分が負うことになっている」のが自然の摂理だと思っています。
例えば地球環境のことにしても、目の前に広がっている環境は自分がやったことに対する結果が表れているだけで、それは国や政治や社会や誰か他の人が負うものではないと思います。
人間にとって、その他の生き物にとって、地球環境が危うい方向に向かうなら、それは(もちろん僕も含めて)自分自身の責任であり、全員が責任を負うことになります。
人間社会は「多数決」でその行き先が左右されます。「集合意識」というものです。
大多数の人が選択する価値観がその全体の価値観になります。個人の価値観は千差万別ですが、全体としてみた場合、共通の価値観が大きい方向に物事が動いていくのです。
「こうするのが当たり前」という価値観はその真意すら考えずに「思い込まされている」場合もあります。
そしてそれは「何も考えずに危うい方向に進んでいる」という可能性もあるということです。


第5回目をお読みいただき、ありがとうございました。
次回は「思い込み」と「心の声」というところからお届けいたします。






This is the fifth tea party e-mail magazine.


Slow life close to the environment

There are many plants that can be used for living in herbs and wild grasses that grow in the garden. Specialized books are also available, so please take them into your daily life while referring to them.

Many plants can be used, such as various herbs, dokudami and mugwort, pine leaves and dandelions. Each of them has medicinal properties and is a Chinese medicine.
Most of Western medicine is only coping therapy, but oriental medicine has the effect of improving constitution and natural healing power, and homemade medicinal herbs taken from abundant earth are effective in improving its own natural healing power and constitution. And it ’s free.

Ume is a particularly medicinal plant, and Umeboshi has been supporting the health of Japanese people for more than three years.
Fermented foods such as plum pickles, pickles, miso, and soy sauce are effective in regulating the intestinal function of the body and grow intestinal bacteria. It's like a microorganism in the soil.
It is well known that fermented food is good for the body, but it means that both plants and animals live in symbiosis with invisible microorganisms. Therefore, when chemical substances such as food additives enter the body, it will impact the microorganisms in the intestines and reduce immunity, making it easier to develop allergic symptoms called modern diseases. A decline in immunity can also lead to the development of cancer and infectious diseases. Healthy immunity keeps them down.

In addition, using plant-derived daily necessities can reduce global warming and environmental pollution. We reduce oil products such as eco bags, wooden tableware, clothes, furniture as much as possible, and if we use products of local production for local consumption, we can also reduce oil for transportation, contribute to the local industry, and feel somewhat better. .
How about experimenting to see how you feel better just by removing plastic from the room?
I think that it will be reflected in the environment of “garden” by having a little commitment while having fun as much as possible.


Tools and their power

Before using fossil fuel (oil) as a resource, vegetation was a resource. I boiled it over a bonfire and kept warm. Houses were built around the hearth, and the smoke made the pillars and beams strong and also protected against insects.

A plant's regenerative ability will continue to regenerate endlessly until it reaches the end of its life unless it is cut from the root.
In the era of coexisting with nature, people think that they have realized the benefits.
I think he had respect and awe for nature.
In the days when there were only hand tools, humans were less powerful than nature. I think that in those times, living in harmony with nature was the only way to survive.

Modern tools have gained much more power than humans because of the engine and power. Humans misunderstand that power is their own power.
What happens to humans when they are thrown out into nature in a naked state? That is the original human power. How big are the branches that can be folded by hand? How many holes can you dig with bare hands?
When you have a tool, when you demonstrate power beyond your original ability, I think you need to be “responsible” for that. I think that when you use nature to interact with nature, it will be "responsible" to think about whether the action will have a negative impact on the environment.

I think that being aware of responsibility is recognizing it.
Recognizing that there are not two choices of responsibility and responsibility, but that “cause” is accompanied by “result”.
I believe that the responsibility of what I did is my responsibility.
For example, even in the case of the global environment, the environment that spreads in front of you only shows the result of what you have done, and it is not the responsibility of the country, politics, society, or anyone else. The
For human beings and other creatures, if the global environment goes in a dangerous direction, it is your own responsibility (including me of course) and everyone will be responsible.
The destination of human society is influenced by “majority”. It is called “collective consciousness”.
The values ??chosen by the majority are the overall values. Individual values ??vary greatly, but when viewed as a whole, things move in a direction where common values ??are greater.
The value of “this is natural” is sometimes “believed” without even thinking about it.
And that means there is a possibility of "going in a dangerous direction without thinking about anything".


Thank you for reading the fifth edition.
The next time, we will deliver from the place of "belief" and "voice of heart".

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingersエコアパートプロジェクト
オープンガーデン&スタッフブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM