2019・10 お茶会メルマガ ナチュラルガーデンへの誘い その3 庭環境でのオーガニック〜



お茶会メルマガ3回目です。
今回からは「庭」という環境について見ていきたいと思います。


庭環境でのオーガニック

ナチュラルガーデンというスタイルは当然オーガニックであることが前提となります。
「オーガニック」は「有機的な」という意味もありますが、「無加工」「無修正」という意味もあるようです。
農薬や化学肥料を用いず、施工の際にもケミカルなもの、プラスチック製品、環境破壊につながるものは極力用いないようにします。
「極力用いない」という表現には、例えば軽トラで現場へ移動したり、道具などでプラスチック製品を使用したりする場合があるためです。
時代が進み、道具や移動手段などを含めて、あらゆるものが自然破壊から無縁のもので作られることを期待しますが、今の段階では「今できること」を「手の届く範囲」でやるしかありません。


自然をよく観察していると、小さな草むらの中にたくさんの虫がいて、それらを拠り所として様々な生き物が集まってくることがわかります。
しかも園芸品種の草木だけしか植栽されていない環境よりも、放ったらかしにされた草むらの方が多様な生き物が生息しています。
石をひっくり返すと、そこにはダンゴムシやゲジゲジやムカデ、フンムシ、名前も知らないような小さな虫などもいます。枯れ枝にはアリが巣を作っていたり、奇妙な姿のクモの仲間なども見かけます。


庭の生態系

生態系はその底辺が広ければ広いほど豊かなものになります。
園芸品種のみ、という不自然な環境よりも自然に自生する草と共生させた方が「生物多様性」になり圧倒的にその底辺は広がります。
たとえ小さな庭であっても目に見えないほど小さな微生物、バクテリアや菌類が多ければ多いほど、土は豊かになり、分解能力が上がり、生物循環が円滑になります。つまり「代謝がいい」環境になります。
腐敗ではなく発酵(好気分解)がおこり、菌糸を持つ菌類が土壌の団粒化を促進させ、雨や酸素の通りが良くなり、根が健全になることで枝葉や幹の健康も維持されるようになります。

植物の免疫力が上がることにより、病害虫に対して抵抗力がつくようになります。
葉は本来の健康を保てれば虫の嫌がる物質や成長を抑制する物質を出して害虫の大発生を阻止します。また多少の病気にもその自然治癒力で対抗します。それは動物と全く同じなのです。

農薬を庭に用いることはその生態系の底辺である微生物を死滅させることになります。
植物は本来の免疫力を奪われ、すぐに病害虫に負けるようになります。そこでさらに殺虫剤や除菌剤、化学肥料が庭で使用され、環境はさらに悪循環になっていきます。
自然の野山に囲まれた環境の庭であればまだマシかもしれませんが、都市部の庭ではそこにしか自然はありません。
その根本の環境作りが庭の生態系を支える根本となります。

小さな庭の小さな生態系が正常に機能し始めると先に述べたような健全な「生態系循環」が機能し始めます。
何も持ち込まなくても、何も持ち出さなくても、そこにあるものだけで、そこに生きる生き物がそれぞれの役割を担い、何か一種類だけが大量発生したり、その環境を破壊したりすることは無くなります。
そこに生きるすべての生き物が必要とされ、全体に対して何らかの貢献をし「個」や「種」という個性の違いを最大限に発揮しながら全体を作り上げていきます。
その生態系には目に見えない微生物から、樫の木の大木までもが必要不可欠となるのです。


庭の生態系の破壊

自然に放っておけば、時間はかかりますが、庭は健全な生態系を取り戻します。人工構造物はいずれは朽ち果て、アスファルトやコンクリートからも草が生えてきます。
太古の遺跡も森に飲み込まれ、残るのは石でできた構造物だけですが、それもいずれは形のないものになります。

それを阻止しているのが人間の暮らしです。
庭にアプローチを設け、地形を変え、塀を作ったり花壇を作ったりします。人間が使い勝手のいいようにレイアウトをします。
自然の中にポツンと家を建てた、ということでもない限り、当然、そういう元々人為的な空間が「庭」という空間です。
特に都市部では計画的に地形造成され、区画で仕切られています。
地形は真っ平らな平地であることが多く、隣家も切迫しています。
そういう環境で果たして「小さな生態系」が作れるのか心配になります。


庭の生態系の再現

いくら四角く切り取られた区画であっても、建ぺい率という建築上の法律があります。
敷地一杯いっぱいに建物を建てることはできません。それに、いくら小さくても駐車場やアプローチ、建物周囲、裏庭スペースがあることもあります。
現代工法での外構工事をしなければ家の周りはぐるりと土の状態が残されているということです。

生態系の底辺は目に見えないミクロの生き物たちです。ひとすくいの土の中に何億、何兆という数で生息するような世界の生き物です。そしてまさに、それらのミクロの生き物が地上の生き物を支えています。
土作り、地形作り、浸透性、植生など様々な工夫をすることによりミクロの世界から広がる生態系を作ることができます。それは、本当に重要なものは土の中にあり、目に見えないものであるからです。小さな地面の隙間から生き生きと茂る木を見かけることがあります。それはその木の根が見に見えない生き物たちによって支えられているからです。

駐車場やアプローチも緑化することができます。タイヤに踏まれたり、歩くところではありますが、踏みしめに強い植物がありますので、草も交えそういうもので全体を緑化することができると、多くて敷地の40%近くを緑化することができますし、縦方向の中高木などを工夫して植栽することにより、立体的な緑化をすることができます。
中高木には鳥や羽虫、小動物が集まりますので、敷地の外の環境ともつながりを持つことができるようになります。生き物には区画は関係ありません。そこでそれぞれの営みをし、棲みついたり、餌場にしたりします。

人間以外の生き物の営みは、その全てが自然にとって有用な事柄です。自然を破壊したくても彼らにはできません。自然を良くすることしかできないのです。それは彼らが自然の一部であり、その営みは完全に自然に即したものであるからです。


メルマガ3回目をお読みいただき、ありがとうございます。

我々は現代社会というものの只中にいて、その社会が常識と呼ぶものは「企業利益」に由来していることが多いと感じます。
「科学薬品」を多く売りたいのは「石油経済」を維持するためのように思います。
「思い込み」はその社会が大衆に向けて行ったプログラミングではないでしょうか。
「こうするのが当たり前」という概念を一旦すべて頭から外し、シンプルに考えていただければと思います。
自然の中に無駄なものは何一つありません。草は必要だから生えますし、落ち葉や枯れ枝も「ゴミ」ではなく土作りの大切な「資源」です。
草を抜いて、落ち葉を集めビニールのゴミ袋に詰めてガソリンを使ってそれを回収し、化石燃料を燃やしてそれを焼却処分する、そのことの方が非常識なように感じます。

次回は「環境との付き合い方」というところからお届けしたいと思います。






This is the third tea party e-mail magazine.
From this time, I would like to look at the environment of “garden”.


Organic in the garden environment

Naturally, the natural garden style is assumed to be organic.
“Organic” may mean “organic”, but it may also mean “unprocessed” or “uncensored”.
We do not use pesticides or chemical fertilizers, and we will minimize the use of chemicals, plastic products, and items that cause environmental damage during construction.
The phrase “use as little as possible” is because, for example, there are cases where you move to the site with a light tiger or use plastic products with tools.
I expect that everything will be made of things that are free from natural destruction, including tools and means of transportation, but at this stage we can only do what we can do now within the reach of hands. There is none.


If you look closely at nature, you can see that there are many insects in the small grass, and various creatures gather together based on them.
In addition, a variety of creatures inhabit the grass that has been left open rather than the environment where only horticultural varieties are planted.
If you turn the stone upside down, you will find the dandelion, gegegeji, centipede, dung beetle, and small insects whose names are unknown. On dead branches, ants make nests and strange spider friends.


Garden ecosystem

The wider the bottom of the ecosystem, the richer it becomes.
Rather than the unnatural environment of only horticultural varieties, symbiosis with grass that naturally grows naturally becomes “biodiversity”, and its base is overwhelmingly widened.
The more tiny microorganisms, bacteria and fungi that are invisible, even in a small garden, the richer the soil, the greater its ability to decompose, and the smoother the biological cycle. In other words, it becomes an environment with good metabolism.
Fermentation (aerobic decomposition) occurs instead of spoilage, and fungi with mycelia promote soil agglomeration, improve the flow of rain and oxygen, and maintain healthy roots and trunks by improving the roots. It will be so.

By increasing the immunity of the plant, it becomes more resistant to pests.
If the leaf maintains its original health, it will prevent the occurrence of harmful insects by producing substances that the insects dislike and substances that inhibit growth. It also counters some diseases with its natural healing power. It is exactly the same as an animal.

Using pesticides in the garden will kill the bottom of the ecosystem.
Plants lose their natural immunity and quickly lose to pests. Therefore, insecticides, disinfectants, and chemical fertilizers are further used in the garden, and the environment becomes even more vicious.
If it is a garden surrounded by natural wilderness, it may still be good, but in an urban garden, there is nature only there.
The creation of the fundamental environment is the foundation that supports the garden ecosystem.

When the small ecosystem in the small garden begins to function normally, the healthy “ecosystem circulation” as described above begins to function.
Even if nothing is brought in, nothing is taken out, only the things there are, the creatures living there play their respective roles, only one kind is generated in large quantities, or the environment is destroyed Things will disappear.
All living creatures that live there are needed, and we will make some contributions to the whole and make up the whole while making the most of the differences in individuality of “individuals” and “species”.
From invisible microorganisms to large oak trees are indispensable for the ecosystem.


Destruction of the garden ecosystem

If left undisturbed, it takes time, but the garden regains a healthy ecosystem. Artificial structures will eventually decay and grass will grow from asphalt and concrete.
Ancient ruins are also swallowed by the forest, and all that remains is a stone structure, but it will eventually be shaped.

It is human life that prevents this.
An approach is set up in the garden, the terrain is changed, and buds and flower beds are made. Lay out the layout so that humans can use it easily.
Naturally, such a man-made space is a “garden” space, unless it means building a house in nature.
Especially in urban areas, the terrain is systematically created and partitioned by compartments.
The topography is often flat and the neighbors are imminent.
I'm worried if we can create a “small ecosystem” in such an environment.


Reproduction of the garden ecosystem

There is an architectural law called building coverage, no matter how many squares are cut off.
A building cannot be built to fill the entire site. Also, no matter how small, there may be parking spaces, approaches, surrounding buildings, and backyard space.
It means that the soil around the house is left around if the outside construction is not done with the modern construction method.

The bottom of the ecosystem is invisible micro creatures. It is a creature of the world that lives in hundreds of millions and trillions in a scoop of soil. And these micro creatures support the creatures on the ground.
An ecosystem that spreads from the microscopic world can be created by various measures such as soil creation, topography, permeability, and vegetation. That's because what is really important is in the soil and invisible. Sometimes you can see a tree that grows lively through a small gap in the ground. This is because the roots of the tree are supported by invisible creatures.

Parking lots and approaches can also be greened. Although there are plants that are stepped on or walked on, there are plants that are strong against trampling, so if you can plant the whole with such grass, you can plant at most 40% of the site. It is possible to make a three-dimensional greenery by planting the middle-high trees in the vertical direction.
Birds, wingworms, and small animals gather in Nakatakagi, so you can connect to the environment outside the site. A creature has no relation to a compartment. Therefore, each business is carried out, and it is used as a feeding ground.

The activities of creatures other than human beings are all useful for nature. They can't do it if they want to destroy nature. You can only improve nature. That is because they are part of nature and their work is completely natural.


Thank you for reading the third e-mail magazine.

We are in the midst of modern society, and what we call common sense is often derived from “corporate profits”.
I want to sell a lot of “chemicals” in order to maintain the “oil economy”.
Isn't "belief" the programming that the society has done for the masses?
I would like you to remove all the concepts of “this is natural” and think simply.
There is nothing useless in nature. Grass grows because it is necessary, and fallen leaves and dead branches are not “garbage” but important “resources” for soil creation.
I feel that it is insane to pull out the grass, collect the fallen leaves, put them in a plastic garbage bag, collect it with gasoline, burn the fossil fuel and incinerate it.

Next time I would like to deliver it from "How to interact with the environment".

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingersエコアパートプロジェクト
オープンガーデン&スタッフブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM