2019・10 お茶会メルマガ ナチュラルガーデンへの誘い その2 ありのままの自然〜



お茶会メルマガ2回目です。
もう少し「環境」についてお伝えしたいと思いますが、危機感や不安感を持たないよう「ただの情報」として頭の隅に置いておくくらいにしておいてください。
それに執着してしまうとあまり良くないと思いますので「まあ大丈夫だろうけど、ちょっとだけ意識しておこう」くらいで大丈夫ですので、よろしくお願いいたします。


ありのままの自然

【ナチュラル (natural) は、本来は”自然の”や”天然の"など、人の手が入っていないありのままの状態を表す英語の形容詞である。】
ウイキペディアではこういう表現で「ナチュラル」について説明されています。
「kayagreenナチュラルガーデンデザイン工房」という名称も「自然そのもの」の庭を提供したいという思いで名付けています。

「ありのままの自然」とは全てを自然の営みに任せている状態です。
自然はそれ自体が全ての生き物が生の営みを持続させていける「生態系」というシステムを備えたものであり、災害や気候の変動、大陸の移動なども含めた「変化しながら安定している状態」のことを言います。

自然と起きる変化は地球が誕生して以来、今現在もずっと続いています。大陸の移動があり、大気の変化があり、隕石の衝突があり、それに合わせた「生物生態系」をその都度構築していきました。
その間の変化は「自然現象」として起きる変化でした。その変化では生態系は環境の変化に合わせて自在に「生物進化」という方法で対応してきました。


環境の現状と環境変化の原因

現在起こっている環境変化の大きな問題要因として、自然現象による変化ではなく「人類の営み」が自然に与えるインパクトが要因となり、それによって起きている変化があります。

地球温暖化はCO2の過剰な排出が原因で、それによる気候変動は「大陸の砂漠化」「森林減少」「温暖化」「種の絶滅」など様々な連鎖的変化をもたらしています。

森林減少では世界で「1分間に」東京ドーム2個分の森林が消滅しています。
「地球の肺」と言われるアマゾンの熱帯雨林では資源の採取や農地開発によりその15%がすでに失われており、2018年までに日本の国土の1,1倍の面積が消滅し、現在も「1分間に」サッカーコート1.5倍分の面積が失われています。

森林減少がもたらす環境被害として「砂漠化」「水資源の枯渇」「低酸素被害」があります。本来の大気中の酸素濃度は約21%くらいですが、現在、都市部上空で約16〜18%。ここ80万年で0,7%もの減少が確認されています。酸素をエネルギーとして利用している生物は酸素濃度が8%を下回ると生存不可能になります。


汚染問題

現在、人間社会がもたらす環境汚染は「大気」「海洋」「土壌」共に化学薬品、プラスチック、放射能などにより汚染が深刻化しています。

「大気汚染」は車の排気ガス、産業廃棄ガス、化学物質の揮発、放射能の拡散、廃棄物の粉塵化、電磁波など。
「海洋汚染」は農薬の海洋流出、プラスチックゴミ、放射能の流出、産業油の流出など。
「土壌汚染」は農薬の散布、化学肥料の散布、放射能の浸透、微生物の減少など。

汚染問題は現在、様々な環境破壊、健康被害、生態系破壊などの原因になっており、一つ一つ数え上げればきりがないほどです。
「海洋プラスチックゴミ」は年間800万トンに登り、それはジェット機50,000機分にあたります。その量は2050年までに海洋生物の量を上回るとされています。


化学薬品による汚染

庭の施工や管理で一番直接的な問題になるものとして「農薬」や「化学肥料」があります。
殺虫剤はネオニコチノイドなどの問題で話題になりましたが、神経毒であることや、その浸透性、残留性、水溶性などが深刻な問題として取り上げられています。日本ミツバチの大量死がもたらす「種」の絶滅の危機は、ミツバチだけの問題にとどまらず、その影響が懸念されています。

「殺虫剤」「殺菌剤」「殺草剤」は人体への悪影響は当然のことながら、土壌への浸透、残留、河川への流出により、生態系の破壊へと繋がっています。
ネオニコチノイドという神経毒は、その「残留性」「浸透性」「水溶性」が問題となり、水に溶けて深く浸透し、長く残留します。殺虫目的で使用した際に農作物に深く浸透し、それを食べた場合でも、家畜がそれを食べて間接的に摂取した場合でも「残留性」が高いので健康被害につながります。
日本の残留農薬の安全基準はヨーロッパ諸国に比べて種類にもよりますが50倍から100倍の残留農薬があっても安全とされているほど低いのが現状です。

「土壌汚染」については農薬が地面に浸透した時に土の中の微生物を死滅させるという問題があります。
微生物のいない土は、腸内細菌のいない消化器官のように植物にとっては大きな健康被害につながります。
化学肥料は栄養剤やサプリメントのようなもので、人間がそれで健康が維持できないように植物の抵抗力も弱ります。

植物の健康は土の中の微生物が大きく関係しています。微生物は生態系を支える底辺であり、生態系そのものの土台と言えます。


ホームセンターに行くと農薬売り場が入り口の目立つところにあり、多くの殺虫剤や除草剤が売られています。その量には圧倒されます。それだけ需要があるということだと思います。
日本は世界の科学薬品の40%を消費しています。
日本人の人口は世界の約2%です。
どれだけ多くの化学薬品を使っているか、世界比率で比べるとよくわかります。その量は異常と言ってもいい量です。

西洋医学の化学薬品は対処療法でしかありません。副作用も必ずあります。
体質改善や根本的な免疫力をつける方法は民間療法の漢方や食事や環境にあります。
人間の免疫力や抵抗力は癌細胞も押さえつけています。漢方では癌の発症はその免疫力低下によるものだと考えられています。
日々の食生活や接する環境が大きく健康に影響を与えるのです。

最近、健康志向の方や、実際に健康被害に遭われている方々からオーガニックの野菜や食料品、衣服、住宅などが注目を集めています。

暮らし方も多様化し、環境に優しいライフスタイルに切り替える人も多く出てきました。
アンテナを張っていると健康にも環境にも優しい生活ができる選択肢も増えています。
その中で自分に合ったものを無理のないように取り入れてみるといいと思います。


2回目のメルマガを読んでいただきまして、ありがとうございます。
次回は「庭環境でのオーガニック」についてお届けいたします。






This is the second tea party e-mail magazine.
I would like to tell you a little more about the “environment”, but keep it in the corner of your head as “just information” so as not to feel a sense of crisis or anxiety.
If you are obsessed with it, it will not be very good.


Nature as it is

[Natural is an adjective in English that represents the natural state of human hands, such as “natural” or “natural”. ]
Wikipedia explains “natural” in this way.
The name “kayagreen natural garden design studio” is also named with the desire to provide a garden of “nature itself”.

"Natural nature" is a state where everything is left to nature.
Nature itself has a system called “ecosystem” that allows all living creatures to maintain their livelihoods, including “disaster, climate change, and continental movement”. State.

Natural changes have continued since the birth of the Earth. There was continental movement, atmospheric changes, meteorite collisions, and a “bioecosystem” was constructed each time.
The change during that time was a change that occurred as a “natural phenomenon”. In response to these changes, ecosystems have responded freely to changes in the environment using a method called “biological evolution”.


Current state of the environment and causes of environmental changes

As a major problem factor of the environmental change that is currently occurring, the impact of “human activities” on nature is not a change due to natural phenomena, but also the change that is taking place.

Global warming is caused by excessive CO2 emissions, and the resulting climate change has led to various chain changes such as “continent desertification”, “forest depletion”, “warming”, and “species extinction”.

Forest depletion has caused the disappearance of two Tokyo Domes in the world.
15% of the Amazon rainforest, which is said to be the “Lung of the Earth,” has already been lost due to resource extraction and farmland development. The area of ??1.5 times the soccer court is lost "per minute".

Environmental damage caused by deforestation includes desertification, water resource depletion, and hypoxic damage. The original atmospheric oxygen concentration is about 21%, but currently it is about 16-18% over urban areas. A decrease of 0.7% has been confirmed in the last 800,000 years. Organisms that use oxygen as energy become unviable if the oxygen concentration falls below 8%.


Contamination issue

Currently, environmental pollution caused by human society has become serious due to chemicals, plastics, radioactivity, etc. in the atmosphere, ocean, and soil.

“Air pollution” includes car exhaust, industrial waste gas, volatilization of chemical substances, diffusion of radioactivity, dusting of waste, electromagnetic waves, etc.
“Marine pollution” includes agricultural chemical spills, plastic trash, radioactive spills, and industrial oil spills.
“Soil contamination” includes spraying of agricultural chemicals, spraying of chemical fertilizers, penetration of radioactivity, and reduction of microorganisms.

Pollution problems are currently causing various environmental destruction, health damage, ecosystem destruction, and so on.
“Ocean plastic waste” climbs to 8 million tons per year, which is equivalent to 50,000 jet aircraft. The amount is said to exceed the amount of marine life by 2050.


Chemical contamination

“Pesticides” and “chemical fertilizers” are the most direct problems in garden construction and management.
Insecticides have become a hot topic for issues such as neonicotinoids, but their neurotoxicity, penetrability, persistence, and water solubility have been taken up as serious problems. The threat of extinction of the “species” caused by the mass death of Japanese bees is not limited to bees alone, and there are concerns about their impact.

“Insecticides”, “bactericides” and “herbicides” are not only harmful to the human body, but also lead to the destruction of the ecosystem through permeation into the soil, residue, and outflow into rivers.
Neonicotinoid neurotoxin has a problem of “residual”, “penetration” and “water-solubility”, dissolves in water, penetrates deeply, and remains for a long time. When used for insecticidal purposes, it penetrates deeply into crops, and even if they eat it or livestock eats it indirectly, it is highly persistent, leading to health damage.
The safety standards for residual agricultural chemicals in Japan depend on the type compared to European countries, but the current level is low enough to be safe even with residual agricultural chemicals 50 to 100 times.

Regarding "soil contamination", there is a problem that microorganisms in the soil are killed when the agricultural chemicals penetrate the ground.
Soil without microorganisms can cause serious health problems for plants, like digestive organs without enteric bacteria.
Chemical fertilizers are like nutrients and supplements that weaken the resistance of plants so that humans cannot maintain their health.

Plant health is largely related to microorganisms in the soil. Microorganisms are the base that supports the ecosystem and can be said to be the foundation of the ecosystem itself.


When you go to the home center, the pesticide sales office stands out at the entrance, and many insecticides and herbicides are sold. The amount is overwhelming. I think that there is much demand.
Japan consumes 40% of the world's chemicals.
The Japanese population is about 2% of the world.
You can see how much chemicals you use by comparing the ratio in the world. The amount can be said to be abnormal.

Western medicine chemicals are only coping therapy. There are always side effects.
There are folk remedies for Kampo, meals, and the environment to improve your constitution and build your immunity.
Human immunity and resistance also suppress cancer cells. In Kampo, the onset of cancer is thought to be due to a decrease in immunity.
Daily eating habits and the environment in which you interact will greatly affect your health.

Recently, organic vegetables, groceries, clothes, and housing are attracting attention from health-conscious people and people who are actually suffering from health problems.

The way of life has diversified, and many people have switched to an environmentally friendly lifestyle.
With an antenna, there are an increasing number of options for a healthy and environmentally friendly life.
I think that you should try to incorporate the one that suits you so that you don't overdo it.


Thank you for reading the second e-mail magazine.
Next time we will deliver “Organic in the Garden Environment”.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingersエコアパートプロジェクト
オープンガーデン&スタッフブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM