2019・10 お茶会メルマガ ナチュラルガーデンへの誘い その1 現在の地球環境について〜



今月、大阪市のお客様のお庭で小さな「お茶会」を開催させて頂く事になりました。
それに伴い「ナチュラルガーデンへの誘い」と題して、参加される方々にメルマガを配信させて頂いています。
その内容をこの場でもシェアさせて頂きたいと思います。


[2019・10 お茶会メルマガ]

ナチュラルガーデンへの誘い

はじめに
お茶会に向けてメルマガをお届けしたいと思います。
参加していただける方々のみに一斉送信で申し訳ありませんがお届けさせて頂いております。

メルマガはお読みいただいても、お読みいただかなくても大丈夫です。当日お話させていただこうと思っている内容をざっとまとめてありますが、予習の意味はありませんので予備情報にご興味があれば目を通して見てください。

まずはじめにお伝えしたいことは「あらゆるジャッジメントを無くす」ということです。
環境のことやオーガニックへのこだわりの中で「そこにこだわる理由」を説明させていただきますが「今起きている事柄は全てに意味があり、必然である」と思っていますので、今の状況や事実に対して「良い」も「悪い」もないということです。
良い悪いを判断するのではなく、ただニュートラルに事実をお伝えしていきたいと思いますので、受け取り方も「ジャッジメントを外して」受け取っていただけると幸いです。


現在の地球環境について

まずはじめに、現在の我々が置かれている「環境」についてお伝えしたいと思います。

「サスティナブル」という言葉を聞かれたことがあるかと思います。日本語では「持続可能な」というふうに訳されます。
気候変動や環境汚染、人口増加、経済や産業形態など、様々な要素が絡み合い、我々がこのままの生活を維持するのは不可能だと言われています。

2017年、国連のIPPCレポートが人間を含めた約100万種が現在絶滅の危機にあり、様々な要素を鑑み、後戻りできる期限として「このままの生活を続けるのであればその期限はあと約1 2年である」という論文が発表され、22,000人の科学者がそれに署名しています。その内容は、
もし、すぐにでも全ての人間活動をストップしたとしても絶滅への道は避けられないというものです。

現在の地球生態系でいうと、約60%が家畜で36%が人間、野生動物は残りの4%しかこの地球には居ません。

地球温暖化は100年後にはプラス4.8度、CO2は過去に火山爆発の影響で大量の有機ガスが噴出し、気候変動が起き、地球で大量絶滅が起きた時の約300倍の量のCO2を人間活動の中から排出しています。
人口増加に伴い、それらの数値は想像よりも加速するという見解です。

現在、世界中で様々な方面からこうした環境問題への取り組みが行われています。
今世紀末に人類がこの地球から消えてしまわないように「サスティナブルな社会の実現」という目標は今や全人類の目標でもあると言えます。

それに共感し行動を起こすことを選択するかしないかは各個人の自由だと思います。
まずは事実を「知る」
そして可能ならばそのことについて「考える」
そして自らの選択で「行動」する

まだ今、人類はどちらの未来も選択することができます。
「大丈夫だ」と楽観視することは大切ですが、何もしないでも大丈夫なことにはなりません。

今、無理なく自分の出来る範囲で「何かをする」ことが求められています。

現在、庭の管理や造園工事を行う産業も内情は地球環境が「持続不可能」な状態になるような産業であるのが事実です。 農薬の使用や樹木の必要以上の伐採、雑草の根絶、地面の舗装工事、輸入資材の多用、プラスチック製品の多用など、消費と経済を優先させた産業です。
プラスチックフリーなどは現時点ではほぼ不可能な事柄ですが、それでも無理なくやれる事からやっていきたいと思っています。

ご自宅の「庭」という一番身近な自然環境と「サスティナブル」な方法でお付き合いしていただけたらと思います。


初回から少しびっくりさせてしまったかも知れません。
このメルマガは7〜8回くらいに分けてお届けしたいと思っています。
よかったらまたお付き合いください。








This month, a small “tea party” was held in the customer's garden in Osaka.
Along with that, we are distributing e-mail magazines to the participants under the title “Invitation to Natural Gardens”.
I would like to share that content here.


[2019/10 Tea Party Mail Magazine]

Invitation to the natural garden

Introduction
I would like to deliver e-mail magazines for the tea party.
I am sorry to send all of you to the participants by broadcast.

You can read e-mail magazines or not read them. The contents that I would like to talk about on the day are summarized, but there is no meaning of preparation, so if you are interested in preliminary information, please look through it.

The first thing I want to tell you is to “eliminate any judgment”.
I will explain the reason why I am particular about the environment and my commitment to organic matter, but I think that everything that is happening is meaningful and inevitable. There is no “good” or “bad” to the facts and facts.
I would like to convey the facts to the neutral, not judge the good or bad, so I would appreciate it if you could receive it "with no judgment".


1 About the current global environment

First of all, I would like to tell you about the “environment” where we are today.

You may have heard the word “sustainable”. In Japanese, it is translated as “sustainable”.
Various factors such as climate change, environmental pollution, population growth, economy and industrial form are intertwined, and it is said that we cannot sustain this life.

In 2017, about 1 million species including human beings in the United Nations IPPC report are now in danger of extinction. In view of various factors, the deadline for reversing is " The year is published, and 22,000 scientists have signed it. The content is
Even if all human activities are stopped immediately, the road to extinction is inevitable.

In the current global ecosystem, about 60% are livestock, 36% are humans, and the remaining 4% are wild animals.

Global warming will increase by 4.8 degrees in 100 years, and CO2 will be about 300 times the amount of CO2 when a large amount of organic gas has been blown out due to volcanic explosions in the past, causing climate change and mass extinction on the earth. Are discharged from human activities.
The view is that as the population grows, those numbers will accelerate faster than expected.

Currently, various environmental issues are being addressed around the world.
The goal of “realizing a sustainable society” is now the goal of all mankind so that mankind will not disappear from the earth at the end of this century.

I think it is up to each individual to choose whether or not to empathize and take action.
First, "know" the facts
And if possible, “think” about it
And "act" with your choice

Still now, mankind can choose either future.
It ’s important to be optimistic that you ’re okay, but if you do n’t do anything, you wo n’t be okay.

Now, there is a demand for "doing something" as much as I can.

It is true that the industry that manages gardens and landscaping is now an industry that makes the global environment “unsustainable”. It is an industry that prioritizes consumption and economy, such as the use of pesticides, cutting more trees than necessary, eradicating weeds, paving the ground, heavily using imported materials, and heavily using plastic products.
Plastic free is almost impossible at the moment, but I want to do it because it can still be done without difficulty.

I would like to associate with the most familiar natural environment at home, the “garden”, in a “sustainable” manner.


You may have been surprised a little from the first time.
I would like to send this e-mail magazine in 7-8 times.
Please contact me again if you like.

kayagreen

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingersエコアパートプロジェクト
オープンガーデン&スタッフブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM