お庭のメンテナンス@明石市


いつもお世話になっている地元のお客様のお庭のメンテナンスにお伺いさせていただきました。


小さかった木も少しずつ大きくなってきています。
毎年、茂り方も大きくなってきています。



アジサイもしっかりと根付いて勢いを増しています。

若かった木々はだんだんとその場所に馴染み、環境と一体になっていきます。
元々そこにあったかのように、その環境を受け入れていくのだと思います。
植物は動けないので、仕方ないのかも知れませんが、彼らは、その環境の中でいつも最善を尽くしていると感じます。

自分も植物を見習わなければ、といつも思いますが「エゴ」というものが邪魔をして植物のように「全てを受け入れる」という境地にはなかなか至りません。
一つ前に「草について」という記事を書きましたが、書いた途端にずっと何かモヤモヤしていて、やはり取り下げました。
以前の自分なら、あの調子で良かったのかも知れません。でもモヤモヤは治らず、ついにこれは自分の「エゴ」だと感じました。



先ずは全てに感謝しょう!
ありがとうございます。

植物は文句を言いませんからね。ものすごく健気にその場所で最善を尽くします。
本当にそうなんですよね。
「エゴ」は自分と他のものを分けて考える心。
環境破壊に気を揉んでも、オーガニックなスタイルを理解してもらえなくても、それは、他でもない「自分の世界で起こっている事」。
農薬漬けの日本にも感謝。ケミカルな食事にも感謝。環境破壊にも感謝。
いつかそれらは「だいぶ散らかしてしまったし、そろそろ大掃除でもしようよ」と、まるで家の年末大掃除みたいになるかも知れませんものね。

本当に何も不足はないです。自分には足りないものは何も無いと思います。
先ずはそれに感謝。
本当にありがとう。



オーガニックなお手入れは刈り草や剪定枝もなるべく「その場所」に返します。
出来るだけ持ち出さない。
根元に残しておけるものは天然のマルチ材として活かします。こうしてむき出しの土を隠す事で、水分の蒸発を防いだり、紫外線からの保護にもなります。
そして「分解者」のエサとなり、土に漉き込まれ微生物の活動も活発になります。
土壌微生物や菌類が活発になれば土壌の団粒化が促進されて、豊かな野山のように菌類による地中のネットワークが形成されていきます。
たとえ小さな庭であっても、その自然の働きを助けてあげれば、そのネットワークは植物の根と共に形成されていくのです。
たまに小さなキノコなんかが生えてたりしますね。それは土壌が豊かな証拠です。
微生物や菌類と植物は共生という生き方のお手本だと思います。



テラスに絡みついて太陽を求める枝葉は光合成をして酸素を排出します。
どれだけの恩恵を呼吸する生き物は受けているのでしょう。
植物の営みは、それ自体が動物も含めた「全ての命」との共生です。
それを思うと本当に感謝しかありません。
自分は「アホな動物」ですので、つい「エゴ」に埋もれて動物的思考になってしまうのです。気づいたら元に戻す。何度でも。「植物的思考」そういうものがあるなら、それに近づきたいと思います。


そして自分の仕事は、そんな植物と人間の共生をお手伝いする事です。
「庭」という空間を共に共有する。
植物はそこに暮らす人を物理的にも精神的にも助けます。
庭があり、昆虫が居れば、シロアリ、ゴキブリ、ムカデ、毛虫、などのあまり会いたく無い虫達も、ハチ、鳥、トンボ、クモ、カマキリ、アリなど、その天敵となる虫が共生して、結果として家を守ります。
アリは24時間体制でシロアリをパトロールしています。見つかればシロアリはひとたまりもありません。

そして緑は人に癒しを提供してくれます。
酸素は物質的なエネルギーそのものですし、それはまさに人間の精気そのものだと思います。



上手く共生できるように、枝を剪定したり、草を刈って、風や光の通りを良くします。



「循環」は滞らなければ、それぞれの機能が存分に生かされて、それぞれが相互に作用して、個々での機能以上の効果が発揮できるようになります。

体内分泌や血液循環などの「内の巡り」と風や日光などの「外の巡り」は、実はとても関連してるのではないかと思います。
「気の巡り」というものが、そこには深く関係していると思っています。



そういう風に考えながら庭の手入れをしていると、自分の「気の流れ」も整ってくるような気がします。
多分「掃除」と同じような「精神浄化作用」があるのではないかと思います。
庭仕事は大変さもありますが、セルフメンテナンスができるなら是非オススメいたします。



そうやって、自分のメンテナンスもしながら、私も自分の世界をつくっていきたいと思います。
本当は何も心配する必要は無いのかも知れませんね。
自分の中の「灰汁」を出し、こんな物が出てきたと気づき、まだまだだなと感じ、また植物と向き合う。この繰り返しかも知れません。
ちょっとずつでもそうやって成長できれば良いかなと思います。



ああ、本当に不足はない。
何も間違いではない。
変えなければならないものも何も無い。
全ては自分の中にある。

そんな今日この頃でした。






We asked for the maintenance of the garden of local customers who are always indebted.


Small trees are getting bigger little by little.
Every year, the way of thickening is getting bigger.



Hydrangea is firmly rooted and gaining momentum.

The young trees gradually become familiar with the place and become one with the environment.
I think we will accept the environment as if it were there.
Because plants cannot move, it may be unavoidable, but they always feel they are doing their best in the environment.

I always think that I should not follow the plant, but the “ego” gets in the way and it ’s hard to reach the border of “accepting everything” like a plant.
I wrote an article about “grass” a while ago, but as soon as I wrote it, I had something smoky and withdrawn.
I may have been in that condition if I was a former one. However, Moyamoya did not heal and finally I felt this was my “ego”.



First of all thank you all!
Thank you very much.

Plants wo n’t complain. I will do my best in that place.
That's really true.
“Ego” is a mind that separates yourself from others.
Even if you don't care about environmental destruction, you don't understand organic style, it's nothing else that is happening in your world.
I also appreciate Japan with its pesticides. Thank you for the chemical meal. Thank you for environmental destruction.
Someday they'll be like a house cleaning at the end of the year, saying, "I've been a little messed up and I'll do a general cleaning soon."

There really isn't any shortage. I don't think there is anything that I lack.
First of all thank it.
Thank you very much.



For organic care, cut the grass and pruned branches back to “the place” as much as possible.
Do not take out as much as possible.
Anything that can be left at the root will be used as a natural multi-material. By hiding the bare soil in this way, it prevents moisture from evaporating and protects it from ultraviolet rays.
And it becomes the food of "decomposer", and it is swallowed into the soil and the activity of microorganisms becomes active.
When soil microorganisms and fungi become active, soil agglomeration is promoted, and an underground network of fungi is formed like a rich Noyama.
Even in a small garden, if you help the work of nature, the network will be formed with plant roots.
Sometimes a small mushroom grows. It is evidence that the soil is rich.
I think that microorganisms, fungi, and plants are examples of how to live together.



Branches and leaves that are entangled in the terrace and seek the sun photosynthesis and discharge oxygen.
How much benefit do you receive creatures that breathe?
The life of the plant itself is symbiosis with “all lives” including animals.
I really appreciate it.
Since I am an “idiot animal”, I am buried in an “ego” and become animal-thinking. If you notice it, put it back. Any number of times. If there is something like “plant-like thinking”, I would like to approach it.


My job is to help symbiosis between plants and humans.
Share the space of “garden” together.
Plants help people who live there physically and mentally.
If there is a garden and there are insects, insects such as termites, cockroaches, centipedes, caterpillars, etc. that do not want to meet, bees, birds, dragonflies, spiders, mantis, ants etc. Protect your home as a result.
Ants patrol termites 24 hours a day. If you find it, there will be no termites.

And green provides healing to people.
Oxygen is material energy itself, and I think it is exactly human spirit.



We pruned branches and mowed grass to improve the wind and light so that we can live well together.



If the “circulation” is not delayed, each function will be fully utilized, and they will interact with each other, and will be able to exert more effects than individual functions.

I think that the “inner tour” such as endocrine secretion and blood circulation and the “outer tour” such as wind and sunlight are really related.
I think that the “circulation of mind” is deeply related there.



If you take care of the garden while thinking like that, you will feel that your “flow of mind” will be in place.
Perhaps there is a “mental cleansing effect” similar to “cleaning”.
Garden work can be difficult, but we recommend it if you can do self-maintenance.



In that way, I would like to create my own world while maintaining my own.
You may not really have to worry about anything.
I put out my own “ash juice” and realized that something like this came out. This may be repeated.
I think I should be able to grow that way even a little at a time.



Oh, there is really no shortage.
Nothing is wrong.
There is nothing to change.
Everything is in me.

It was around this time today.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingersエコアパートプロジェクト
オープンガーデン&スタッフブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM