剪定仕事@神戸市灘区



神戸市灘区の現場です。

梅雨の晴れ間を見ながら、剪定のご依頼を頂いた現場に3日ほど通いました。
しっかりと造られた日本庭園で、木の数も多く、全てに手を入れる事は出来ませんでしたが、気になる所をお伺いして、ザッと整える、という感じで作業をさせていただきました。



大きな黒松が数本ありますが、今回は「はさみ打ち」という方法で作業をします。松の剪定方法はいろいろありますが、「はさみ打ち」はハサミだけで芽を飛ばしていくやり方です。
丁寧にやろうと思えば、古葉を指先でもみ上げ(取り除く)たりしますが、はさみ打ちはその手前までの作業です。
職人さんによっても技術は様々だと思いますが、私の場合はこの方法が「はさみ打ち」だと考えています。

もう少し「剪定」について掘り下げて考えてみると、「剪定」には大きく分けて二通りのパターンがあると思います。
写真はカイヅカイブキという木ですが、本来、この木は積乱雲の様な渦巻き状の枝ぶりになるのが自然の姿です。
それを意図的に丸く刈りそろえています。
これが一つのパターンです。
もう一つのパターンは「人間の意図」を用いずに木の自然の枝ぶりに合わせて少し手を加える、というやり方です。
どちらが良い、悪いではありません。
「意図的」な剪定技術も職人の技術として、人間が大切に培って来た「技」だと思います。その「想像力」や研究はとても素晴らしいものだと思います。

ただ自分が、ナチュラルやオーガニックにこだわる理由として、木を「自然形」で生かしてやると、「意図的」に管理するよりも、圧倒的に仕事が楽になる、という事があります。
これについては長くなるので、サッと説明すると、「意図的」に手入れされている木は、全体的に、全てに手を入れないと仕上がらない、という事です。
一方、「自然形」の木はどこか一部、あるいは数カ所に手を入れれば仕上がる、という事です。
「自然形」ですので、枯葉や枯れ枝が不自然に堆積する事もなく、自然の雨風に上手く馴染んだ形態で枝葉の機能を発揮できるので、光合成もしやすく、蒸れによる病害虫の発生も少なく、木の健康には一番良いのではないかと考えています。

剪定の話しから、少し脱線するかも知れませが、自然の姿、本来のそのままの姿を、何かに抑圧されずに伸び伸びと表現する事が出来れば、自然に沿った「在り方」ができるようになり、それは自然と環境からその力を借りることになり、自分の力と自然の力との協力で、環境と一番良い関係で「在る」事ができるのではないかと思います。

人間の世界でも「自分らしくある」事はすごく難しいと思いますが、なんとかそれを克服して、自分らしくある事ができれば、それはとても自然で素晴らしい事であり、もしかすると自然も応援してくれるかも知れません。



梅の実を収穫させていただきました。
梅干しはスーパーフードですよね、そして薬でもあります。



剪定もなんとかザッと気になる所をさせていただけたと思います。
お茶やオヤツのお心遣いも、ありがとうございました。
オーガニックにこだわる理由についても少しご理解いただけたかと思います。
アリはどうしたらいいか、というご質問を頂いた時、アリはシロアリの天敵だという事を説明させていただきました。24時間体制で隈なくほとんどの場所を偵察してくれます。
昔の木造住宅は、そんな自然の仕組みとも、上手く手を組んで完成していたのではないかと思います。

庭の事を通じて、いろいろな事に思いを馳せて、お話しができる事を有り難く思います。


何か一つの「気づき」がその次の「気づき」を生むのではないかと考えます。
「自然形」のメリットは人間に置き換えると、「自分らしく生きる」という事になるのかも知れません。
しかし現在、「自分らしく生きている」と言える人はどれくらいいるでしょうか?
自分も含めて、もしかすると、とても少ないかも知れません。
どうして? なぜ?
さらに考えてみると、いろいろな理由や仕組みを知ることにもなり「情報」それ自体にも、確かなものと嘘があると気づいていくと思います。

この社会の構造は、人間が作り上げたものであり、そのシステムは「自分らしく生きる」という人間本来の姿を抑圧するものなのかも知れません。

難しい事を書いてしまいましたが、できれば、少し冷静に、一度考えて頂きたいのです。
庭園管理の常識も、よく考えてみると、現代の社会構造の上に出来上がった「常識」である事に気づくと思います。

人間も自然の一部であるなら、「自分らしい自然な姿」を表現していきたいと願っています。







It is the site of Nada-ku, Kobe City.

I went to the site I received a request for pruning for about 3 days while watching the sunny season during the rainy season.
In the well-built Japanese garden, there were a lot of trees, and I could not put my hand in all, but I asked about the area I was interested in, and I was working in the feeling that I was ready. Yes.



There are a few large black pines, but this time I will work with a method called “scissor strike”. There are various ways of pruning pine, but "scissor hit" is a way to fly shoots with scissors alone.
If you think that you do carefully, you will look up (remove) old leaves with your fingertips, but scissoring is the work up to that point.
I think that the technology is different depending on the craftsman, but in my case, I think that this method is "scissor strike".

If I think about "pruning" a little further, I think that "pruning" is roughly divided into two patterns.
The picture is a tree called Kai-Ki-buki, but it is natural that this tree has a spiral-like branch like a cumulonimbus cloud.
I intentionally cut it round.
This is one pattern.
Another pattern is to add a little hand to the natural branches of trees without using "human intention".
Which one is good, not bad.
I think that "intentional" pruning technology is also a skill that has been carefully cultivated by humans as a craftsman's technology. I think that "imagination" and research are very wonderful.

However, as one of the reasons for me to stick to natural and organic, there are things that when working with trees in "natural form", work is overwhelmingly easier than managing "intentionally".
This is a long time, so to say briefly, "intentionally" the trees that are being cared are generally not finished unless everything is done.
On the other hand, "natural shape" trees are finished if you put your hand somewhere or some places.
Because it is a "natural form", dead leaves and dead branches do not accumulate unnaturally, and since it can exhibit the function of branches and leaves in a form well adapted to natural rain winds, it is easy to photosynthesize and the occurrence of pests and diseases due to steaming is small. I think it is the best for your health.

From the story of pruning, you may derail a little, but if you can express the figure of nature and the original figure as stretching and stretching without being suppressed by something, you will be able to “follow the nature” Then, it comes to borrow its power from nature and the environment, and I think that we can be able to "presence" in the best relationship with the environment by the cooperation of our own power and the power of nature.

Even in the human world, it is very difficult to "be like yourself", but if you can somehow overcome it and do what you like, it is a very natural and wonderful thing, and maybe nature will also support you I do not know.



We harvested plum fruits.
Umeboshi is a super food, and it's also a medicine.



I think that I was able to let you do something about pruning somehow.
Thank you very much for your consideration of tea and tea.
I think I could understand some of the reasons for sticking to organics.
When asked what ant should do, he explained that ant is a natural enemy of termites. They will rectify most of the area 24 hours a day.
I think that the old wooden house was completed well with such a natural mechanism.

I am very grateful to be able to talk and think about various things through the garden.


I think that one "notice" will produce the next "notice".
The merit of "natural form" may be to "live like oneself" when it is replaced by human.
But how many people now say "live like yourself"?
Maybe there are very few, including myself.
why? why?
If you think further, I think that you will also know various reasons and mechanisms, and you will notice that “information” itself has certain things and lies.

The structure of this society is what human beings created, and the system may repress the human form of "living like myself".

I wrote a difficult thing, but if I could, I would like to have you think a little calmly once.
Common sense of garden management thinks that it is noticed that it is "common sense" finished on modern social structure if we think about it carefully.

If human beings are also part of nature, I would like to express "a natural figure like oneself".

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingersエコアパートプロジェクト
オープンガーデン&スタッフブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 風の草刈り図解
    MM (03/18)
  • 風の剪定@神戸市東灘区
    HitomiKuzutani (11/27)
  • 【まち杜の環の活動】街路樹サミット 関西のお知らせと矢野智徳氏コメント書き起こし全文掲載
    栗熊加奈子 (12/13)
  • 【まち杜の環の活動】街路樹サミット 関西のお知らせと矢野智徳氏コメント書き起こし全文掲載
    丹澤 愛継 (12/07)
  • 芦屋市新築植栽と緑化駐車場と水脈整備
    まっこり (06/05)
  • お庭のお手入れで途方にくれている人に
    栗熊 (05/17)
  • お庭のお手入れで途方にくれている人に
    ゆんで (04/30)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    ゆんで (04/22)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    くりくま (04/21)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    ゆんで (04/13)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM