寒肥



2月は寒肥の施肥の季節です。

山では落ち葉や枯れ枝が豊富に堆積し、そこに虫や鳥、イノシシやシカなどの動物の糞尿などが混ざり、豊富な栄養分が供給されて土壌微生物も生き生きと生きづける環境にありますが、都市部の庭では落ち葉も掃除され、草も除草されて捨てられます。
そこの土で育った植物の枯葉や枯れ枝はその場所で土に還ることはほとんどありません。
そういう不自然な環境では、土壌の栄養分が不足し、バクテリアなどの微生物も極端に減少してしまいます。
土壌の微生物は、植物にとっては動物の腸内細菌の様なものです。
微生物がいて、有機物を分解してくれて、はじめて植物はそれを栄養分として体内に吸収できるのです。

そのため都市部のお庭では庭木を健康に維持する為に定期的に有機物を肥えとして補給してあげる事が必要となってきます。微生物に沢山生活してもらえる土壌環境を作るためです。

土壌微生物が生き生きと生活している庭は病害虫にも抵抗性があり、農薬を散布しなくても病気や害虫に負けない環境を維持できるようになります。

kayagreen の寒肥は油粕、骨粉、牛糞堆肥、籾殻クン炭を配合したものを使います。
化学肥料の様に即効性はありませんが、冬の間にじっくり発酵して、新芽が出始める春頃からじんわりと効いてくるような肥料です。
土壌微生物の力を借りて、それを育てつつ、根の周りで長い期間効果を持続させます。

良い庭の条件は、土が豊かである事です。
良い環境とは、豊かな土と清潔な水、太陽の光と爽やかな風がつくります。
そういう環境を庭につくる事が庭師の役目だと思います。

庭が命溢れる環境でありますように。





February is the season of fertilizer application.

On the mountain there are plenty of fallen leaves and dead branches, where insects and birds, animal waste such as wild boar and deer are mixed, abundant nutrients are supplied and the soil microorganisms also live vividly, but in urban areas Fallen leaves are also cleaned in the garden, grass is also weeded and thrown away.
The dead leaves and the dead branches of plants raised in the soil are rarely returned to the earth at that place.
In such an unnatural environment, soil nutrition is insufficient, and bacteria and other microorganisms are extremely reduced.
Soil microorganisms are like animal intestinal bacteria for plants.
There are microorganisms, decomposing organic matter, for the first time a plant can absorb it into the body as a nutrient.
< > For that reason, in the garden of an urban area, it is necessary to regularly supply organic matter as fertilizer to keep the garden trees healthy. It is to make a soil environment where many microorganisms can live.
< > The garden where soil microorganisms live vividly live is also resistant to pests and it will be able to maintain an environment that can not be defeated by diseases and pests without spraying pesticides.
< > For kayagreen's cold farm use oil lees, bone meal, cow manure compost, rice husks kung charcoal mixed.
As with chemical fertilizers, there is no immediate effect, but it is a fertilizer that will ferment drunk slowly during the winter and it will work smoothly from around spring when shoots begin to emerge.
With the help of soil microorganisms, while growing it, we will sustain the effect for a long period around the root.
< > The condition of a good garden is that the soil is rich.
Good environment means rich soil and clean water, sunshine and refreshing wind.
I think that it is the role of a gardener to create such an environment in the garden.

I hope the garden is full of lives.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingersエコアパートプロジェクト
オープンガーデン&スタッフブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 風の草刈り図解
    MM (03/18)
  • 風の剪定@神戸市東灘区
    HitomiKuzutani (11/27)
  • 【まち杜の環の活動】街路樹サミット 関西のお知らせと矢野智徳氏コメント書き起こし全文掲載
    栗熊加奈子 (12/13)
  • 【まち杜の環の活動】街路樹サミット 関西のお知らせと矢野智徳氏コメント書き起こし全文掲載
    丹澤 愛継 (12/07)
  • 芦屋市新築植栽と緑化駐車場と水脈整備
    まっこり (06/05)
  • お庭のお手入れで途方にくれている人に
    栗熊 (05/17)
  • お庭のお手入れで途方にくれている人に
    ゆんで (04/30)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    ゆんで (04/22)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    くりくま (04/21)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    ゆんで (04/13)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM