植栽@西宮市


西宮市の現場です。

西宮市名塩は古くからの集落があり、山奥にもかかわらず、豊かな水源があり地名から天然の岩塩もあったのかと想像します。
人が暮らしていくには良い所だったので、自然と人は集落をつくり山を開墾し田畑に変えたのでしょう。


古い集落から離れた、かつて田畑だった所に新興住宅地は造られます。
田畑は災害の危険が少ない場所につくられます。

人間は安全な場所を本能的にキャッチしてるのだと思います。
山間部の集落では岩盤層の所に集落を形成してる所が多いようで、名塩もそんな感じでした。
岩盤は滅多なことでは動かない、と人々は知っていたのでしょうね。

以前田畑だった所につくられた住宅街は市の政策によって、緑化スペースを確保する事が義務付けられています。
自然保護の一環として街に緑を残すことを義務としているようです。

今回はそんな街に建てられた住宅の庭に新たな植栽をご依頼いただきました。
コンクリートの擁壁に囲まれて建てられた住宅。
斜面地なので自然地形に沿ってつくると平らな場所をつくるには擁壁をつくり人工的に平地をつくる必要があります。
コンクリートはとても便利な素材ですが、問題点としては、人間がやりたいようにその形状をつくり、人工的な環境を自然を切り取って形成していく所にあります。
そうやってつくられた住宅街の木々は、例えば神戸市の場合はそのほとんどが痛んでいます。
害虫が大量に発生して、生態系は機能していません。
名塩の場合、そこは元々深い山岳地形です。
深い谷があり、河川がそれに沿って流れをつくり、安定した地形を維持しています。
新たにつくられた住宅街はそのマイナス部分も元地形によって補われてると感じます。
これだけコンクリートとアスファルトが地表を覆っているのに、各庭の木々は概ね元気ですし、高さ2mのコンクリート擁壁の上につくられた庭でさえ木々は比較的元気に息づいています。

地形落差と安定した岩盤層が人々の生活を支えてくれてる訳です。
擁壁下の緑化スペースに新たにソヨゴ、シマトネリコ、ベニカナメ、ポッププッシュブルブレア、ハイノキ、コンフォスティグマなどを植栽しました。
風になびく繊細な葉っぱの木。
お施主様の要望はそんな感じでした。
そしてその上のお庭部分、東側の勝手口の前に目隠しの生垣が欲しいとご要望がありました。
いろいろ検討した結果、生垣の植物は斑入りのプリペットに決まりました。
植える場所はコンクリートの上に土を入れて、砂利を敷いた場所。
薄い土の上に砂利が敷いてあります。
花壇をレンガやブロックでつくればオシャレですが、植物に過酷です。
植物の根は呼吸しています。プールのような環境に植えるのではなく、呼吸できる環境をつくり、そこに植栽します。
「でっかい苔玉をつくる要領でスペースに合わせた細長くて四角い苔玉をつくり、そこに植栽します。
苔の代わりに今回は姫高麗芝を使いました。
芝生は今後どんどん伸びて砂利にも根を差し込んで放っておけばコンクリート地盤にも豊かな緑化をつくってくれます。

砂利の上に枝を置き、炭を入れて砂を敷きます。その上に赤玉土の大粒を入れ、そこにプリペットを植えていきます。








プリペットも芝生プランターも無事に活着してくれました。

目隠し生垣、いい具合に育ってくれると思います。




< > It is the scene of Nishinomiya city.

Nishinomiya Nation Salt has an old village, imagining whether there was a rich salt water source in the mountains but also natural rock salt from place name.
It was a nice place for people to live, so nature and people would have created a village, cleared the mountain and converted it into a field.
< >
A newly-emerging residential area will be built where it was once a field away from the old village.
The fields are built in places where the risk of disasters is small.
< > I think human beings instinctively catch safe places.
It seems that there are many places where the settlements are formed at the bedrock layer in the mountain village, and the salty was such a feeling.
I guess people knew that rock beds would not move with rare things.
< > The residential area that was formerly a field was obliged to secure a green space according to the policy of the city.
It seems that it is obliged to leave green in the city as part of nature conservation.

This time I asked for a new planting in the garden of a house built in such a city.
Houses built surrounded by concrete retaining walls.
Since it is a sloping ground, it is necessary to make a retaining wall artificially to create a flat ground in order to create a flat space when making along a natural topography.
Concrete is a very convenient material, but as a problem, it is in the place where human beings shape it and want to do it, and form an artificial environment by cutting out nature.
Most of the trees in the residential area that I made are painful, for example in the case of Kobe City.
A large amount of pests occurred, the ecosystem is not functioning.
In the case of salt water, it is originally a deep mountain topography.
There is a deep valley, the river flows along it, maintaining a stable terrain.
I feel that the newly created residential area is supplemented by its original topography.
Even though concrete and asphalt are covering the ground surface by this amount, the trees in each garden are generally in good condition and the trees are relatively vigorous even in the garden built on the concrete retaining wall of 2 m in height.
< > The topography drop and the stable rock formations support the lives of people.
In the green space under the retaining wall, newly planted soyogo, simonnelico, benicakaname, pop push bullblair, hinoki, comfortumma etc.
A delicate leaf tree that flares in the wind.
The owner's request was such a feeling.
And there was a request that you want a blindfolded hedge in front of the garden part on that, in front of the doorstep of the east side.
As a result of various considerations, the hedge's plants were determined as variegated pre-pets.
Place to plant is a place putting soil on concrete and spreading gravel.
Gravel is spread over thin soil.
It is fashionable if you make a flower bed with bricks or blocks, but it is harsh for plants.
The root of the plant is breathing. Instead of planting in an environment like a pool, we create a breathable environment and plant it there.
"Create a long and square square moss ball that matches the space in a way to make a huge moss ball and plant it there.
In this time I used Hime Takanori in place of moss.
The lawn grows steadily and builds a rich greenery on the concrete ground if you put roots in gravel and let it go.
< > Put branches on the gravel, put charcoal and lay sand. Place the large grain of Akadama soil on it and plant the pre-pet there.
< >
< > < > < > < >
< > Both the pre-pet and the lawn planter were successfully revitalized.

Blindfold hedge, I think that it grows up in good condition.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingersエコアパートプロジェクト
オープンガーデン&スタッフブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 風の草刈り図解
    MM (03/18)
  • 風の剪定@神戸市東灘区
    HitomiKuzutani (11/27)
  • 【まち杜の環の活動】街路樹サミット 関西のお知らせと矢野智徳氏コメント書き起こし全文掲載
    栗熊加奈子 (12/13)
  • 【まち杜の環の活動】街路樹サミット 関西のお知らせと矢野智徳氏コメント書き起こし全文掲載
    丹澤 愛継 (12/07)
  • 芦屋市新築植栽と緑化駐車場と水脈整備
    まっこり (06/05)
  • お庭のお手入れで途方にくれている人に
    栗熊 (05/17)
  • お庭のお手入れで途方にくれている人に
    ゆんで (04/30)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    ゆんで (04/22)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    くりくま (04/21)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    ゆんで (04/13)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM