環境について 環境を読み解く エネルギーと空気と水の循環、その法則 Relation and circulation of energy, air and water, its law

環境を読み解く

エネルギーと空気と水の関係と循環、その法則


空気と水は生物の基本的なエネルギー源であり、あらゆる生命の命をつなぐ「脈」となる物質です。

空気と水が「循環」することにより、生命は命を繋ぎます。

循環が滞った環境では生命の息づきは大きく阻害されます。 命のエネルギーはとても強いものですが、循環が滞った環境では、その本領を発揮する間も無く、エネルギーは減少します。

本来、命は輝くべきものであるのに、その「本領」を発揮できないのです。

「輝く命」とは、驚くべき「蘇生能力」や「治癒力」「互いを生かす能力」「バランス維持能力」などを有し、「循環する環境」の中でのみ、その命の輝きを最大限発揮します。

逆境の環境の中でも、命は自らの「意志」と「エネルギー」で環境を改善しようと努めます。その挑戦は、エネルギーが続く限り「生命の営み」として続けられます。

エネルギーは、他のエネルギーと連動し、大きなエネルギーを生み出す場合があります。植物の根が、人工構造物にインパクトを与え、土圧や水圧がそれに重なって大きなエネルギーとなり、人工構造物を破壊する、といったようなエネルギーです。

人間でいえば、逆境に「意志」と「気力」で立ち向かう時、その気力を他のエネルギーが後押しするような感じです。

それらは「連動するエネルギー」であり、それはエネルギーの基本的な性格だと考えます。先の「連動するエネルギー」の項で述べたように、「連動」は循環によって引き起こされ、個々のエネルギーを補助したり、目的が同じであれば「協力」しあいます。

「協力」しあったエネルギーは、「流れ」そのものとなり、それぞれの「脈」(流れ)を形成して「循環」をさらに促します。

流れ始めたそのエネルギーは、環境が「安定」するまで「変化」し、地形と環境が安定すると循環機能を保ったまま「ネットワークの構築」に取り掛かります。

植物の根や菌糸、バクテリアなどのネットワークは、環境の安定と循環を維持するように広がり、その広がりは、正に網の目のように地下環境の中に形成されて行きます。土壌の団粒化をはじめ、その「生きた環境整備士」たちは、動植物が心地よく生きる環境を目指し、協働して環境を「創造」して行くのです。

その「創造」は、連動する関係性が多岐にわたる、人知を超えた複雑なシステムです。人間がそのシステムを創造することは不可能です。

自然が創造する環境は、どこにも人の手が加えられる余地のない、完成された環境です。





その環境を人工的に変えることにより、「循環の停滞」と「生態系ネットワーク」の分断が生じます。

それらを引き起こす原因は、地形の人工的変化と、都市開発のコンクリート化によるものです。

地形を変え、循環経路を変え、雨の浸透能力を阻害する都市づくりは、地下水脈の循環機能を低下させています。

「水」と「空気」という物質は生命のエネルギーであると同時に、「物質循環の主役」であると言えます。

空気を構成する物質は水の中に溶け込み、水も空気の中に混じり、お互いがお互いの特徴を有した、いわばパートナー的なつながりです。

生命の源であり、生命を構成する最重要物質です。ちなみに人体の約50〜70%が「水」で構成されています。そして酸素をエネルギーに変えて活動します。

水や大気が汚染され、その循環が阻害された環境では、その恩恵にあずかる生き物すべてが、エネルギーの健全な発揮ができない状態にあるとも言えます。

水と空気の健全な循環を取り戻すことが、健全な自然環境を取り戻す最短ルートであると考えます。
その方法は多岐にわたり、その場所に見合った適切な対応が必要です。
現代の建築技術を用い、研究を深めて行けば、自然地形を生かした都市づくりや、人口地形への循環機能の再生も可能ではないかと考えます。


「月の引力と循環の関連性」についても考察しなければいけません。このことは地球の自然のバイオリズムと大きく関連しており、生命のバイオリズムとも大きく関連しています。

「引力」はエネルギーそのものであり、その影響力は潮の満ち引きと同時に陸の空気と水にも影響します。「月の引力」が地球の循環エネルギーを根本的に支え、地球自身の引力が「元循環」のエネルギーを支えていると考えます。

月の引力がなければ、地球の「空気と水の循環機能」はもっと小規模であると予測します。そして月の公転はその引力で「満遍なく地球の内部をかき回している」状態をもたらしています。

水と空気の循環に、星の引力は大きな関わりと影響力を持っているのです。

「水」と「空気」「エネルギー」はともに関連し、循環という「法則性」を生み出します。「バイオリズム」です。

その「法則性」には一定のパターンやリズムが含まれ、時間軸の方向性を持ち、変化しながら安定しています。

このリズムやパターンをうまく汲み取り、読み解いていくことで、その場所の「時間軸での方向性」と「向かう速度」や問題点が読み取れます。傷んでいる環境の場合、このリズムや法則性が失われている場合もあり、その場合はその法則性の復旧から始める必要があります。

「自然の法則性」は「循環機能」であり、「バイオリズム」であり、「生命の輝き」です。






Understand the environment

Relation and circulation of energy, air and water, its law



Air and water are the basic energy sources of living things, a substance that becomes a "pulse" connecting the life of every life.

By "circulating" air and water, life connects life.

In the environment where the circulation is stagnant, the breathing of life is greatly hindered. The energy of life is very strong, but in an environment where the circulation is stagnant, energy decreases without exercising its essence.

Originally, life is to shine, it can not exercise its "genuine".

"A shining life" has amazing "resuscitation ability", "healing power", "ability to make use of each other", "balance maintenance ability", etc., and only in the "circulating environment" I will demonstrate it.

Even in adversity environments, life strives to improve the environment with its own "will" and "energy". As long as energy continues, that challenge can be continued as "the way of life".

Energy works in conjunction with other energies and can generate significant energy. The root of the plant gives an impact on the artificial structure, the soil pressure and water pressure overlap with it and become a large energy, destroying the artificial structure.

Speaking of humans, when confronting adversity with "will" and "energy", it seems that other energy boosts its energy.

They are 'interlocking energy', which is the fundamental character of energy. As mentioned in the "Energy associated with" section above, "interlocking" is caused by circulation, supplementing individual energy or "cooperating" if the purpose is the same.

Energy that was "cooperated" becomes "flow" itself, forming each "pulse" and encouraging "circulation" further.

The energy that began flowing "changes" until the environment becomes "stable", and when the topography and the environment stabilize, we will start on "building the network" while maintaining the circulation function.

The network of plants' roots, hyphae, bacteria, etc. spread to maintain the stability and circulation of the environment, and its spread is formed in the underground environment just like a net eye. Besides making soils agglomerate, the "living environment mechanicists" aim to create an environment where animals and plants can live pleasantly and collaborate to "create" the environment.

That "creation" is a complex system that goes beyond human knowledge, which has a wide variety of interrelated relationships. It is impossible for humans to create that system.

The environment created by nature is a perfect environment where there is no room where human hands can be added anywhere.



By artificially changing the environment, division of "stagnation of circulation" and "ecological network" will occur.

The reason for causing them is due to the artificial change of the terrain and concrete formation of urban development.

Changing the topography, changing the recycling path, and creating urban areas that impede the ability of rain to penetrate, we are degrading the circulation function of the underground water line.

The substance "water" and "air" is both the energy of life and at the same time it can be said to be the "leading role in material cycling".

Materials constituting air are dissolved in water, water is also mixed in the air, and each other has a mutual characteristic, that is, it is a partner-like connection.

It is the source of life, the most important substance constituting life. Incidentally, about 50 to 70% of the human body is composed of "water". And we turn oxygen into energy and act.

In an environment where water or air is polluted and its circulation is hindered, it can be said that all living things that benefit from it are in a state where it is not possible to demonstrate sound healthy.

I think that regaining the healthy circulation of water and air is the shortest route to regain healthy natural environment. The method is diverse and it is necessary to respond appropriately to the place.



We must also consider 'relevance of moon attraction and circulation'. This is greatly related to the natural biorhythm of the earth, and it is also greatly related to the biorhythm of life.

"Gravity" is the energy itself, its influence affects the air and water of the land simultaneously with the tide fullness. I believe that "gravity of the moon" fundamentally supports the circulation energy of the earth and the gravity of the earth itself supports the energy of "former circulation".

Without the attraction of the moon, we predict that the "circulation function of air and water" of the earth is smaller. And the revolution of the moon brings the state "with evenly stirring the inside of the earth" by its gravity.

In the circulation of water and air, the attraction of stars has great involvement and influence.

"Water", "Air" and "Energy" are both related and create a "rule of law" called circulation. It is "biorhythm".

The "rule of nature" includes certain patterns and rhythms, has directionality on the time axis, and is stable while changing.

By successfully drawing out this rhythm and pattern and reading it out, you can read the "time directional directionality" and "heading speed" of the place and the problem. In the case of a damaged environment, this rhythm and the law are sometimes lost, and in that case you need to start with the restoration of that rule.

"Law of nature" is "circulation function", "biorhythm", "shine of life" is.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingersエコアパートプロジェクト
オープンガーデン&スタッフブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 風の草刈り図解
    MM (03/18)
  • 風の剪定@神戸市東灘区
    HitomiKuzutani (11/27)
  • 【まち杜の環の活動】街路樹サミット 関西のお知らせと矢野智徳氏コメント書き起こし全文掲載
    栗熊加奈子 (12/13)
  • 【まち杜の環の活動】街路樹サミット 関西のお知らせと矢野智徳氏コメント書き起こし全文掲載
    丹澤 愛継 (12/07)
  • 芦屋市新築植栽と緑化駐車場と水脈整備
    まっこり (06/05)
  • お庭のお手入れで途方にくれている人に
    栗熊 (05/17)
  • お庭のお手入れで途方にくれている人に
    ゆんで (04/30)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    ゆんで (04/22)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    くりくま (04/21)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    ゆんで (04/13)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM