感謝


写真は4月の山梨県、大月ピラミッドセンターからの景色です。

確か、12方位の神様が祀られている場所です。

「私的雑感」というカテゴリーの中で、この記事を書かせていただいています。
なので「私ごと」ではございますが、ご報告させてください。

病が治りました。
正確には、昔患った肺塞栓症による血栓が無くなってた、と検査でわかりました。
34歳の時に肺塞栓症になり、だんだんしんどくなって行くのですが、仕事を休めず、無理をしていたらある日倒れました。
その時は立ってたので、部屋のガラス戸に突っ込んで、そのまま玄関のコンクリート土間に頭から倒れました。
少し気を失っていましたが、気づいて携帯で実家に連絡し、救急車を呼んでもらいました。
それから、次に気づいたら病院のベットの上にいました。倒れてから2週間経っていました。

肺に血栓が詰まり肺機能停止になったのです。
倒れた時は肺の80%が機能していませんでした。
それから徐々に肺と心臓が機能を停止して(循環が止まるので動けない)、 最後の3〜4日は集中治療室で人工心肺装置に繋がれ、生死をさ迷いましたが、期日(人工心肺装置の装着は感染症の恐れがあり、3〜4日が限度)最後の日奇跡的に今まで効かなかった血栓を溶かす薬が効き始め、肺と心臓が勝手に動き始め、一命をとりとめました。
その時に左足にできていた血栓が無くなってた事が、今日の検査でわかりました。
血液サラサラの薬を毎日飲んでましたが、「再発のリスクを覚悟してるのであれば」という事で、自己責任で飲まなくて良くなりました。
お医者さんも「薬を飲みたくない」という僕の意思を尊重してくれました。
いきなり死ぬかもしれませんが、その時はその時です。

「いきなり倒れるかもしれない」とお医者さんから言われた瞬間はドキッとしましたが、すぐに「そんな死に方があるならめっちゃラッキー!」と思いました。
ポックリいけそう(笑)
誰だっていつかは死にます。
だから今が大切。

「大地の再生」に出会えて、矢野さんとお会いして、空気の視点を学び「命を育む」事を「日常化」(僕は自分の命を育むことを日常化しています)していたら病院と薬から自由になれました。
「命」は自分のでも他の「命」でも、育めば、育まれるのだとわかりました。
石油経済が終わったら「血液サラサラ薬」も無くなるし、そうなったら1週間くらいで死ぬかな、と思ってましたが、
大丈夫みたいです。
ありがとうございます。

私ごとですが、皆さんに感謝したくて、書かせていただきます。

ぼくは今、すごく人生が楽しいです。
いろんな事から自由になって行きます。
本来「嫌な事はできません」が、「お金」から自由になれたし、一気に「命も自由」になりました。
実はもっと前からだったのかもしれませんが、矢野さんと空気の視点がそのトリガーになりました。

「確認!」
「願いは叶う」事も実感しました。
願いとは、そう決める事です。
「こうなるぞ」と決めるんです。
そうすると宇宙はそう動き始めるんです。
僕の願いは「病の完治」。叶いました。
The picture is the view from Yamanashi Prefecture, Otsuki Pyramid Center in April.
Indeed, it is a place where 12 gods are enshrined.
I am writing this article in the category of "private feeling".
So, although it is "every me", please let me report.
The disease has healed.
To be exact, the test found that thrombus caused by pulmonary embolism which had been suffered in the past has disappeared.
I became pulmonary embolism at the age of 34, and it gradually got tired but I could not stop working, but I had collapsed a day when I was unreasonable.
Since I was standing at that time, I thrust into the glass door of the room and fell down from the head to the concrete ground of the entrance as it was.
I was a little distracted, but I noticed, contacted my parents house on my mobile phone and asked for an ambulance.
Then, when I noticed next time I was on the bedside of the hospital. It has been two weeks since collapsing.
The thrombus was clogged in the lungs and the lung function stopped.
When collapsing 80% of the lungs were not functioning.
Then the lungs and the heart gradually stopped functioning (the circulation stopped, so it can not move), the last three to four days were connected to the heart-lung machine in the intensive care room, and the life and death wandered, but due date The wearing of the cardiopulmonary device has a fear of infection and it is limited to 3 to 4 days.) Last day miraculously the medicine which melts thrombus which did not work up until now began to work, the lung and the heart started to arbitrarily move, I found it.
Today 's examination showed thrombus was lost at that time at the left foot.
I drank blood medicine medicine everyday, but I was better without drinking at my own risk by saying "If I am prepared for the risk of recurrence."
The doctor also respected my intention of "I do not want to take medicine".
It may suddenly die, but that time.
The moment that the doctor told me "I might collapse suddenly," I was thrilled, but immediately I thought "If there is such a way to die, I am very lucky!"
It seems like I can go picky (lol)
Everyone dies someday.
So now is important.
When I met "Playing the Earth" and seeing Yano, I learned the perspective of the air and had to "live life" to be "everyday" (I am doing my life routinely) I got free from hospital and medicine.
I realized that "life" is nurtured if you nurture it either by yourself or by other "life".
When the petroleum economy is over, "blood thalassara medicine" also disappears, and thought that it would die in about a week when that was the case, I am looking for it.
Thank you very much.
Although I am with everything, I want to thank you and write it.
I am enjoying life a lot now.
I will become free from various things.
Originally "I can not do something disgusting", but I became free from "money", and at a stroke it became "life free."
Actually it may have been a while ago, but Mr. Yano and air point of view became the trigger.
"Confirmation!"
I also realized that "a wish will come true".
Wishes are so decisions.
I decide to "I will become like this".
Then the universe begins to move. My wish is "complete recovery of illness".
It came true.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingersエコアパートプロジェクト
オープンガーデン&スタッフブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM