風の草刈り@姫路





Wind mowing "When grass is cut down where the wind scrapes, I think that the grass was scraped by the power of nature, change my root to a thin root,"
evolve "to adapt to the environment.
When we are doing "wind weed cutting"
several times a year, the grass feels that this place is the place where the strong wind blows regularly, and we will respond to that environment. That's why the grass does not run.
This place in Himeji city is a landfill for sea.
It is the place where the land was filled with concrete on all sides.
Naturally it is clogged and the pine planted like a windbreak forest is considerably sore.
The ivy of Kuzen rushed, showing a clogged expression.
I entered the mowing of the wind once in the summer of last year, but for various reasons I entered the wind cutting again for the first time in a year.
Changes from last year, as usual, there are many scarlets of kudzu, but there were things that Awadashita became conspicuous, that mugwort became more and there were clover communities.
Yoshi (Asi) naturally grows like Yoshihara in a place with poor ventilation on the north side.
Yoshihara originally is easy to deposit mud, it is a good place to live for aquatic organisms, there is also a purification action.
Natural Yoshihara was a natural filtration device that lived in a large number of degraded bacteria and had the function of biological filtration.
Yoshi was also widely used in daily life, such as reeds, and had a close relationship with human society.
Unfortunately, this place was constructed with a U-shaped side groove on the asphalt road, and the pooling water was corrupt. I'd like to divide the side groove.
Yoshi grows vigorously even in such places, extending the rhizomes. It is rampant because it is clogged, but thanks to the inhabitants of this reed, "corruption" is suppressed and the "cleansing action" which promotes "fermentation" continues, but "corruption"
It plays a role for not proceeding beyond.
"Mowering the wind" is a technique to evolve the grass, making it easier for human beings and grass to coexist.
It can be said that it is the first step of "coexistence", not fighting the environment.
In the environment where the grass "evolved", as a result of the evolution of the human consciousness that manages that, I think that "the environment of coexistence" is completed.
"Evolution of consciousness" directly influences "the evolution of the environment" and creates "environment of coexistence".
"Environment" and "consciousness".
This current environment of the earth is also the environment created by "human consciousness".
If you want to change "environment",
change your consciousness (evolve).
If we can "evolve" our "consciousness",
"environment" can be changed.
It may be a trigger to greatly change "society" and human relations.
"Economy" may be changed, too.
It can be said that "environment", "society" and "economy" change as much as possible depending on human consciousness.
It is hard to change someone's consciousness, but "to evolve my consciousness" may be unexpectedly difficult.
If humans living in this star can make everyone "evolve" consciousness, the environment may actually be changed very easily.


「風の草刈り」風が削ぐところで草を刈ると、草は自然の力で削がれたと思い、自らの根を細根に変え、環境に対応できるよう「進化」します。
年に何度か「風の草刈り」をやってると、この場所は強風が定期的に吹く場所なのだと、草が感じ、その環境に対応していくのです。だから草が暴れなくなるのです。

姫路市のこの場所は、海の際の埋め立て地です。
四方をコンクリートで固めて、埋め立てた場所です。
当然詰まってますし、防風林的に植えられた松はかなり痛んでます。
クズの蔦がはびこり、詰まりの表情を見せていました。
去年の夏に一度、風の草刈りに入りましたが、諸事情で1年ぶりにまた風の草刈りに入りました。
去年との変化は、相変わらずクズの蔦が多いですが、アワダチソウが目立つようになってきた事と、ヨモギも多くなってきていること、クローバーの群落もありました。
北側の風通しの悪い場所はヨシ(アシ)が自生しヨシ原のようになっています。
ヨシ原は本来、泥が堆積しやすく、水性生物の格好の住処となり、浄化作用もあります。
天然のヨシ原は分解者のバクテリアが多く生息し、生物濾過の機能を有した、天然の濾過装置だった訳です。
ヨシはまた、葦簀など、生活にも広く利用され、人社会とも深い関わりを持っていました。

この場所は、残念ながらアスファルト道路にU字側溝が施工され、溜り水が腐敗していました。側溝を割りたいくらいです。
そういう場所でもヨシは勢いよく成長して、地下茎を伸ばしています。詰まっているので暴れていますが、このヨシが生息してくれているおかげで、「腐敗」も抑えられ「醗酵」を促進する浄化作用とのせめぎ合いは続いていますが、「腐敗」がそれ以上進まないための役割りを担ってくれています。

「風の草刈り」は草を進化させて、人間と草との共存をしやすくする術です。
環境と戦うのではなく、「共存」する第一歩だとも言えます。
草が「進化」した環境は、そこを管理する人間の意識の進化がもたらされた結果、「共存の環境」が出来上がるのだと思います。
「意識の進化」は「環境の進化」に直接影響して、「共存の環境」を創り出します。
「環境」と「意識」。この今の地球の環境も人間の「意識」が創り出した環境です。
「環境」を変えたければ、自分の「意識」を変える(進化させる)ことです。
自分の「意識」を「進化」させる事ができれば、「環境」は変えられます。
「社会」や人間関係も大きく変えられるきっかけになるかもしれません。「経済」も変えられるかもしれません。
「環境」と「社会」と「経済」は、人間の「意識」次第でいくらでも変化するという事だと言えます。


誰かの意識を変えるのは大変ですが、 「自分の意識を進化させる」事は案外難しい事ではないかもしれません。

この星に住む人間が、皆んなが「意識」を「進化」させることができれば、環境は実はすごく簡単に変えられるのかもしれません。(の)

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingersエコアパートプロジェクト
オープンガーデン&スタッフブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 風の草刈り図解
    MM (03/18)
  • 風の剪定@神戸市東灘区
    HitomiKuzutani (11/27)
  • 【まち杜の環の活動】街路樹サミット 関西のお知らせと矢野智徳氏コメント書き起こし全文掲載
    栗熊加奈子 (12/13)
  • 【まち杜の環の活動】街路樹サミット 関西のお知らせと矢野智徳氏コメント書き起こし全文掲載
    丹澤 愛継 (12/07)
  • 芦屋市新築植栽と緑化駐車場と水脈整備
    まっこり (06/05)
  • お庭のお手入れで途方にくれている人に
    栗熊 (05/17)
  • お庭のお手入れで途方にくれている人に
    ゆんで (04/30)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    ゆんで (04/22)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    くりくま (04/21)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    ゆんで (04/13)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM