蘇生と自立の庭


明石市O様邸です。

実はお友達です。
小学生の息子ともお友達です(笑)
僕のことを「のぶ」と呼び捨てにします(笑)
なかなか、生意気なやつです。

お母さんは、「重ね煮」のプロ。
その他にも、いろいろな自然に寄り添った生き方をされている方です。
お家も天然無垢なんですよ。


今回の依頼は「木を植えてほしい」とのことでした。

つい最近、ご主人が亡くなり、息子と二人、新たな出発。
さらなる飛躍と、ゆるぎない決意で前進するための、家族を守る庭にするための、木の植栽でした。


元々あった木は、アオダモ、モミジ、ヤマボウシ、あと以前植えさせてもらったミツバツツジ、草花いろいろ。

今回植えたのは、シャリンバイ、アセビ、シラカシ、ユズ、キンカン、キンモクセイ、トキワマンサク、ギンバイカ。
固い地面、2トンユンボでも手こずる固さ、
地形造成をして、庭の中に最大1.5m〜2mほどの地形落差をつけて、庭の中に「プチ山岳地帯」を作りました。
ミクロとマクロの世界です。

山地形をぐるりと谷地形で囲み、谷地形の中に点穴を掘り、縦方向に「空気」と「水」の循環ができるように造成しました。
明石川流域なんですよね、豊かな水量です。
水脈も確実です。
固い地面をほぐして、ここは!と思う所に点穴を掘り、それを線で繋げていく。
師匠に教わったように、点を線で結び、線を立体にして行きます。
山岳地帯ができました。

ミニチュアの山岳地帯は雨に削られて川が出き、凸凹にしておいた所に雨が溜まり池や湖ができるでしょう。
仕上げは自然にお任せします。
人と自然が共同作業で作る庭です。

「地球の彫刻」と師匠は教えてくれましたが、風や空気になったつもりで、「空気地形」を作って行きます。
ぶっ飛んだ話しなんですが、マジなんです。


「木のネットワークづくり」これは最近知りましたが、木と木は「会話」してるらしいです。
科学者の方が大学で、科学的発表をされてました。

科学者によると、炭素や栄養、情報などを「交換」してるらしいです。
びっくりですよね。
さらに、親子の関係では、「試練に負けない方法」を「情報」として「交換」してるらしいです!
ネットワークは巨木や大木などの「コア」となる木からクモの巣のようにネットワークを張り巡らし、森全体が一つの生命体のように、繋がって行くようです。


彼らはこの場所の新たな住まい手となって、人間の家族とも上手くやって行ってくれるでしょう。

この場所に住む人間は、いい人たちです。
君たちはラッキーだったね!
農薬もまかれないし、草もむしられない。
それどころか、デコボコも不便な溝もオッケーだって!

ほんと、そうなんですよ。
こんな溝、不便ですよね。
でも、ここに住まう植物のために、人間が譲れるところは、できるだけ譲って、庭でも、自然との共生をして行く!
と、心に決めた人たちです。

友だちながら、あっぱれです。
「心を決めた」と言ってました。
僕も最近「心に決めた」と言いました。

心さえ決まれば、願いのほとんどは叶ったようなものです。
あとは「行動」「実践あるのみ」。
日常化、お願いしますよ。


It is Mr. O's House in Akashi-shi.
Actually he is a friend.
I am also a friend of my elementary school son (laugh)
I will forsake me as "nobu" (laugh) It is quite a cheeky guy.
Mom is a professional of "superimposed boiled".
Besides, I am a person who is living a way of living close to various nature.
The house is innocuous.
The request of this time was that "I want you to plant trees."
Just recently, my husband died, my son and two, a new departure.
It was planting trees to make it a garden to protect the family, to make further progress and a steadfast decisive step forward.
Originally there were Aodamo, Momiji, Yamaibashi, Mitsuba azalea that was planted before, various kinds of flowers.
This time I planted Sharin Bai, Asebi, Shirakashi, Yuzu, Kumquat, Kinmokusei, Tokiwamansaku, Ginkgo.
Rigid ground, hardness which is daunting even in 2 ton Yumbo, Making the topography, I made a topographic drop of about 1.5 m - 2 m in the garden, and made "Petit Mountains" in the garden.
It is the world of micro and macro.
We surrounded mountain topography by valley topography, digging a drill hole in valley topography, and made to circulate "air" and "water" in the vertical direction.
It is the Akashi River basin, is the rich water volume.
Water veins are also certain.
Unravel the hard ground, here! I dig the drill where I think, and connect it with a line.
As taught by the teacher, we connect the dots with a line and make the line three-dimensional.
A mountainous area has been created. The mountainous areas of the miniature will be scraped by rain and a river will come out, where rain will accumulate and ponds and lakes will be made.
I will leave the finish to nature.
It is a garden that people and nature make in collaboration.
"The sculpture of the earth" and the teacher taught, I will make "air terrain"
with the intention of becoming wind and air.
I talked about it, but it is serious.
"Creating a network of trees" I recently learned about this, but it seems that trees and trees are "talking".
Scientists were at the university, scientific announcements were made.
According to scientists, they seem to "exchange" carbon, nutrition, information, etc.
I am surprised.
Furthermore, in relation between parents and children, "seems to be" exchanging "a method which does not defeat the trial" as "information"!
The network seems to connect the network like a spider web from a tree which becomes "core" such as big trees and large trees, and the whole forest connects like one life form.
They will be new residents of this place and will do well with the human family.
Humans who live in this place are good people.
You guys were lucky!
Agricultural chemicals are not sacrificed, and grass can not be punished.
On the contrary, the inconvenient grooves are ok too!
Really, it is.
Such a groove, it is inconvenient.
But for the plants that live here, where we can concede, we will give way as much as possible, and in the garden, we will coexist with nature and go!
And those who decided in mind.
As a friend, I'm pleased.
He said "I decided my mind."
I recently said "I decided to my heart."
If you decide your mind, most of your wishes come true.
The rest is "action" "only with practice".
Everyday, please do.

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingersエコアパートプロジェクト
オープンガーデン&スタッフブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 風の草刈り図解
    MM (03/18)
  • 風の剪定@神戸市東灘区
    HitomiKuzutani (11/27)
  • 【まち杜の環の活動】街路樹サミット 関西のお知らせと矢野智徳氏コメント書き起こし全文掲載
    栗熊加奈子 (12/13)
  • 【まち杜の環の活動】街路樹サミット 関西のお知らせと矢野智徳氏コメント書き起こし全文掲載
    丹澤 愛継 (12/07)
  • 芦屋市新築植栽と緑化駐車場と水脈整備
    まっこり (06/05)
  • お庭のお手入れで途方にくれている人に
    栗熊 (05/17)
  • お庭のお手入れで途方にくれている人に
    ゆんで (04/30)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    ゆんで (04/22)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    くりくま (04/21)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    ゆんで (04/13)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM