水脈整備@明石市


明石市O様邸です。

お庭の畑部分と高木、中低木の通気水脈整備をしました。
転圧機により、カチカチになっている地面を掘ってみると、写真のようなグレイの地層が表層10センチくらいの所で出てきました。
この地層はグライ土壌といって、空気や水が停滞し、有機物などが嫌気発酵による有機ガスを発生させる土壌です。

その畑の周りに先ずは横溝を掘っていきます。

ぐるりと畑を囲むように溝を掘ります。
道路沿いの擁壁の側にも溝を掘ります。

この横溝の高低差で空気が動き硬い土壌を全部耕さなくても時間と共に空気が動き、柔らかい土壌に変わっていきます。

高木の根の周りには更に縦穴も掘っていきます。

横溝の要所、要所にも縦穴を掘ります。

この横溝と縦穴の効果で停滞していた空気と水が地下の水道と連携して呼吸のできる土壌へと変化して行きます。

畝の谷間にも縦穴を掘ります。

こうやって網の目のように横溝と縦穴を連携させていきます。

畑の周りにぐるりと施工しました。

その横溝に枝や葉っぱを水が置いていくように、自然がやるように置いていきます。
泥こしと溝の安定のためです。

縦穴には節を抜いた竹や枝を入れます。これも泥こしと穴の安定のためです。

もともと少し粘土質のこちらの土壌ですが、粘土は空気と水が循環すると肥沃ないい土壌になります。
まさに畑にはもってこいの土壌です。

空気と水が循環することで、土の団粒化が進み、細根が発達し、呼吸できなくて喘いでいた植物達がみるみる元気になっていきます。

そうやって元気な根になっていくと、多少の虫害や感染症などの病気にも耐性を持つようになって、農薬など使わなくてもいいお庭になっていきます。

また、お庭の環境が良くなると、建物やそこに住まう人にもよい影響を与えます。
建物が長持ちしたり、停滞していた空気が動き始めると、気持ちのいい風を感じるようになります。

また時々様子を見にお伺いします。
(の)

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingersエコアパートプロジェクト
オープンガーデン&スタッフブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 風の草刈り図解
    MM (03/18)
  • 風の剪定@神戸市東灘区
    HitomiKuzutani (11/27)
  • 【まち杜の環の活動】街路樹サミット 関西のお知らせと矢野智徳氏コメント書き起こし全文掲載
    栗熊加奈子 (12/13)
  • 【まち杜の環の活動】街路樹サミット 関西のお知らせと矢野智徳氏コメント書き起こし全文掲載
    丹澤 愛継 (12/07)
  • 芦屋市新築植栽と緑化駐車場と水脈整備
    まっこり (06/05)
  • お庭のお手入れで途方にくれている人に
    栗熊 (05/17)
  • お庭のお手入れで途方にくれている人に
    ゆんで (04/30)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    ゆんで (04/22)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    くりくま (04/21)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    ゆんで (04/13)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM