2017年年明けからの活動報告です

あけましておめでとうございます。


遅くなりました。
もう4月ですよね。

新年の挨拶を、今、させていただきます。

2016年は学びと繋がりの年になりました。関係者の皆様、本当にありがとうございました。
大地の再生関西支部も年明けから元気に動き初めています。
先ず、今年最初の大地の再生講座は京都の楽西自然農園から始まりました。

地形から水の集まりやすい土地で、コンクリートのU字側溝の影響で水はけが悪く、グライ土壌が広がっていました。

昨年の11月に大地の再生東海支部の翔太くんと楽西自然農園のメンバーで手作業で再生作業をして、かなりの改善があったようですが、今回はさらにもうひと頑張りして、前回の水脈のメンテナンスと新たな水脈の整備をしました。

お天気も良く、暖かな日でしたが、かなりのヌタ場に皆んな泥んこになりながら今年最初の結作業ができました。
関西支部、東海支部合同でできた結作業、何か今年の再生講座の雰囲気はこんな感じなんだろうなと思うような、そんな結作業でした。

お昼は炊き出しの美味しいカレーと美味しいお味噌汁を皆んなで頂きました。
最高に美味しかったです。

そして翌日、1/7は第2回街路樹サミットin大阪です。

会場の茨城キャンパスには全国から280人程の人が集まり、街路樹や街の緑について基調講演とパネルディスカッションが行われました。

講師には第一回街路樹サミットin東京の発起人である秋田県、福岡造園の福岡徹さんや、大地の再生講座を全国で開催してきた杜の園芸、矢野智徳さん、京都府立大学の農学博士でもある福井亘さんなど、豪華な講師陣に基調講演をしていただき、自然との共生や、今私たちにできることは何か、深く考えさせられるサミットでした。
実行委員の皆さんや発起人のまち杜の環の木下さん、本当にお疲れ様でした。
ありがとうございました。
終了後、懇親会からの大地の再生メンバーで矢野さんを囲んでのまさかのホテルロビーでの新年会、

「楽しかった」との僕の感想に、「そんな事ないやろ!」との矢野さんの指摘。
楽しかったんですけど。

それを言ったら、矢野さん、おこるんですよね。
楽しいわけないでしょ。って


「苦しくて、大変なはずだ!って」
大変でしたが、楽しかったです!
命を守る「業」ですよ。
「命を守る業ですよ」
「それが生業なんです」
それが如何に大変なのかは、「責任」の世紀だからこそ、言われて当然です。
「気付いた人には責任が伴う」
気づいたのなら、責任を持つべきです。

気付いた方は、責任を持って、未来に繋げてください。
それが僕らの「使命」です。

矢野さんからののメッセージ。
「呼吸してる間はまだ間に合う」

皆さん、気付いたのなら、「責任」があります。

「転換期」です。
人間が、進化する時です。

「自然との共生」をして、「生態系」の環の中に、帰りましょう。
「人間」も生態系の中に戻る「時」が来ました。

「人間」なら、「責任」を持って、この世界を「持続可能」な世界にしなければ、生命全体が、絶滅の危機に瀕しています。

「生命は永遠」ですが、「またある」とは思わないでください。
「もう二度とないかもしれません」

地球上で、最初で最期のチャンスです。

2017年、年初のご挨拶です。
thank you !

大地の再生講座@kayagreen


ついにkayagreenにも大地の再生講座がやって来ました。
先日12/10土曜日の事です。
講師で恩師の矢野智徳さんはじめ、杜の園芸スタッフ、大地の再生関西支部のスタッフ、講座参加者の皆さん、ありがとうございました。

講座は先ず焚き火の仕方から始まりました。
直火の焚き火は大地の中の空気をエネルギーにして燃えること、焚き火の周りの風通し処理の仕方や土での火の調整の仕方など、焚き火一つでも空気視点でとらえると、奥が深い!と思いました。
日本家屋に囲炉裏があった意味もわかりました。
囲炉裏で地中の空気を吸い上げて家の中を循環させるシステムだったのですね。

我が家は区画整理で3面貼りコンクリート河川の隣にコンクリート擁壁工事が予定されています。
コンクリート河川の隣を川の底盤まで掘り下げると、河川と同じくらいの量の水がコンコンと湧き出て、河川に水が集まって来ていることがよくわかりました。
本来であればその水は河川に合流して海へと循環していくのですが、現状は水と空気は停滞している状況です。
この状況は都市化された地域ではほぼ同じ状況だと思います。
矢野さんいわく「コンクリート河川で環境は随分傷んでいますが、さらに追い討ちをかけるようにコンクリート擁壁の工事計画で、まさにグライ土壌の真っ只中に家と庭をつくることになる訳です」と。
現在明石市と擁壁周りの水脈整備の打ち合わせをしていますが、前例が無い事と現代土木に抜け落ちている「空気視点」が無い事で、かなり苦労しています。
孤独な戦いのように思えましたが、今回皆さんに現状を見てもらい、地上部の風通し整備をしていただき、皆さんの結作業で気も入れていただき、自分にはたくさんの水脈仲間が居るのだと、あらためて励まされました。

竹林の古葉はらいです。
古葉は同じ木の枝でやると良いそうです。竹の古葉は竹の枝で。

河川の際をスッキリさせて、風も心地よくなりました。

実家の前庭の松やウバメガシなどにも「風の剪定」をしました。
日がとっぷりと暮れるまで作業は続きました。
工事現場真っ只中で、物の整理もままならない状態で、母親の庭に物を放置する癖もあって、「片付け」の仕方も教わりました。
矢野さんに片付けていただくのは大変恐縮だったのですが、その方法も風の目線での片付けでしたので大変勉強になりました。
物は見せて片付ける。大きな木の根元に重いものを置くと大木の成長を抑制できる。カマボコ型に物を置く。地面に直接置かずにゲタをはかせる、または風が通るように置く。「片付け」されど「片付け」風の目線で極めると一流の片付け上手になれそうです。
杜の園芸、新スタッフのしんしんとお馴染みザッキーさん、講座終了後、近くの居酒屋で御飯での一場面、彼女への電話も忘れずに(笑)

次の日は滋賀県の徳昌寺さんで講座でしたが、スタッフはみんな我が家に泊まりました。
みんな思いおもいに温泉行ったり御飯食べたり仕事したりで、バラバラに過ごす(笑)
ここは街中なのでそんなことができるんですね。
矢野さんは近くの有馬温泉と同じ泉質の温泉に行ってしまいました(笑)

皆さん本当にありがとうございました。
工事が落ち着いて家ができましたらまた遊びに来てください。
お礼まで。(の)

風の草刈り図解

手書きでお見苦しいですがすみません。
あとで書き直したり、だれか書き直してくださってもかまいません。
とりあえず、風の草刈りについてお伝えしたく、
あとはみなさん実践!してみてください



どこまで揺れてるか、わからない時は揺する。(逆に、悪天候のときは観察にうってつけ)




笹だけは、ちょっと強剪定のかんじで

2つ上の図③つまり地際で刈るのは刈り過ぎ、
風の仕事ではなく水の仕事になる。
風で揺れているところで刈ると自然をちょっと手助けでき、
それぞれの植物が役割を全うして
つぎの世代、あらたな植物にバトンを渡せる。

刈りすぎたり、抜いてしまうと、彼らの役割を奪うことになる。



経過を楽しんでください。 (か)

シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?

私たちの企画ではないのですが、京都の丹南市園部で
大地の再生人、矢野智徳さんの講座があります。
少し、長いですが、もしご興味がありましたらおつきあいください。
 
大地が変化して行く様子を実際に目でみたり
空気の流れが変わるのを体感できる実践型のワークショップ。
☆こんな方におすすめ☆
◯農業、自然農をされているかた、草刈りに追われない農業を求めている方
→大地の気脈、水脈の整え方、風の草刈りを学んで
より自然と仲良くなれる農業に近づけます。
◯将来里山暮らしが夢の方
→日本の里山、限界集落が抱える問題点も原風景もすべて包括した園部を
矢野さんのマジックと「結い」をテーマにした矢野さんとの共同作業で、
里山の変化を体感し、ご自身の夢と実践に近づけます。
◯建設、土木事業に携わる方(自然のしの字も知らない人はぜひ!)
→建物のメンテナンスに匹敵する建物まわりの土壌環境を整えることで、家の中の湿気や風通しを良好にし、建築物の寿命が延びる知恵を得ることができます。
将来に渡って、環境保全や事業の繁栄を継続させたい方はぜひお時間をつくってご参加ください。
なぜコンクリートで舗装してしまうことが環境破壊につながるか、
そして現代建築、現代土木と共存していく方法も理解できます。
* 追加 矢野さんの手法は都市部での制限された空間にも応用できます!
    都会で自然を身近に暮らしたい方もぜひいらしてください! 
わたしたち夫婦も参加します!
ご一緒できる方お待ちしていますね〜♪
詳細 今回お申し込みは下記にお願いします
●日程と内容
◎4月19(日)、20(月)←一日だけの参加も可能で す。
◎1日目⇒13:00〜18:00
◎2日目⇒9:00〜14:00
◎テーマ⇒土地の水脈・気脈の改善(古民家の周囲及び圃 場)
※両日ともに座学の時間があります。
※2日目は昼食の時間も含まれています。
◎入浴&夕食(1日目)(自由参加)⇒19:00〜21 :00(予定)
車で約10分のるり渓温泉に行きます。日帰りの方も参加 できます。
※ここでの費用は各自でご負担ください。
◎夜の交流会(1日目)⇒21:00頃〜ノッてる人は朝 まで
宿泊者で交流の場を持ちたいと思います。お酒、おつまみ 等の差し入れ大歓迎! (^_^)/

●場所⇒らぽーむ農園&ダーチャ(現地集合です)
京都府南丹市園部町法京11番地
電車・バス等は不便なところですのでお車で乗り合わせる などしてご集合ください。
※参加者の方同士での調整も考えますのでご相談ください

●料金(税込)

【参加費】
 ◎1日のみ参加⇒4000円
 ◎両日参加⇒6000円

【オプション】
 ◎宿泊(2日目朝・昼食つき)⇒2500円
 ◎2日目昼食(らぽーむ特製カレー)⇒800円

●ご持参頂くもの
 ◎のこぎり鎌(お持ちでない方にはお貸しします)
 ◎スコップ(お持ちでない方にはお貸しします)
 ◎レインコート
 ◎長靴または作業できる靴
 ◎筆記具

●注意事項
※1日目の「入浴&夕食」(るり渓温泉)を除き、すべて 予約が必要です。
※迷惑駐車や騒音等で近隣の方にご迷惑をかけないように 行動願います。
(集落内をみだりに歩き回るのもお控えください。)
※宿泊に関しましては施設の本格整備がすんでおらず、布 団のご提供はできません。各自で寝袋をご持参願います。 お一人一枚の毛布は用意させて頂きます。

●お問い合わせ・お申込みは下記まで
ヘルシーショップ らぽーむ 072-749-0550

雨だ、実験日和だ!

今朝、雨だったので、今だ〜と実験

アパートの敷地と道路の境
アスファルトがへこんでいるので
水が溜まりやすく、敷地側に芝生が貼ってあるのですが
車の出入りが多くて今までなかなか根着かずでした

でも、おととい矢野さんが実際に木、土、石をブレンドしながら整備しているのを見て
やってみよう!とさっそく実験です。
芝生の端に移植ゴテをガシガシ差し込む、これだけで空気の通りが改善されるそうです。

端の高低差があるところにちょっと穴を掘り、(やわらかいところは、固いところにぶつかるまで掘ってみる)
石と木の枝をブレンド、高いところに積んで、雨や風が流した様に自然を想像しながら手を動かす


before

ガシガシしたところ
after 写真を同じ大きさでないからわかりづらいが、半分くらいのみずたまりに



before

after こちらは、穴を掘ってブレンド、水が低いほうにゆっくり流れました


いつもは、よけいなことするな、とおっしゃるだんなさま
今日はしずかに見守ってくださいました
ありがとん♡


また実験、改良を繰り返します
めざせ、もふもふの芝生! (か)

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingersエコアパートプロジェクト
オープンガーデン&スタッフブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 風の草刈り図解
    MM (03/18)
  • 風の剪定@神戸市東灘区
    HitomiKuzutani (11/27)
  • 【まち杜の環の活動】街路樹サミット 関西のお知らせと矢野智徳氏コメント書き起こし全文掲載
    栗熊加奈子 (12/13)
  • 【まち杜の環の活動】街路樹サミット 関西のお知らせと矢野智徳氏コメント書き起こし全文掲載
    丹澤 愛継 (12/07)
  • 芦屋市新築植栽と緑化駐車場と水脈整備
    まっこり (06/05)
  • お庭のお手入れで途方にくれている人に
    栗熊 (05/17)
  • お庭のお手入れで途方にくれている人に
    ゆんで (04/30)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    ゆんで (04/22)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    くりくま (04/21)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    ゆんで (04/13)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM