毛虫がいなくなった!

主人の実家の木々。
2年前に駅前事務所&shopの土地を売り払って
kayagreenの事務所もこちらに引越し。

それまで、毛虫だ、なんだと虫が出る度に悲鳴をあげて
シューっとスプレーしていたお母さんに
農薬、消毒、禁止してもらい、剪定もしないようにお願い。
持っていた消毒全部、私たちが勝手に処分 笑

それまで、かちっと刈り込まれていたのを自然系に戻すべく
延ばし中。
秋に地元のお祭りで御神輿がひっかからないように道路側にはみでているのを
切るだけです。

そして、木々は元気よく育ち、いい感じになってきたなと思っていたら
おかあさんにある日「そういえば毛虫が出なくなった!びっくりやわー」
と、言われました。

そうなんです。自然形だと
虫は天敵に見つかりやすくて、大量発生がおこりにくく、自然淘汰されていくんですね。

よく丸く刈ってある木、それほんとに必要でしょうか?
人間目線の美的感覚で刈られた木を観てほっとしますか?

お庭をもたれている方はいちどご自分に問いかけてみるといいかもしれません。
そして、木に聴いてみましょう。
あなたは、どうされたい?どうのびたい? (か)

 
 

高草さんご夫妻との出会い


今日はダーチャサポート(NPO申請中)の高草さんご夫妻と会談させていただきました。

ダーチャって耳慣れない言葉ですよね。
これはロシア文化の一つで、週末や夏期休暇に行く農園付きのセカンドハウスの事らしいです。
国民の75%がこのダーチャ生活をしているとのこと、
このダーチャのおかげでソ連崩壊の危機も餓死者を出さずに乗り切ったとの事。
僕もはじめて知りましたよ。

高草さんご夫妻は野草と食養の若杉友子さん(若杉ばあちゃん)や、パーマカルチャーの臼井健二さんともご交流が深く、奥様も、らぽーむ、というカフェ&キッチンを大阪で経営されていらっしゃいます。
若杉友子さんの著書の監修や自らも、びんぼう神様さま、という著書を執筆していらっしゃいます。

今回の会談はダーチャ村を関西に作りたいのでその応援をしてほしい、というお話しでした。
山林を含む5000坪から10000坪程の敷地に10から20世帯程の住居をつくり、一世帯200坪ほどの自然農法の農地を確保して、ほぼ自給自足のライフスタイルを実現させたい、という計画です。

住居もセルフビルド、材料費で約200万から300万程度で入居希望者が協力して家づくりも自分たちでして行く構想です。

お話しをお伺いしながら、ワクワク感を抑えるのがいっぱいいっぱいでした。
そんな夢みたいな話し、ぜひ実現したいですよね!

ダーチャ村の敷地は居住される方が、居住世帯数で割って負担します。
例えば岡山県の候補地の場合、10000坪で1500万、土地周辺の道路も整備されているらしいです。
1500万を20世帯数で割ると一世帯75万、セルフビルドの住居を合わせて375万で済みます。(まあ諸々の地形整備代や敷地内の花いっぱいの花壇づくりにも費用はかかりますが、その費用に各世帯50万づつかかったとしても425万程の出費で理想のセカンドハウス生活が手に入れられることになりますね。

そんな暮らしをしてみたい方、週末田舎暮らしをしてみたい方にはとりあえずとっつきやすいかな。
ちなみに賃貸契約もOKとの事。

詳細は書き切れませんが、現実的なアプローチもしっかり計画されていました。

後は人脈です、と。
プロジェクトを現実化させる上で関西で現場に行ける造園業者、建築業者、自然農法の農家さん。

実は僕の周りにもたくさんいらっしゃいます。どんどん人脈が増えて行って皆さんそれぞれで独立して活躍されてます。

個人でできることは限られてるのが現状ですが、そろそろそんな個人個人が連携して繋がって個人ではできなかったもっと大きなプロジェクトのために力を結集する時が来てますよね〜!と、

本当そうですね持続可能な社会を実現させるのは政治でも経済でも大企業でもありません、 僕たち庶民、とりわけ女性、お母さんがキイを握ってますよね。と、

とてもとても面白い会談になりました。


どうですか?
僕は面白いです!
皆さんはどうでしょう。

次回はもっとたくさんの方にお話しを聞いていただけるワークショップを開催できればいいなと思います。

そしてプロジェクトが現実化してきたら、もっともっと話しも具体化して行くんだろうな。
とりあえず、なんかとっても楽しいプロジェクトです。
高草さんご夫妻、お会いできて嬉しかったです。
また会談しながら具体化に向けての行動を一緒に起こして行きましょう。
夢は大きいですよ。

何せ最終的には日本全国にダーチャ村をつくる計画ですからね。

大げさに言うなら本当に日本改造計画になりますね。
(の)

お庭づくりはゆっくりと

お家を建てるとき、
メーカーさんによっては外構を一緒に
オススメするようですが

よそのご商売を邪魔するわけではありませんが
kayagreen的お庭づくりは
せめて半年住んでから
理想は1年後!季節がひとまわりしてからです

常識や世間体が気になると
オーガニックガーデンは
つくりずらいですが
1度アプローチや駐車場にコンクリートをうつと、剥がすのも大変だし
暑いですよ、夏

玄関に靴の泥を落とすマットを置いて
ひとまず1年、お家の土を観察してみませんか?
生えてくる雑草でどんなお庭なのかが
分かってきます
はじめの土づくりは
とにかく引き算がいちばんです

住んでみて、浮かんでくる
この窓からあの花が見えたら
この木の木陰がここにあったら
など、楽しい妄想に
うんと時間をかけてください

そんなkayagreen的お庭づくりの
ご相談は木を一本植えるだけでも
お気軽にしていただけます
自分で植えたい時は
苗木のお取り寄せも承っております
植木屋を通してのお取り寄せのメリットは、品定めをしっかりしてお渡し出来ること
さらに植木屋さんが植えると
手間賃が発生しますが
kayagreenは一年間枯れ保証をつけます
夏場の水切れはNGですが
つまり、定期的に様子を見に伺い
問題があれば対処いたします

5月くらいまでは
じーっくりと打ち合わせできます
何度でもOKです、お見積もり無料です
6月ごろからは週末や夜、雨の日しか空いてませんので
プロと一緒に考えたい方
kayagreen的お庭づくりに
ご興味のある方は
ぜひこの季節にお声かけください
お待ちしております (か)


はっきり言う人

先日、まあまあ涼しくなったので
いつもお手入れさせていただいてるお庭の
おばちゃんがシビレを切らしてやってきた
庭にはカッコいい松がある

もう、はよさっぱりして欲しいねん

と、おばちゃん

もうちょっとだけ待ってください

今切ったら、まだまだ日差しが強いので
急に剥き出しになったところが
ヤケドのように重傷の日焼けに
なってしまいます

日差しがもう少し弱くなったら
伺います

と夫

植木屋がそれなりのお値段を
頂戴する理由は
ここにあり

ただ切るだけなら
便利屋でもいい、誰でもいい

誰かに庭のお手入れを頼むとき
こんなことを
はっきり言うか、言わないか
ひとつの基準
儲け主義か
木の事第一に考えるか

判断出来ます

誰がいいか、どこがいいか
分からないとき
いつ切ったらいいか
という質問はオススメです (か)





| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingersエコアパートプロジェクト
オープンガーデン&スタッフブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 風の草刈り図解
    MM (03/18)
  • 風の剪定@神戸市東灘区
    HitomiKuzutani (11/27)
  • 【まち杜の環の活動】街路樹サミット 関西のお知らせと矢野智徳氏コメント書き起こし全文掲載
    栗熊加奈子 (12/13)
  • 【まち杜の環の活動】街路樹サミット 関西のお知らせと矢野智徳氏コメント書き起こし全文掲載
    丹澤 愛継 (12/07)
  • 芦屋市新築植栽と緑化駐車場と水脈整備
    まっこり (06/05)
  • お庭のお手入れで途方にくれている人に
    栗熊 (05/17)
  • お庭のお手入れで途方にくれている人に
    ゆんで (04/30)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    ゆんで (04/22)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    くりくま (04/21)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    ゆんで (04/13)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM