風の剪定@神戸市東灘区


神戸市Yさま邸です。

中に入ると市街地にある、オアシスみたいなお庭です。
ガーデニング好きの奥様が日々、お手入れされています。

門の横の生垣はカシの木です。
ふんわりと枝の折れる所でノコギリを当てて折っていきます。バキッと。
剪定というより、枝折りです。
太めの枝は折って、細い枝はノコガマかカーブソウで削いでいきます。

なぜ折るのかというと、風は枝を折るからです。

確実に風の折る所で折れます。なので、細根が発達しやすい。 カシの枝は折れやすくて、わかりやすいです。
僕が職業として、はじめて木の剪定をさせてもらったのがカシの木でした。
親方に「お前はとりあえず、あのカシをやってみろ」と掃除をひたすら続けた挙句に言われるのです。
カシの木の剪定は植木屋さんの基本ですし、個性が出ますし、人やその働いている植木屋さんのやり方に合わせて、個性を消す事も出来ます。

生垣という使命を仰せつかったカシ。
生きてるだけで役目があります。


門を入った所のカシ。
生垣と表情も役割も違います。でも根っ子が繋がっていて、互いに情報交換や必要な元素の交換をしています。
この庭が心地よいのは、木のネットワークができているからです。根っ子のネットワーク。根っ子が庭全体で絡まり合って、繋がっているんです。
北庭と南庭に分かれてますが、それぞれ北庭と南庭のネットワークがあります。

北庭の紅葉。ただひたすら綺麗。
剪定前。

剪定後。
風になって折る。
紅葉は少し粘っこいので、折れにくい。
風にしなる、という事です。だからカシよりも風に強い。ただカシは根が深いので、屋敷林とかには向くと思います。
紅葉は大好きな木です。
紅葉も綺麗だし、夏の下から見た葉っぱの透け感も綺麗で、僕は夏の紅葉の方が好きです。でも地面に落ちた紅葉も綺麗。
自分の庭に一緒にいてほしい木です。

風の剪定


風の剪定をしてきました。
明石市Tさま邸です。

カシの木の生垣。
こんなに小さな場所に、一生懸命に生きてます。
紫カビ病になり、落ち葉掃除や草抜きをする奥さんに、落ち葉も草もそのままにしてくださいね、と言っても、ずっとこのカシの木達は、落ち葉も無く、草もありませんでした。
今回は、奥さんを気にせず、落ち葉も草もそのままにして引き渡し。

ちゃんと丁寧に説明しましたよ。

のこガマとカーブソウだけで、風になって、カシの木と遊びました。(の)

崖崩れの応急処置


奈良県宇陀市、崖崩れ現場です。

先日の台風で家の裏の崖が崩壊しました。
関西支部に調査依頼があり、都市環境サミット、徳昌寺講座を終えた足で、矢野さんにも同行していただいて、崖崩れの調査と、後日の応急処置に行って来ました。

地形落差約20m、幅15m程の規模で斜面が崩壊していました。
上の斜面変換線にはコンクリートの道が風化で壊れ掛けていました。
柿の木の枯れた根を伝い、水が流れて斜面を崩壊させたようです。

土砂は家屋の軒下の柱を倒し、壁で止まりました。
家屋の柱は無事でした。
あと少し、土砂の量が多ければ家屋も危ないところでした。

上の隣家の敷地や西側の大谷の調査もし、大谷の危険性も確認。40年前に大きな土砂災害に見舞われたとの事で、予想では50〜60年前から盛んに行われてきたコンクリート化、アスファルト化の国策が原因で大谷が崩れ、更にコンクリートと暗渠で対策はしたものの、U字溝の配置の問題や劣化、予想以上の水量とそれに耐えきれないチャチなコンクリート擁壁で、大谷も危険性が高いと判断しました。
放置しておけば、大型の台風や活発な前線などがもたらす大雨で大きな土砂災害になる可能性があります。

崩れた土砂に点穴、溝、炭、枝で応急処置。
水と空気の流れが家屋を回避して、下の地形に誘導する処置をします。

滝のように落ちて来る水を枝と点穴でエネルギーを弱め、左右に分散します。
水脈の基本は「分散」です。
「集約」と「分散」これもまた「2極」です。
崖崩れでは集約しすぎると崩壊します。
いかに分散させるかが今回の土砂崩れのキイになると思います。

12月の始めに2日講座で、矢野さんを招いて、空気の視点での「土砂災害対策講座」です。
これは初めてです。
土砂災害現場はかなり難しいし、土砂災害に初めてメスを入れる講座になります。
「どうする土砂災害!」
「こうする土砂災害!」
的な!

土木業者見積もりの300万の擁壁。
「絶対安心とは言えません」と言われたとか。
300万の擁壁なんて、地形落差20mの崖からしたらオモチャみたいなものです。
更に地形を崩すことになります。
考えてみてくださいよ。
砂か土で山を作って、その上から水をジョウロでかけたら「水筋」ができますよね。
その「水筋」を何かで止めたら、その上やその下の地形は崩れますよね。
砂遊びしたことあったり、土をいじって子供時代を過ごした人にはわかります。
大人は間違っても素直に謝れません。
行政や企業の人ならなおさらです。
良かれと思ってやってるのもわかります。
それが間違ってたら、「良いと思ってやりました」的な、小学生の言い訳では済まない事態になるのです。

奈良県宇陀市、以前豊かに栄えたこの集落は数十世帯で構成され、それぞれの家が自然に地形に馴染み、寺を尾根に配置した日本人のつくった美しい集落です。


九州から参加された女性。
住むところと故郷が崩壊したとの事でした。
なんとかしたい、とこの宇陀市に。
大地の再生には初参加でしたが、「多くの学びがありました」とのことで、九州でも、再生や蘇生が始まれば地震にも災害にも負けない環境がつくれると思います。

「草と土で水を止める」

二本の柿の木。
穴が数カ所。
止めれたか、止めれないか。
それぞれの関わった人間の「想い」の結果です。
「環境」と「意識」は連動してます。(の)

感謝


写真は4月の山梨県、大月ピラミッドセンターからの景色です。

確か、12方位の神様が祀られている場所です。

「私的雑感」というカテゴリーの中で、この記事を書かせていただいています。
なので「私ごと」ではございますが、ご報告させてください。

病が治りました。
正確には、昔患った肺塞栓症による血栓が無くなってた、と検査でわかりました。
34歳の時に肺塞栓症になり、だんだんしんどくなって行くのですが、仕事を休めず、無理をしていたらある日倒れました。
その時は立ってたので、部屋のガラス戸に突っ込んで、そのまま玄関のコンクリート土間に頭から倒れました。
少し気を失っていましたが、気づいて携帯で実家に連絡し、救急車を呼んでもらいました。
それから、次に気づいたら病院のベットの上にいました。倒れてから2週間経っていました。

肺に血栓が詰まり肺機能停止になったのです。
倒れた時は肺の80%が機能していませんでした。
それから徐々に肺と心臓が機能を停止して(循環が止まるので動けない)、 最後の3〜4日は集中治療室で人工心肺装置に繋がれ、生死をさ迷いましたが、期日(人工心肺装置の装着は感染症の恐れがあり、3〜4日が限度)最後の日奇跡的に今まで効かなかった血栓を溶かす薬が効き始め、肺と心臓が勝手に動き始め、一命をとりとめました。
その時に左足にできていた血栓が無くなってた事が、今日の検査でわかりました。
血液サラサラの薬を毎日飲んでましたが、「再発のリスクを覚悟してるのであれば」という事で、自己責任で飲まなくて良くなりました。
お医者さんも「薬を飲みたくない」という僕の意思を尊重してくれました。
いきなり死ぬかもしれませんが、その時はその時です。

「いきなり倒れるかもしれない」とお医者さんから言われた瞬間はドキッとしましたが、すぐに「そんな死に方があるならめっちゃラッキー!」と思いました。
ポックリいけそう(笑)
誰だっていつかは死にます。
だから今が大切。

「大地の再生」に出会えて、矢野さんとお会いして、空気の視点を学び「命を育む」事を「日常化」(僕は自分の命を育むことを日常化しています)していたら病院と薬から自由になれました。
「命」は自分のでも他の「命」でも、育めば、育まれるのだとわかりました。
石油経済が終わったら「血液サラサラ薬」も無くなるし、そうなったら1週間くらいで死ぬかな、と思ってましたが、
大丈夫みたいです。
ありがとうございます。

私ごとですが、皆さんに感謝したくて、書かせていただきます。

ぼくは今、すごく人生が楽しいです。
いろんな事から自由になって行きます。
本来「嫌な事はできません」が、「お金」から自由になれたし、一気に「命も自由」になりました。
実はもっと前からだったのかもしれませんが、矢野さんと空気の視点がそのトリガーになりました。

「確認!」
「願いは叶う」事も実感しました。
願いとは、そう決める事です。
「こうなるぞ」と決めるんです。
そうすると宇宙はそう動き始めるんです。
僕の願いは「病の完治」。叶いました。
決めてたから。

だから、次は
「緩やかで優しい時代の変化」を願います。マジで。方法はあるはずです。あきらめなければ。70億の人間と環境が共存していく「方法」

*化石燃料を使った二酸化炭素の排出をやめる。
*地上資源にきりかえる。
*電気もつくる(僕はいらないけど)。
*寒冷化に備える(食料など)。

気候が変化すれば環境も社会も自分も地域も変化する。
変化しないものはないし、変化に対応することを「進化」という。
*進化する。

明日、奈良県の崖崩れの現場に行って来ます。
ちょっと手直し。
難しい現場になりそうです。

では。(の)

徳昌寺クラウドファンデング


滋賀県の徳昌寺さんのクラウドファンデングが始まりました。
よろしくお願いします。

徳昌寺さんは関西の大地の再生の原点ですし、昔の結作業が残る貴重な現場です。 重機が無かった頃、地域の住民でお寺の敷地の堀や屋敷林、本堂の盛り土、石組み。
それができた日本人はすごいです。 地域の住民、皆んなが建築や庭づくりに関わっていた、誰もが地の利を生かし、地域の木材で建築をしていた。
近江平野は東の伊賀山脈の花崗岩やその他の岩が砕けて扇状地系に堆積した平野です。
そのため、地下には花崗岩などの砂利層が広がっていますが、徳昌寺さんの地下は砂利層ではないかもしれません。
出来た当時は掘りなどで水捌けも良かったと思いますが、アスファルト道路や車による締め固めで 水捌けが悪いです。 冬の剪定講座は、樹木の剪定、風の草刈り、水脈メンテナンスなど、全ての基本的なメンテナンスや空気と水の循環の仕組みが分かります。 この現場は関西の学びの場所です。 よろしくお願いします。

徳昌寺さんの帰り道


徳昌寺さんからの帰り道、京子さんに誘われ、皆んなでお茶!

脳の体液を脊髄に送ってもらうマッサージをしてもらって、テルミーもしてもらってたので身体スッキリでした。

ええとこやね、滋賀県!

さんきゅーさん。


三重県さんきゅーのゆ??
坂道のメンテとミーティング。

この子たちは誰の子ですか?(笑)

さんきゅーです!(の)

第1回「都市環境サミット」@京都


第1回都市環境サミット@京都、無事に終えることができました。
矢野さんはもちろん、地理学者の堀先生など、著名な方々に来ていただき、とても楽しい、興味深い、有意義なサミットになりました。
「大地の再生」もいろいろな方々が参加してくださるようになり、今回の「都市環境サミット」が開催される程になりました。
今回の「都市環境サミット」での「提言」は「都市と里山、都市と自然、都市と人間」などの観点から様々な学びがあり、特に堀先生の「瀬戸内海はかつて大きな河川だった」というのが、僕の中では一番の「興味どころ」でした。
瀬戸内海はとても深い谷だったんだろうなと、推測します。
そこに清流が流れ、自然が息づき、太古の文明もあったかもしれません。

ちょうど、明石海峡は淡路島に挟まれて潮の流れが速くなっています。
河川の時も幅が狭く勢いよく流れて来た水が深く川底を抉りながら、大阪湾のちょっと開けた場所に流れ出たのかと想像します。「明石海峡 点穴説」です。
同じく淡路島の鳴門海峡も「渦潮」で有名です。
「渦流」を発生させる「点穴」が海底の地形にはあるのではないかと推測します。
東経135度ラインに、かつての大きな河川(おそらく日本列島で当時一番大きな河川)の大きな点穴があったとしたら、かつての日本の環境から考えると、「神出神社」の山は相当の尾根地域だったと推測します。
「岩戸」もあるし、ここですね、という感じです。

あ、写真は「ザッキーさんと水脈女子」です!(笑)
なんでこの写真なの?(笑)
って感じですが(笑)



その後の二次会でバーを占拠(笑)
矢野さん曰く「満員電車で、しかも全員が喋ってる状態」だったとか(笑)
矢野さんか楽しそうで、喜んでもらえて、良かったです。



次の日は朝から京都御所の「見立て」に。
詰まってますが、いいところもたくさんありました。
「木のネットワーク」がちゃんと「機能」してて、弱ってる木も、周りの木が支えてる様子でした。
人間がね〜、コンクリートで固めたり、砂利で固めたりしなければ、森ももっと楽なのに。

天皇さまも京都に戻られるとか。
なんだか新しい時代が来る予感がします。
新たな時代が、できればゆっくりと、優しい展開で、あってくれればと、願います。

80人もの人間が、「環境」について、「都市」について、話し合いました。
この物語りは奈良県の崖崩れ現場へと続きます。
依頼、
「崖崩れと大地再生」
多分すごく難しいと思います。
少し水を「集約」し過ぎると、一気に谷が崩れる危険性があります。
九州から来てくれてた女性が災害に遭われて、「復興」のヒントを求め「都市環境サミット」に来てくださいました。
その女性の方も奈良県の崖崩れ現場の矢野さんの「見立て」にも同行できました。
必要な人には大地の再生は必ず伝わる、ということなのでしょう。
皆さんも楽しんでもらえましたか? (の)

京北クラフト出店@あうる京北


京都府が管理する、環境や自然学習など、様々な学びやイベントができる、あうる京北で、年に一度開催されるイベント「京北クラフト」に「大地の再生 関西支部」「一般社団法人 大地の再生講座 結の杜づくり」として出店して来ました。

組み立て式の「やぐら」を貸していただいて、二階建ての出店ブース!
二階では、まりこさんのマッサージも好評でした!

ともちゃんやリリーさん、女性陣がお店の飾り付け、ジャンさんの自給農野菜も並び、めっちゃ可愛いお店になりました。
イベント会場は程よい広さで規模も丁度いい感じで、自然派な人から都会チックな人までいろいろな方々が来てる感じでした。

前回の「大地の再生講座」でビオトープの「入りと出」の「流れの調整」を矢野さんから教わりました。
矢野さんが調整したビオトープは泥が消え、藻が生え、水草も生えてきました。

周辺の草も柔らかい植生が認められます。

この流れには平行してU字側溝が施工されていますが、それでもこのビオトープには命の息づきが再生してきました。

関西支部のホープ、匠くんがユンボで泥をあげてくれました。
「命を育む」重機の使い手です。

今回も、次の日、広島で「大地の再生講座」があり、移動のため、僕は不在でしたが、匠くんと、ともちゃんと、ぜんぜんで2日目のお店番もやってくれました。
「あうる京北ツアー」も4組ほど来てくれて、ずいぶん深い話もできましたし、いろいろな方々とお話しもできて、すごくいい勉強になりました。

ジメジメしていた会場の大地も再生の効果で水がひき、ジメジメが解消されていました。

「水切り」をした大地は表層のグライ化が消え、団粒化も見られました。
また、あうる京北さんからも、年間の草刈りを「関西支部」として受けさせて頂くことが決まり、早速、ジャンさんやたいすけくん達、京北の地域の方々で「風の草刈り」を講座形式でやっていただきました。

皆がやれる事をやる。得意で、楽しい事をやる。
それで「環境」はどんどん「再生」される。
そんな「法人」に「結の杜づくり」がなれればいいのに、と思います。
「楽しい」と「やりがい」が同時に「環境再生」に直結していく、かつてない「法人」。

皆さんのおかげです。

ありがとうございます。(の)

風の草刈り@姫路


「風の草刈り」風が削ぐところで草を刈ると、草は自然の力で削がれたと思い、自らの根を細根に変え、環境に対応できるよう「進化」します。
年に何度か「風の草刈り」をやってると、この場所は強風が定期的に吹く場所なのだと、草が感じ、その環境に対応していくのです。だから草が暴れなくなるのです。

姫路市のこの場所は、海の際の埋め立て地です。
四方をコンクリートで固めて、埋め立てた場所です。
当然詰まってますし、防風林的に植えられた松はかなり痛んでます。
クズの蔦がはびこり、詰まりの表情を見せていました。
去年の夏に一度、風の草刈りに入りましたが、諸事情で1年ぶりにまた風の草刈りに入りました。
去年との変化は、相変わらずクズの蔦が多いですが、アワダチソウが目立つようになってきた事と、ヨモギも多くなってきていること、クローバーの群落もありました。
北側の風通しの悪い場所はヨシ(アシ)が自生しヨシ原のようになっています。
ヨシ原は本来、泥が堆積しやすく、水性生物の格好の住処となり、浄化作用もあります。
天然のヨシ原は分解者のバクテリアが多く生息し、生物濾過の機能を有した、天然の濾過装置だった訳です。
ヨシはまた、葦簀など、生活にも広く利用され、人社会とも深い関わりを持っていました。

この場所は、残念ながらアスファルト道路にU字側溝が施工され、溜り水が腐敗していました。側溝を割りたいくらいです。
そういう場所でもヨシは勢いよく成長して、地下茎を伸ばしています。詰まっているので暴れていますが、このヨシが生息してくれているおかげで、「腐敗」も抑えられ「醗酵」を促進する浄化作用とのせめぎ合いは続いていますが、「腐敗」がそれ以上進まないための役割りを担ってくれています。

「風の草刈り」は草を進化させて、人間と草との共存をしやすくする術です。
環境と戦うのではなく、「共存」する第一歩だとも言えます。
草が「進化」した環境は、そこを管理する人間の意識の進化がもたらされた結果、「共存の環境」が出来上がるのだと思います。
「意識の進化」は「環境の進化」に直接影響して、「共存の環境」を創り出します。
「環境」と「意識」。この今の地球の環境も人間の「意識」が創り出した環境です。
「環境」を変えたければ、自分の「意識」を変える(進化させる)ことです。
自分の「意識」を「進化」させる事ができれば、「環境」は変えられます。
「社会」や人間関係も大きく変えられるきっかけになるかもしれません。「経済」も変えられるかもしれません。
「環境」と「社会」と「経済」は、人間の「意識」次第でいくらでも変化するという事だと言えます。


誰かの意識を変えるのは大変ですが、 「自分の意識を進化させる」事は案外難しい事ではないかもしれません。

この星に住む人間が、皆んなが「意識」を「進化」させることができれば、環境は実はすごく簡単に変えられるのかもしれません。(の)

| 1/23PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
kayagreen home
kayagreenについて
greenfingersエコアパートプロジェクト
オープンガーデン&スタッフブログ
ふうよう huuyou
つちとヒト
links
Facebook & Twitter

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 風の剪定@神戸市東灘区
    HitomiKuzutani (11/27)
  • 【まち杜の環の活動】街路樹サミット 関西のお知らせと矢野智徳氏コメント書き起こし全文掲載
    栗熊加奈子 (12/13)
  • 【まち杜の環の活動】街路樹サミット 関西のお知らせと矢野智徳氏コメント書き起こし全文掲載
    丹澤 愛継 (12/07)
  • 新築植栽と緑化駐車場と水脈整備
    まっこり (06/05)
  • お庭のお手入れで途方にくれている人に
    栗熊 (05/17)
  • お庭のお手入れで途方にくれている人に
    ゆんで (04/30)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    ゆんで (04/22)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    くりくま (04/21)
  • シェア大歓迎です。地球を守る重要なキーパーソンに会ってみませんか?
    ゆんで (04/13)
  • オーガニックガーデンへの移行
    野沢 俊哉 (12/09)

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM